人工呼吸管理・NPPVの基本、ばっちり教えます:人工呼吸器の初期設定

  1. ① 人工呼吸器設定においては「これ以上肺を悪くしないための設定」を心がける
  2. ② 人工呼吸器設定は酸素化と換気に分けて考えるとわかりやすい
  3. ③ 3つの基本モード(A/C-VCV,A/C-PCV,CPAP+PS)について理解すれば臨床的には十分である

はじめに

人工呼吸器を用いる目的は酸素化の改善,換気の改善,呼吸仕事量の軽減です.まずは人工呼吸器が肺の状態を直接的に改善するための道具ではなく,肺や全身状態がよくなるまで前述の機能をサポートするための道具であることを認識しましょう.一方,人工呼吸管理が肺をさらに傷つける可能性もあるので,「これ以上肺を悪くしないための設定」を常に心がけることが肝要です.

また初期設定を行う前に,症例ごとに人工呼吸管理となった適応と,背景疾患について,十分に理解しておくことも重要です.設定を決めるときのコツは,基本的なモードを理解することと,酸素化と換気に分けて考えてプランニングすることです.

本記事をご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.
サイドメニュー開く

TOP