実験医学INFORMATION

  

基礎生物学研究所ゲノムインフォマティクス・トレーニングコース(GITC)

ゲノムインフォマティクス・トレーニングコース 2022 夏

【コース概要】
バイオインフォマティクスを専門としない生物学研究者を対象に,次世代シーケンシング(NGS)技術を使ったトランスクリプトーム解析(RNA-seq)をどのように実験デザインし,どのように膨大な遺伝子発現データから生物学的な情報を抽出するのか,その基礎的技術と考え方を身に付けることを目的としたコースです.本コースは2日間の日程で開催されます.RNA-seq入門では,RNA-seqによる発現変動解析の原理を理解した上で,実践的なデータ解析パイプラインを習得します.
【日程と実習内容】
日程:2022年8月31日(水)10:00〜18:30,9月1日(木)09:00〜18:30
内容:NGS基本データフォーマット復習,NGS 基本ツール,RNA-seq 基礎,多変量解析,機能アノテーションとGO解析
【オーガナイザー】
重信秀治(基礎生物学研究所・教授),内山郁夫(基礎生物学研究所・准教授)
【講師】
佐藤昌直(北海道大学・助教),山口勝司,西出浩世,中村貴宣,杉浦宏樹(以上,基礎生物学研究所・技術職員)
【場所】
オンライン開催
【受講料】
無料
【受講対象者】
本トレーニングコースの受講対象者は,大学もしくは学術機関に所属する研究者,職員および学生といたします.
また,NGS解析入門を過去に受講したことがあるか,NGS解析入門修了相当のUNIX・Rのスキルをすでに習得していることを条件とします.
【申し込み方法】
申し込み方法についてはホームページをご確認ください. https://www.nibb.ac.jp/gitc/2022-1st/
申込開始:2022年7月11日(月),申込締切:2022年7月31日(日)
  • 実験医学2022年8月号
  • 掲載