実験医学INFORMATION

  • 新着情報
  • 人材募集
  • 大学院生
  • セミナーなど
  • キャンペーンなど

  

広島大学・医・分子細胞情報学(生化学)


特任助教またはポスドク研究員募集

当研究室では,小胞体などのオルガネラの機能調節に関わる分子を中心に,主に生化学・分子生物学・細胞生物学・形態学的手法を駆使して,その生理機能や疾患との関連性 (神経系,骨格系,代謝系など) を解明し,小胞体ストレス研究では世界に誇れる研究成果を数多く輩出してきました (Nature Cell Biology 3報;Molecular Cell 1報; Nature Communications 1報など:2005年より).これまでの成果を基盤にしてオルガネラから発信されるシグナルが如何に生体の機能調節に関わるか,またその破綻がどのような機構で病態形成に関わるのかを解き明かすことが現在の課題です.

【研究内容】
新規のユビキチンリガーゼの生理機能に関して,ゲノム編集の技術を利用して細胞から個体まで解析する研究テーマを準備しています.
【応募資格】
①博士学位を有する者 ②生化学的・分子生物学的・細胞生物学的な実験の経験者 ③マウスの取り扱い経験者が望ましい  

【勤務地】
広島大学大学院医歯薬保健学研究科 (医) 分子細胞情報学 広島市南区霞1-2-3  

【待 遇】
月給制 (おおよそ年収430万円) 広島大学の規定による.  

【雇用期間】
着任~2018年3月31日 (土) まで (勤務実績により年度更新.最長で2022年3月31日 (木) まで.)

【応募方法】
①履歴書 (写真貼付) ②研究業績目録 ③主な原著論文の別刷 (コピー可) ④照会可能な研究者2名/所属/連絡先 ※封筒の表面に 「特任助教又は研究員応募書類在中」 と朱書きの上,郵送.E-メール応募も可.
【募集期間】
適任者が決定次第終了

【書類送付先】
〒734-8553 広島市南区霞1-2-3 広島大学大学院医歯薬保健学研究科 分子細胞情報学 今泉和則 (応募書類は返却いたしません)
【問合先】
担当:金子 雅幸 E-mail:
  • 実験医学2017年9月号
  • 掲載