Gノート:患者にきちんと届く!届ける!予防医療プラクティス
書籍を購入する
Gノート 2017年4月号 Vol.4 No.3

患者にきちんと届く!届ける!予防医療プラクティス

  • 岡田唯男/編
  • 定価 2,500円+税
  • 2017年04月発行
  • B5判
  • 174ページ
  • ISBN 978-4-7581-2321-1
  • 販売状況: 在庫あり 
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切とわかっていてもなかなか介入できない予防医療.「検診を勧めていれば」「予防接種歴を確認していれば」「禁煙の話をできていれば」とならないために,どうすれば実践できるか?“How”にこだわり徹底解説!

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2内容見本3内容見本4
PDFダウンロード
特集にあたって(一部抜粋)
1 現場にこだわるということ~Whatを超えてHowへ~

エビデンス・パイプラインの概念にいつどこ出合ったのかは覚えていませんが,現実主義者(pragmatist)である僕の頭にこびりついて離れなくなり,僕のところの研修医には必ず早い時期に教え込む概念です(詳細は別稿「エビデンス-診療ギャップとエビデンス・パイプライン」参照).

羊土社さんからGノートで予防医療の特集号をと依頼をいただいた際に,すぐに考えたことがいくつかあります.

  • 予防医療については何をするべきか(What)は多くの良書やサイトが存在するため1~3),それらの二番煎じである“me too”特集にしない
  • 新しい知見を発見する研究だけが学識かのように捉えられている研究至上主義の学問の場に統合と適用,教育も立派な学識であると一矢報いたい
  • そのために,どうやって現場に落とし込むかにこだわった,何をするべきか(What)ではなくどうやって届けるか(How)についての特集にしたい

ということでした.

本特集は,このことに応えるべく,エビデンス-診療ギャップ(evidence-practice gap:EPG)が生じる理由についてのモデルである,エビデンス・パイプラインを利用して,7つのAの各段階の減衰を減らすための枠組みやアイデアを,

  • 医師の認識レベル
  • 医師-患者のコミュニケーションレベル
  • 患者レベル
  • それらを取り巻くシステムレベル

の大きく4つに分けて提示しました.

多くのエビデンス,ガイドライン,成書に書いてあることは,科学的根拠のある知見のみを,するべきこと(What)として書いてあります.しかし,現場の臨床家は「わかっちゃいるけど,そうは言っても…」となかなか実践に結びつかないのが現実です.

狭い診察室の平和で手一杯な在野の臨床家であるわれわれは新薬を開発したり,大規模な臨床研究をしたりすることは困難です.しかし医師たるもの,皆サイエンティストの端くれ,学問の世界に何らかの貢献をしたいものです.

(中略)

多くの人が大変な労力を割いて作成されたガイドラインや現場の診療レベルまで生き残ってきた質の高いエビデンス.その多くが患者さんにまで届かないことを当然の前提として使い散らかしてよいのでしょうか? どうせなら,丁寧に愛おしみ,患者さんのところまで,確実に届けたく,この特集を担当いたしました.

(後略)

目次

特集

患者にきちんと届く! 届ける!予防医療プラクティス
編集/岡田唯男(鉄蕉会 亀田ファミリークリニック館山)
特集にあたって【岡田唯男】
予防医療・ヘルスメンテナンス総論【宮﨑 景】
予防医療の推奨がどのようにしてつくられるのか?〜USPSTFと科学的根拠に基づくがん検診を例に【笠井祥子,南郷栄秀】
エビデンス-診療ギャップとエビデンス・パイプライン【岡田唯男】
科学的根拠が不十分な場合,やらない方がよいとされる場合の介入はどうするか?〜尿検による腎疾患の二次予防を例に【大西弘高】
医師の行動変容〜患者さんの健康と社会への貢献のために【張 耀明】
ヘルスリテラシーと患者さんの行動変容【阪本直人】
検診未受診者への「テイラード受診勧奨」のすすめ〜ソーシャルマーケティングの手法を用いた乳がん検診の地域介入事例より【下田哲広,石川善樹】
チームと仕組みで取り組む予防医療〜システムレベルでの落とし込み【神保真人】
診察室では実際にどのように予防医療を提供するか?【北村和也】

編集部レポート

日本臨床疫学会 発足記念講演会〜臨床研究で医療を元気にする

連載

Common disease診療のためのガイドライン早わかり
第19回 尿検査異常【山本 信,今井直彦】
聞きたい! 知りたい! 薬の使い分け
第19回 プライマリ・ケアにおける点眼薬の選び方とは?【髙木美昭】
誌上EBM 抄読会 診療に活かせる論文の読み方が身につきます!
第17回 レビー小体型認知症にドネペジルを使うべきか?【大平祐己,南郷栄秀】
小児科医 宮本先生,ちょっと教えてください!教科書には載っていない小児診療の極意,保護者への伝え方
第8回 不登校の子を診るのは苦手です….対応のコツは?【宮本雄策】
なるほど! 使える! 在宅医療のお役立ちワザ
第13回 あなたが傷つけるかも!? スキン-テアから高齢者の皮膚を守る【紺家千津子,真田弘美】
思い出のポートフォリオを紹介します
第17回 臨床研究〜育児休業期間も有効活用したアクションリサーチ〜【大久保彩織,佐藤健太】
広げよう,学びの輪 勉強会へようこそ・番外編

interview

内容見本

編集部レポート

日本臨床疫学会 発足記念講演会〜臨床研究で医療を元気にする

連載

内容見本

Common disease診療のための ガイドライン早わかり

第19回 尿検査異常

【山本 信,今井直彦】

内容見本

聞きたい! 知りたい! 薬の使い分け

第19回 プライマリ・ケアにおける点眼薬の選び方とは?

【髙木美昭】

内容見本

誌上EBM 抄読会 診療に活かせる論文の読み方が身につきます!

第17回 レビー小体型認知症にドネペジルを使うべきか?

【大平祐己,南郷栄秀】

内容見本

小児科医 宮本先生,ちょっと教えてください! 教科書には載っていない小児診療の極意,保護者への伝え方

第8回 不登校の子を診るのは苦手です….対応のコツは?

【宮本雄策】

内容見本

なるほど! 使える! 在宅医療のお役立ちワザ

第13回 あなたが傷つけるかも!? スキン-テアから高齢者の皮膚を守る

【紺家千津子,真田弘美】

内容見本

思い出のポートフォリオを紹介します

第17回 臨床研究~育児休業期間も有効活用したアクションリサーチ~

【大久保彩織,佐藤健太】

内容見本

広げよう,学びの輪 勉強会へようこそ

大阪どまんなか

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758118095
  • 9784758115841
  • 9784758107570
  • 9784758117920
  • 9784758123204

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • M2PLUS eBookStore
  • VarsityWave eBooks
  • Kinoppy
サイドメニュー開く