次号予告

次号2018年2月号(Vol.5 No.1)は2月1日発行予定です.

特集

「先生,薬が飲めません!」と言われたら
〜なぜ,その患者は飲めない/飲まないのか?を考える(仮題)

矢吹 拓/編

“薬を処方する”ことは医師にとって非常にありふれた診療現場の1コマですが,実際にその処方の御作法について詳細を教わることは少なく,多くの医師は「習うより慣れろ」といった形で処方業務に入ることになり,頓用薬処方やDo処方となることが多いのではないでしょうか.
本特集では“処方した薬を飲まない/飲めない”という点に着目.単に服薬アドヒアランスの話題だけでなく,物理的に飲めないことや,その場合の代替方法や飲むための工夫など,薬が処方されてから患者の体に入るまでのさまざまな場面で考慮すべきことを全体的に解説します.

総論1:なぜ薬が飲まれないのか?【矢吹 拓】

総論2:服薬アドヒアランスとは?【青島周一】

各論1:高齢者の飲めない【小林正樹】

各論2:がん患者の飲めない【日下部明彦】

各論3:生活習慣病患者の飲めない【青木達也,橋本忠幸】

各論4:循環器疾患患者の飲めない【芥子文香】

各論5:小児の飲めない【児玉和彦】

各論6:飲めないときの対処法:薬剤経路【木村丈司】

各論7:飲めないときの対処法:多職種連携【今永光彦】

連載

  • どうなる日本!? こうなる医療!!
    • 教えて! 遠隔医療①「遠隔医療入門」【柏木秀行】
  • Common disease診療のための ガイドライン早わかり
    • 第24回「狭心症・心筋梗塞①」【佐々木隆史】
  • 聞きたい!知りたい! 薬の使い分け
    • 第24回「整形外科疾患への薬の使い分け」【斉藤 究】
  • 誌上EBM抄読会 診療に活かせる論文の読み方が身につきます!
    • 第22回「pain followed by vomitingの所見と虫垂炎診断」【林 理生,野口善令】
  • 「伝える力」で変化を起こす ヘルスコミュニケーション
    • 第3回「シェアード・ディシジョンメイキングで治療方法を決定する!」【市川 衛,柴田綾子】
  • なるほど!使える! 在宅医療のお役立ちワザ
    • 第18回「こんなとき肺エコー 〜もはや在宅医療では必須の検査」【上田剛士】
  • 優れた臨床研究は,あなたの診療現場から生まれる
    • 第5回「仲間がいない」【永田拓也,渡邉隆将】
  • 思い出のポートフォリオを紹介します
    • 鳴本敬一郎,ほか

ほか

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

サイドメニュー開く