次号予告

次号2019年10月号(Vol.6 No.7)は10月1日発行予定です.

特集

ベテラン医11人の外来診療ピットフォール回避術(仮題)

編集/板金 広(いたがねファミリークリニック),中西重清(中西内科)

プライマリ・ケア医の実際の診療現場では,ほとんどの医師は「システム1=直観診断」を行い,治療方針を決定していると思われます.しかし,この直観診断はさまざまなバイアスの影響を受けやすく,診断エラーが起こることがあります.ベテランといわれる医師は,これを回避するための術をもっていると考えられ,本特集ではそんなベテラン医の外来術のエッセンスをお伝えします.症例に対する直観診断,ピットフォールに陥らないための作戦,鑑別診断に有用なキーワード等を紹介しながら,外来診療で使えるようシンプルに解説します.

  1. プライマリ・ケア外来での診断は難しい!【宮田靖志】
  2. 見逃しています.意外と多いこのめまい【三野大地,上田剛士】
  3. 腹部以外から考える腹痛,下痢【田村謙太郎】
  4. 多彩な症状に悩んだら? 不定愁訴と診断する前に【中西重清】
  5. 時間を味方につける! くり返す症状はVAPESだ【國松淳和】
  6. うちのおじいちゃん,急に認知症になりました【佐藤眞一】
  7. キーワードで攻める“しびれ”【山中克郎】
  8. 高齢者の関節痛【桜井 隆】
  9. 失神患者のフレームワーク【板金 広】
  10. 本当に尿管結石? 腰痛患者のピットフォール【小野正博】
  11. 臨床診断プロセス向上のために!【矢吹 拓】

連載

  • 外来で役立つ! ぱぱしょー先生の育児相談室
    • 第2回「ワクチンは安全じゃないので子どもに打たせたくないです」【加納友環】
  • 家庭医療×診断推論で挑む!プライマリ・ケアで出会う困難事例
    by千葉大総診カンファレンス
    • 第5回「インフルエンザの予防薬投与希望」【鋪野紀好】
  • 誌上EBM抄読会 診療に活かせる論文の読み方が身につきます!
    • 第31回「番外編:EBM抄読会の具体的な方法」【南郷栄秀】
  • どうなる日本!? こうなる医療! !
    • 「AI,ICTとこれからの医療現場②」【宮田俊男】
  • 思い出のポートフォリオを紹介します【劉 彦伯 ほか】
  • 赤ふん坊やの「拝啓 首長さんに会ってきました☆」【井階友貴】

ほか

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

サイドメニュー開く

TOP