実験医学増刊 Vol.26 No.20

樹状細胞による免疫制御と臨床応用

T細胞制御機構の理解から,樹状細胞療法の開発,自己免疫疾患・感染症の病態解明とその治療まで

  • 稲葉カヨ/編
  • 2008年11月25日発行
  • B5判
  • 236ページ
  • ISBN 978-4-7581-0295-7
  • 定価:5,400円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内
PDFダウンロード

※本書の正誤表はこちらをご参照下さい.

樹状細胞療法や粘膜ワクチンなど臨床への応用が注目される“樹状細胞”の最新知見が満載!解明の進む樹状細胞による免疫応答・T細胞制御機構から,癌・自己免疫疾患・感染症の治療戦略まで,幅広くご紹介します.

目次

第1章 樹状細胞の生物学と生理学(分化・サブセット活性化・動態)

1.血液前駆細胞から樹状細胞サブセットへの分化経路

  • 共通樹状細胞前駆細胞の同定戦略
  • Flt3+M-CSFR+細胞の分化能
  • 種々のDC前駆細胞とその起源

2.樹状細胞による抗原提示の制御機構

  • MHC<2による抗原提示
  • MHC52による抗原提示
  • TRIF-GEFH1-RhoB経路によるMHC<2の輸送機構
  • 亜鉛による樹状細胞成熟化機構の制御
  • IL-6による樹状細胞成熟化機構の抑制

3.Notchシグナルと樹状細胞分化

  • Notchシグナルについて
  • 古典的DC(cDC)の分化
  • ランゲルハンス細胞(LC)の分化
  • 炎症性DC(inflammatory DC)の分化
  • 形質細胞様DC(pDC)の分化
  • 制御性DC(regulatory DC)の分化

4.樹状細胞の遊走を制御するCDMファミリー分子DOCK2

  • DOCK2とは
  • 樹状細胞の局在とホーミングにおけるDOCK2の役割
  • 樹状細胞の運動能におけるDOCK2の役割

5.核酸系免疫アジュバントによる樹状細胞活性化機構とその病理的意義

  • TLR7,TLR9により核酸を認識する形質細胞様樹状細胞とその機能
  • TLR3を発現する樹状細胞サブセットとその機能
  • TLR7,9の自己免疫ポテンシャル

6.樹状細胞に発現するC型レクチンの機能とシグナル伝達

  • TLR7,TLR9により核酸を認識する形質細胞様樹状細胞とその機能
  • TLR3を発現する樹状細胞サブセットとその機能
  • TLR7,9の自己免疫ポテンシャル

第2章 樹状細胞を介する免疫応答制御

1.制御性T細胞と樹状細胞のクロストーク

  • DCに発現する多様なレクチンと糖鎖認識機構
  • レクチンを介する糖複合体の捕捉とシグナル伝達
  • 感染におけるDC-SIGNの役割とシグナル伝達
  • Dectin-1のシグナル伝達機構

2.樹状細胞上の共刺激分子制御による免疫応答制御

  • 樹状細胞に発現する共刺激分子とその発現制御
  • 樹状細胞上の共刺激分子標的による免疫応答制御

3.制御性樹状細胞を介する免疫応答制御

  • ヒト制御性樹状細胞による免疫応答制御
  • マウス制御性樹状細胞による免疫応答制御
  • 制御性樹状細胞によるT細胞機能制御の作用機序

4.神経ペプチドCGRPによる樹状細胞機能制御

  • CGRPとCGRP受容体
  • RAMP1欠損マウスの表現型解析
  • CGRPによる樹状細胞機能の制御
  • 樹状細胞におけるCGRP受容体を介したシグナル伝達

5.免疫寛容の誘導における樹状細胞の作用

  • 免疫寛容と樹状細胞
  • 免疫寛容誘導のメカニズム

6.樹状細胞サブセットによるOX40リガンドおよびICOSリガンドを介する向炎症・抗炎症免疫応答の制御

  • 樹状細胞サブセット
  • OX40リガンド:向炎症応答誘導因子としての役割
  • ICOSリガンド:抗炎症応答誘導因子としての役割
  • OX40リガンドとICOSリガンドによる調節機構

7.消化管粘膜での免疫応答における樹状細胞の役割─小腸粘膜樹状細胞によるIgAクラススイッチ制御

  • 消化管における分泌型IgA生産機構
  • IgAクラススイッチ誘導機構
  • IgA生産誘導における小腸粘膜樹状細胞の役割
  • 腸内常在菌による小腸粘膜樹状細胞の機能修飾

第3章 臓器特異的な樹状細胞の機能

1. 肝樹状細胞のサブセットとトラフィッキング

  • 定常状態での肝DCの局在とトラフィッキング
  • 感染・炎症時の肝DCのトラフィッキング
  • 移植免疫におけるDCトラフィッキング
  • 移植肝拒絶におけるDCトラフィッキング
  • 肝移植と免疫寛容

2. 皮膚の樹状細胞サブセットと機能

  • 皮膚の樹状細胞サブセット
  • 皮膚樹状細胞の遊走と局在
  • 皮膚樹状細胞の免疫応答制御における役割
  • 皮膚における樹状細胞の免疫抑制細胞としての役割

3.腸管粘膜固有層のユニークな樹状細胞によるTh17細胞の誘導

  • 腸管に存在する樹状細胞
  • 樹状細胞によるTh17細胞の誘導

4. 生殖器における樹状細胞サブセットと機能

  • 妊娠における樹状細胞サブセット
  • 母児免疫寛容におけるTh1/Th2-3パラダイム
  • 樹状細胞による胎児組織の認識,抗原提示
  • 母児免疫寛容におけるNK細胞と樹状細胞のクロストーク
  • 母児免疫寛容における制御性T細胞とのクロストーク
  • 母児免疫寛容におけるindoleamine 2,3-dioxygenase(IDO)

5. 脳の樹状細胞・マクロファージの起源と機能

  • 脳内のマクロファージとミクログリア
  • 脳内のDC

第4章 感染における樹状細胞の作用

1. リーシュマニア原虫と樹状細胞

  • 感染抵抗性とTh1応答
  • 感染感受性とTh2応答
  • 免疫記憶,制御性T細胞とDC
  • リーシュマニア感染とDCサブセット

2. HIV:ヒト免疫不全ウイルス感染と樹状細胞

  • HIV母乳感染にかかわる樹状細胞
  • HIV感染標的としての樹状細胞
  • HIV感染樹状細胞の制御を担う細胞群

3.単純ヘルペスウイルス感染と樹状細胞機能

  • HSV感染症と免疫応答
  • HSV初回感染時におけるDCの挙動と抗原提示のメカニズム
  • DCによるHSVの認識と自然免疫応答

4. HBV:B型肝炎ウイルス感染と樹状細胞機能

  • HBVに対する生体の免疫応答
  • HBV感染における樹状細胞の機能異常
  • 慢性B型肝炎に対する樹状細胞ワクチン療法

第5章 自己免疫疾患と樹状細胞

1. 自己免疫疾患におけるDcirの役割

  • C型レクチンと関節炎
  • Dcirによる自己免疫疾患の制御と樹状細胞

2. 自己免疫疾患にかかわるcathepsin Kの新たな役割

  • 破骨細胞におけるcathepsin Kの働き
  • 関節リウマチモデルにおけるcathepsin K阻害剤NC-2300の効果
  • 樹状細胞におけるcathepsin Kの役割
  • cathepsin KはDCにおけるTLR9シグナルにかかわる
  • cathepsin KによるTLR9シグナルの制御メカニズム
  • cathepsin KはTh17細胞を誘導し自己免疫性炎症に関与する

3.SLE:全身性エリテマトーデスにおける樹状細胞機能異常と病因的役割

  • SLEの歴史的解釈と免疫異常の発見
  • SLEにおけるインターフェロン-αの重要性
  • 自己抗原の供給源としてのアポトーシス細胞の重要性
  • 免疫複合体とpDC
  • DC機能に影響するその他の因子
  • TLRとB細胞

第6章 臨床応用に向けた樹状細胞の利用

1. NKT細胞と樹状細胞のクロストークを利用した免疫療法の新展開

  • Vα14iNKT細胞のサブセット
  • 抗原提示細胞とiNKT細胞の活性化
  • 糖脂質をiNKT細胞に提示する抗原提示細胞の特性
  • 危険シグナルによるDCの成熟化によるクロスプライミングと獲得免疫の誘導
  • 糖脂質を提示させた腫瘍細胞による自然免疫および獲得免疫誘導
  • α-GalCerを提示した腫瘍を用いた免疫療法による獲得免疫応答
  • 細胞アジュバントとしてのiNKT細胞の活性化と獲得免疫応答
  • タンパク質抗原と糖脂質の両者をダブルクロスプレゼンテーションするDC

2. 樹状細胞制御によるがん免疫療法

  • がん免疫療法の臨床試験解析結果が示唆する課題
  • 生体内樹状細胞の制御による効果的な免疫療法の可能性
  • 培養樹状細胞を用いたがん免疫療法

3.免疫療法への応用を目指したES細胞からの樹状細胞の作製

  • ES細胞からの樹状細胞の作製
  • 遺伝的改変を行ったES細胞由来の樹状細胞による抗腫瘍免疫の誘導
  • 遺伝子改変ES-DCを用いた免疫応答の抑制的制御
  • ヒトES細胞からのES-DCの作製

4. 粘膜感染症に対する予防ワクチンの現状

  • M細胞と樹状細胞による抗原取り込みネットワーク
  • M細胞と粘膜系樹状細胞の利用を視野にいれた今後のワクチン開発戦略

5. 悪性脳腫瘍に対する樹状細胞療法

  • 脳における免疫療法
  • 悪性脳腫瘍の腫瘍関連抗原
  • 悪性脳腫瘍を対象としたDC療法の実際
  • 悪性脳腫瘍におけるDC療法の現状と今後の展望

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学増刊:樹状細胞による免疫制御と臨床応用〜T細胞制御機構の理解から,樹状細胞療法の開発,自己免疫疾患・感染症の病態解明とその治療まで
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +432円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +960円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1230円
第2地帯(ヨーロッパ) +1230円
第3地帯(アフリカ、南米) +1610円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2360円
第2地帯(ヨーロッパ) +2600円
第3地帯(アフリカ、南米) +3080円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758103794
  • 9784758122054
  • 9784758125185
  • 9784758103770
  • 9784758118460
  • 9784758120913
  • 9784758125161

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker