次号予告

次号2019年12月号(Vol.6 No.8)は12月2日発行予定です.

特集

発達障害(仮題)
〜気になる子どもの関わりかた・見守りかた〜

編集/市河茂樹(安房地域医療センター 小児科)

発達障害と診断される人の数が増加するなか,医療の介入により子どもの生活・長期予後が大きく変わることも示されています.しかし,発達障害を疑っても子どもと家族に声をかけることができない,支援制度にも詳しくない,専門医による診察は数カ月待ち…等の悩みも聞こえます.本特集では,地域医療を担う医師が発達障害の子どもをサポートするために必要な知識・コツを解説.子どもを見守る役割と接し方を学べます.

  • 初期対応と専門医への紹介 ~発達障害を疑ったら何をする?どこまで診る?~【市河茂樹】
  • ADHDとは【門田行史】
  • ASDとは【鈴木雄一】
  • スクリーニングと早期発見【是松聖悟】
  • 非専門医でもできる検査の知識と解釈 ~就学相談を中心に~【湯浅正太】
  • 発達障害の支援制度 ~行政・福祉との連携~【大森 匠】
  • 療育の実際と学校における合理的配慮 ~学校との連携~【中島 展】
  • 発達外来のやりとりを覗いてみよう【市河茂樹】
  • 南房総地域の取り組み【宮本侑達,岡田唯男】
  • 成人の発達障害【原田剛志】

連載

  • 特別掲載 不定愁訴に強くなる! 前編
    • 【松浦武志】
  • 聞きたい! 知りたい! 薬の使い分け
    • 第33回「抗不整脈薬」【尾崎功治,伊藤大樹】
  • 家庭医療×診断推論で挑む!プライマリ・ケアで出会う困難事例
    by千葉大総診カンファレンス
    • 第6回「ウイルス検査をしてほしい(肝炎ウイルス)」【鋪野紀好】
  • 外来で役立つ! ぱぱしょー先生の育児相談室
    • 第3回「お正月に帰省しないといけないのですが,まだ赤ちゃんだから心配です」【加納友環】
  • 誌上EBM抄読会 診療に活かせる論文の読み方が身につきます!
    • 番外編「EBM抄読会から臨床研究への架け橋 ~エビデンスのユーザーから発信者へ」【野口善令】
  • どうなる日本!? こうなる医療! !
    • 「AI,ICTとこれからの医療現場③」【宮田俊男】
  • 思い出のポートフォリオを紹介します
    • 【大沼雄輝,太田 浩】
  • 赤ふん坊やの「拝啓 首長さんに会ってきました☆」
    • 【井階友貴】

ほか

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

サイドメニュー開く

TOP