次号予告

次号2017年10月号(Vol.4 No.7)は10月1日発行予定です.

特集

困難事例よ,ドンと来い
タフな事例で,タフな臨床医に!(仮題)

編集/長 哲太郎,石井大介,鈴木昇平(大阪家庭医療センター)

超高齢社会を迎える現在,さまざまな疾患を抱えたり困難な環境に身をおく方は増えています.一筋縄ではいかない事例(タフな事例)が増えており,それらにどう対応するべきなのか? −総合診療医の力量が問われています.本特集では,タフな事例と関わるために必要な臨床スキルと,事例と関わることがいかに多職種連携を深めることになるかを具体的に取り上げ,困難事例によりよく対応できる“タフな臨床医”となる一助になることをめざします.

  • 困難事例の特徴【吉田秀平】
  • 診療所で出会う困難事例1【平尾悠介】
  • 診療所で出会う困難事例2【朝倉健太郎】
  • 病院で出会う困難事例1【落合甲太】
  • 病院で出会う困難事例2【緑川大介】
  • 困難の解決に向けて:臨床倫理カンファレンスについて【大谷紗代,石井大介】
  • 困難の解決に向けて:社会的資源の活用【井口幸子】
  • 困難の解決に向けて:より大きな視点から【鈴木昇平】
  • 困難の解決に向けて:自分のパフォーマンスを保とう!【長 哲太郎】

連載

  • 新連載 「伝える力」で変化を起こす ヘルスコミュニケーション(仮題)
    • 第1回「患者さんに説明したのに覚えていない,どうする?」【柴田綾子,市川 衛】
  • Common disease診療のための ガイドライン早わかり
    • 第22回「尿失禁」【長尾智子】
  • 聞きたい!知りたい! 薬の使い分け
    • 第22回「鎮咳薬の使い分け 〜咳が止まりません… 薬剤選択のポイントは?」【田中淳一】
  • 誌上EBM抄読会 診療に活かせる論文の読み方が身につきます!
    • 第20回「変形性関節症に対するグルコサミンの効果」【平松絵美子,野口善令】
  • なるほど!使える! 在宅医療のお役立ちワザ
    • 第16回「ICF(国際生活機能分類)を活用する!」【黒木史仁】
  • 優れた臨床研究は,あなたの診療現場から生まれる
    • 第3回「系統的知識がない」【加藤大祐,片岡裕貴】
  • 思い出のポートフォリオを紹介します
    • 【井上陽子,土田知也】
  • インタビュー 総合診療 十人十色
    • 阿部計大 先生

ほか

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

サイドメニュー開く