実験医学別冊 実験ハンドブックシリーズ:分子間相互作用解析ハンドブック〜タンパク質とタンパク質・核酸・糖・脂質・低分子間のネットワーク解析
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2
実験医学別冊 実験ハンドブックシリーズ

分子間相互作用解析ハンドブック

タンパク質とタンパク質・核酸・糖・脂質・低分子間のネットワーク解析

  • 礒辺俊明,中山敬一,伊藤隆司/編
  • 2007年09月28日発行
  • B5判
  • 287ページ
  • ISBN 978-4-7581-0170-7
  • 定価:6,900円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する

タンパク研究や創薬などの生命科学研究で注目されている相互作用解析法を完全網羅!プロテオミクスや細胞工学・遺伝子工学技術から,生化学や物理化学,計算機科学からのアプローチまで,幅広い手法を紹介!

目次
【礒辺俊明 中山敬一 伊藤隆司】

第1章 タンパク質−タンパク質相互作用解析法

I)リバース・プロテオミクスによる解析法

1.ファージディスプレイ法【松原輝彦 佐藤智典】
2.酵母2ハイブリッド法の応用と1ハイブリッド法【山口佳洋 太田一寿 伊藤隆司】
3.哺乳類細胞ツーハイブリッド法【甲斐誓利 鈴木治和】
4.ファーウエスタン法【兼松 隆 藤井 誠 平田雅人】

II)プロテオミクスによる解析法

1.免疫沈降による内在性複合体の解析法【泉川桂一】
2.アフィニティークロマトグラフィー法 【高橋信弘 藤山沙理 千葉一裕】
3.エピトープタグ発現法 〜質量分析のためのサンプル調製法〜【家村俊一郎】
4.タンデムアフィニティータグ 発現精製法(TAP法)【垣内一恵 田岡万悟 市村 徹 礒辺俊明】
5.リバースタグ法/ダブルタグ法【早野俊哉】
6.化学的修飾法を利用したタンパク質相互作用解析法【中村立二 小田吉哉】

III)分子イメージングによる解析法

1.2分子FRETによる解析法 【中村岳史 松田道行】
2.FCSによる解析法【三國新太郎 金城政孝】
3.FCCSによるタンパク質相互作用解析【三國新太郎 小暮貴子 宮脇敦史 金城政孝】
4.1分子イメージングによる解析法【佐甲靖志】

IV)分光学的な解析法

1.SPRセンサーを用いたタンパク質相互作用の新規カイネティクス解析〜single cycle kinetics〜【橋本せつ子 森本香織】
2.NMRによる解析法【神田大輔】

V)情報処理技術を利用した解析法

1.KeyMolnetによる 分子ネットワーク解析【佐藤陽美 】
2.知識ベースを利用した分子間相互作用解析 〜IPAの利用法〜【二階堂 愛】
3.計算による相互作用の予測【佐藤哲也 金久 實 藤 博幸】
4.ドッキング計算によるタンパク質−タンパク質相互作用予測【広川貴次】

VI)その他の解析法

1.水晶発振子マイクロバランス法【古澤宏幸 岡畑惠雄】
2.等温滴定型熱量計を用いた分子間相互作用測定【宇於崎麻衣子 城所俊一】
3.超遠心分析によるタンパク質間相互作用の解析【有坂文雄】

第2章 タンパク質−核酸相互作用解析法

1.South-Western法【田中 卓 正井久雄】
2.UVクロスリンキング法【You Zhiying 正井久雄】
3.EMSA(Electrophoretic Mobility Shift Assay) 〜ゲルシフトアッセイ〜【石田尚臣】
4.DNaseフットプリンティング法【上田 均】
5.メチル化干渉法【上田 均】
6.クロマチン免疫沈降法(ChIP)【束田裕一】
7.ChIP-on-chip法【高橋康彦】
8.レポーターアッセイ【河合香代子 須藤龍彦】
9.酵母を用いたRNA/タンパク質スリーハイブリッドアッセイ法【高木正稔】
10.SPRを用いたタンパク質−核酸相互作用解析法【遠藤 慧 中村義一】
11.転写因子とシスエレメントの相互作用解析に役立つデータベースとウェブツール【蒔田由布子 中井謙太】

第3章 タンパク質−低分子相互作用解析法

1.核内受容体を用いた脂溶性生理活性物質の評価法【加藤茂明 藤木亮次】
2.化合物アレイを用いた低分子−タンパク質相互作用の検出【齊藤安貴子 叶 直樹 長田裕之】
3.表面プラズモン共鳴(SPR)バイオセンサーによるタンパク質−低分子化合物相互作用解析【諏訪頼正 並木直子】
4.シミュレーションソフトウェアによるタンパク質−リガンド相互作用解析【島田裕三】
5.分子動力学計算法によるタンパク質−リガンド相互作用解析【広川貴次】

第4章 タンパク質−糖・脂質相互作用解析法

1.レクチンアレイによる糖タンパク質の解析【久野 敦 平林 淳】
2.レクチンの糖結合特性の効率的解明 〜フロンタルアフィニティークロマトグラフィー〜【笠井献一】
3.リポソーム崩壊法による膜脂質作用性タンパク質の解析法【五十嵐浩二 梅田真郷】
4.スポットアレイ法によるタンパク質−脂質間相互作用の検出【伊藤俊樹 竹縄忠臣 】
5.リポソーム共沈法によるタンパク質−脂質間相互作用の検出【伊藤俊樹 竹縄忠臣 】
6.ELISAを利用したイノシトールリン脂質結合タンパク質の検出法【辻田和也】
7.SPRによるタンパク質−脂質相互作用解析法【有木 茂 川畑俊一郎】
●索 引
書評・感想
  • 転写制御を専門としているので、分子レベルの解析に非常に役立ちました。

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学別冊 実験ハンドブックシリーズ:分子間相互作用解析ハンドブック〜タンパク質とタンパク質・核酸・糖・脂質・低分子間のネットワーク解析
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +552円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1240円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1590円
第2地帯(ヨーロッパ) +1590円
第3地帯(アフリカ、南米) +2090円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1960円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2720円
第2地帯(ヨーロッパ) +3000円
第3地帯(アフリカ、南米) +3760円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125253
  • 9784758125208
  • 9784758122382
  • 9784758125093
  • 9784758125079
  • 9784758101653
  • 9784758120685
  • 9784758101868
  • 9784897069449
  • 9784897069432
サイドメニュー開く

TOP