次号予告

次号2017年4月号(Vol.4 No.3)は4月3日発行予定です.

特集

患者にきちんと届く! 届ける!
予防医療プラクティス(仮題)

編集/岡田唯男(亀田ファミリークリニック館山)

疾患のスクリーニングを中心とした予防医療については,相当な医学的根拠の蓄積が進んでいます.特定の集団にどのようなスクリーニングが推奨され、理想的な診療が何かを知ることは簡単な時代となりましたが,エビデンス−診療ギャップが存在し,望ましいとされる予防医療を効果的に患者さんに届けられていないのが現状です.

本特集では「推奨」される予防医療については,どのようにエビデンス−診療ギャップを超えて効果的に患者さんに届けるか,さまざまな方法論を紹介します.そして「推奨されるものの根拠不十分 」なものや,「一般的に行われているものの推奨されない」ものについては,短い診療時間のなかでどのように不確実性を伝えたり,誤解を打ち破るか,患者さんの価値観をふまえつつ診療を行えるよう,枠組みを提示します!

  • ヘルスメインテナンス総論【宮﨑 景】
  • 推奨はどのようにしてつくられるのか? 〜USPSTFと科学的根拠に基づくがん検診を例に【笠井祥子】
  • エビデンスパイプラインとEBP 診療プラクティスギャップ【岡田唯男】
  • 科学的根拠が不十分な場合,またやらない方がよいとされる場合はどうするか?【大西弘高】
  • 医師の行動変容【張 耀明】
  • ヘルスリテラシーと患者さんの行動変容【阪本直人】
  • ソーシャルマーケティングと検診【下田哲広,石川善樹】
  • システムレベルでの落とし込み【神保真人】
  • 診察室では実際にどのようになるのか?【北村和也】

連載

  • Common disease診療のためのガイドライン早わかり
    • 尿検査異常【山本 信,今井直彦】
  • 聞きたい!知りたい! 薬の使い分け
    • 点眼薬の使い分け【髙木美昭】
  • 誌上EBM抄読会 診療に活かせる論文の読み方が身につきます!
    • レビー小体型認知症にドネペジルを使うべきか?【大平祐己,南郷栄秀】
  • 小児科医 宮本先生,ちょっと教えてください! 教科書には載っていない小児診療の極意,保護者への伝え方
    • 不登校【宮本雄策】
  • なるほど!使える! 在宅医療のお役立ちワザ
    • スキンテア【紺家千津子,真田弘美】
  • 思い出のポートフォリオを紹介します
    • 【大久保彩織,佐藤健太】

ほか

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

サイトメニュー開く