Smart Lab Life

〜あなたの研究生活をちょっとハッピーに〜

大学院を卒業してそのまま同じ研究室でポスドクになった1年目の秋.ボスから「科研費の申請書を書きなさい」と言われました.それまで,研究費は「先生」といわれる人がとってきてくれるもんだと思っていた私は,少々戸惑いながら自分なりに書いてみました.日ごろ,書き物の添削はほとんどしてくれないボスでしたが,このときは真っ赤っかになって返ってきました.

それからしばらくして「ポスドクの契約は1年だから次,どっか探してね」と突然言われました.それまで,次どこに行くとかは「先生」といわれる人が探してくれると思っていた私は,少々戸惑いながら自分なりに何カ所か面接を受け,3月の春休みに引っ越しました.

全く知らない土地で,新しいボスと全く知らない人たちに囲まれ不安でいっぱいの4月初旬,科研費採択のお知らせをいただきました.研究費は自分がとらなくても部屋のボスがいっぱいとってくれるから落ちても大丈夫だと安易に考えていましたが,今にして思うとなんとありがたかったことか.やっぱり自分の研究費があるのとないのとでは,気持ちの余裕が全然違いました.自分の欲しい試薬を買うとき,行きたい学会があったとき,ボスにお伺いを立てるのはちょっとストレスでしたが,研究費をもっていると比較的気楽にお願いすることができ,当時,とても嬉しかったことを記憶しています.これは前のボスからのプレゼントだったんだろうなあと思いました.

5年間,その研究室に所属しましたが,ボスに「いつ異動してもいいように自分の科研費で異動先で必要な物を買っておけよ」とよく言われました.自分が次行く先には「先生」といわれる人がすでに機械をいっぱいそろえてくれていると思っていた私は,少々戸惑いながらも遠心機は自分専用のがあったら便利だから買っておこう,という感覚で何点か備品を購入しました.

そして今,特任助教という身分ながらテニュアトラック制度というなかで独立して研究しています.学生さんや補助員さんに「先生」と言われ少々戸惑いながらも,移管手続きをしてもってきた科研費で買った備品に囲まれながらなんとか生きています.これもまた前のボスからのプレゼントだったんだなあと思いながら.

※本コーナーは『科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版』(2017年8月発行)から抜粋したものです.記載内容は発行時点における最新の情報に基づき,正確を期するよう,最善の努力を払っております.しかし,本記事をご覧になる時点において記載内容が予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください.