実験医学INFORMATION

  • 新着情報
  • 人材募集
  • 大学院生
  • セミナーなど
  • キャンペーンなど

  

主催:株式会社同仁化学研究所 第29回フォーラム・イン・ドージン

細胞と個体の老化生物学 -科学は不老長寿に迫れるか-

日本人の高齢化率は世界で類を見ないほどの速さで増加しており,高齢化に伴い,認知症,生活習慣病,緑内障などの加齢関連疾患が増加し,健康寿命の低下を招いております.健康長寿の延伸のためには,老化とは何か?人類は老化を制御できるのか?という本質的な問いに答える必要があり,科学の力で老化メカニズムを解明し,老化の制御を目指すことが重要となります.今回のフォーラムでは,老化研究の第一人者であられる先生方をお招きし,細胞老化から個体老化まで,様々な切り口で老化研究の最新の話題についてご講演いただきます.


【日時・場所】
2018年11月22日 (木)9:30開会 (9:00開場) 熊本ホテルキャッスル (熊本市中央区城東町4-2)  

【プログラム】
① 鍋島 陽一 (公益財団法人先端医療産業都市推進機構 先端医療研究センター研究所)「クロトー研究の最近の進展」 ② 中西 真 (東京大学医科学研究所 癌・細胞増殖部門 癌防御シグナル分野)「老化細胞特有の代謝特性と形質維持」 ③ 中尾 光善 (熊本大学発生医学研究所 細胞医学分野)「エピゲノム因子による細胞老化と病態の分子基盤」 ④ 田原 栄俊 (広島大学大学院医歯薬保健学研究科 薬学講座)「テロメア・マイクロRNAによる細胞と個体の老化制御と健康長寿への挑戦」 ⑤ 大谷 直子 (大阪市立大学大学院 医学研究科 分子生体医学講座 病態生理学)「細胞老化とSASP:その誘導機構と生体における役割」 ⑥ 下川 功 (長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 病理学分野)「カロリー制限による老化制御機構」 ⑦ 三浦 恭子 (熊本大学大学院 生命科学研究部 老化・健康長寿学分野/大学院先導機構)「最長寿齧歯類ハダカデバネズミにおける老化耐性・がん化耐性機構の探求」  
【参加費】
無料  

【申込方法】
上記URLより弊社HPにアクセスし,ご登録ください.  
【問合先】
〒861-2202 熊本県上益城郡益城町田原2025-5 (株) 同仁化学研究所内「フォーラム・イン・ドージン事務局」(担当:江口) TEL:0120-489548,FAX:0120-021557,E-mail:
  • 実験医学2018年10月号掲載