p53温度感受性変異

p53の138番目のアラニンをバリンに置換することで,温度シフトによる活性化調節が可能となる変異.非許容温度(37℃)では不活性化,許容温度(32℃)では活性化の状態となる.

参考書籍

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオキーワード集:索引


A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        
数字 その他