人工呼吸管理・NPPVの基本、ばっちり教えます:腹臥位療法を理解し,できるようになろう!

  1. ① 腹臥位療法は,臨床的意義が確認されている治療法である
  2. ② 腹臥位療法には,荷重側虚脱領域のリクルートメント効果,VILI防止効果,右心負荷軽減効果がある
  3. ③ 腹臥位療法を施行する際には多くのチェックポイントがある

はじめに

腹臥位療法とは,急性呼吸不全に対する治療法の1つで,うつ伏せの状態で人工呼吸を行うことです.臨床的意義が確認されており,近年注目を集めています.本稿では,腹臥位療法の歴史や生理学的効果,適応・禁忌などを解説し,安全に実践するために重要なポイントをお伝えします.…

本記事をご覧いただくためには「羊土社HP会員(無料)」のご登録が必要です.
サイドメニュー開く

TOP