人工呼吸管理・NPPVの基本、ばっちり教えます:特集にあたって

  1. ① 酸素は薬であると認識しよう(少なすぎても多すぎても有害)
  2. ② 酸素療法を行っている間は,必ずSpO2モニタを装着して目標値を設定しよう
  3. ③ 今投与している酸素が本当に必要なのか,くり返し評価しよう

はじめに

酸素療法はあらゆる科で行われている治療であり,ローテート先や将来の進路とは関係なく精通しておかなければならない治療の1つです.酸素療法の開始のタイミングや方法はもちろんのこと,減量のタイミングや,いつまで続けるべきかといった止めどきを理解することも重要です.

本記事をご覧いただくためには「羊土社HP会員(無料)」のご登録が必要です.
サイドメニュー開く

TOP