実験医学月刊 連載一覧

News & Hot Paper DIGEST

連載一覧 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001

粘膜ワクチンのアジュバント
柏木 哲
史上最長の実験は続くよどこまでも
田口英樹
「科学の民主化」大作戦! その2
橋本裕子

生細胞1個の質量変化を測る
若本祐一
システムズ薬理学を用いた次世代創薬
西村有平/田中利男
交感神経主導によるリンパ球ホーミングの概日リズム
向山洋介
インフラマソームを制御するリン酸化酵素
肥田重明
NLRファミリーの変わり者は,自然免疫より獲得免疫に大事?
熊ノ郷 淳
米国のHIV/AIDS蔓延阻止に向けた取り組み
MSA Partners

アストロサイト由来のglypicansと中枢神経ネットワークの構築
神崎 展
食道上皮幹細胞:温故知新で解き明かす「眠らぬ森の美女」
妹尾 誠
インフルエンザウイルスの未知ORFの発見
富井健太郎
古代人類ゲノム塩基配列決定ラッシュ
現代人の免疫機構に影響を与えた過去の混血
太田博樹
医薬品特許の存続期間延長に関する動き
阿部誠二/早乙女周子

上皮細胞シートを折りたたむメカニズム
細胞極性を変化させて折り目を入れる
倉永英里奈
食生活の違いによる腸内細菌叢の変化と病気の関係
養王田正文
幹細胞への骨欠損部位へのターゲティング能の付与と骨再生
田畑泰彦
バイオイメージ・インフォマティクス
バイオインフォマティクスの新しい分野
八尾 徹
製薬企業による臨床試験データの隠匿・操作が相次いで発覚
MSA Partners

解明されはじめたIL-1αの産生メカニズム
貞富大地/武田弘資
小分子非コードpiRNAとDNAメチル化が長期記憶を誘導する
黒川理樹
精神疾患研究における下等モデル生物の利用
神谷 篤
ナノメディシン:ナノ粒子の臨床応用に向けて
亀井謙一郎
心血管治療には血管カテーテル処置とバイパス手術のどちらが有効か
川上浩司

ChIP-exo法を用いた転写開始前複合体のゲノムワイドな超高解像度マッピング
古久保哲朗
mTORC1はどうやってアミノ酸を味わうのか?
ロイシンセンサーLRSの発見
佐々木敦朗
「体調」によって嗜好を変える
線虫の生存戦略
中川真一
学術集会における研究者と患者の交流
4th AIM 2012に参加して
平井宏和
ブランド薬のライフサイクルを大きく左右するパテント侵害訴訟
MSA Partners

Mnが制御するシガ毒素の細胞内輸送経路
田口友彦
マラリア原虫が赤血球の扉を開けるための“鍵穴”
齊木選射/嘉糠洋陸
レーザー光にがんワクチン増強効果
柏木 哲
「プリオン=病気」からの脱却
田口英樹
「科学の民主化」大作戦!
橋本裕子

抗生物質に対する耐性菌進化の予測は可能か?
若本祐一
ダイオキシン受容体の新たな展開
熊ノ郷 淳
がん抑制因子(tumor suppressor)としてのSWI/SNF 複合体
加藤宏幸
がん血管新生を選択的に阻害する分子標的の発見!
向山洋介
米国へルスケアシステムのあり方が引き起こした2つの問題
MSA Partners

細胞移動を支配するメカノセンシングのしくみ
神崎 展
タンパク質をそのまま解析できるトップダウンプロテオミクス
富井健太郎
幹細胞の概日リズム:いつまでも若く健康であるための処方箋
妹尾 誠
汎用ヒト型ベンチワークロボットが拓くサイエンスの未来
夏目 徹
米国特許法改正-先発明主義から先願主義へ!?
阿部誠二/早乙女周子

次世代DNAシークエンサーの品定め
養王田正文
体内コミュニケーションを利用したがんターゲティングナノ粒子のデザイン
田畑泰彦
がんのシステムバイオロジー
八尾 徹
ペンシルバニア大学Biomedical Postdoctoral Programsでのトレーニング
井尻貴之
FDA,インターネット上でのオフラベル情報提供について方針を発表
MSA Partners

非コードRNAとポリコームメチル化が核局在を決め遺伝子を制御する
黒川理樹
内膜でも働いていたBcl-xL
ミトコンドリアの膜電位を安定させる新機能
武田弘資
精神疾患研究における細胞移植の有用性
神谷 篤
米国におけるワクチン政策と費用対効果
川上浩司
福島第一原発事故への取り組み
国民として,科学者として
秋光信佳

神経変性疾患でなぜ神経細胞が死ぬのか?
平井宏和
長鎖ノンコーディングRNAの“作業現場”のとらえ方
中川真一
DNA 修復タンパク質XPC 複合体によるES 細胞の自己複製能・分化全能性の維持
古久保哲朗
第23回高遠シンポジウムに参加して
古澤純一
オバマ大統領,処方せん医薬品の供給不足解消をめざす大統領令を発令
MSA Partners