実験医学別冊:創薬・タンパク質研究のためのプロテオミクス解析〜バイオマーカー・標的探索,作用機序解析の研究戦略と実践マニュアル
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2
実験医学別冊

創薬・タンパク質研究のためのプロテオミクス解析

バイオマーカー・標的探索,作用機序解析の研究戦略と実践マニュアル

  • 小田吉哉,長野光司/編
  • 2010年07月15日発行
  • B5判
  • 228ページ
  • ISBN 978-4-7581-0176-9
  • 定価:6,500円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

プロテオミクス解析は創薬研究になぜ有効?どう役立つ?飛躍的に進展する解析技術の効果的な活かし方を幅広く紹介.研究の流れがわかるフローチャート,研究の実例,解析のコツも多数掲載した実用性重視の一冊です.

目次

第Ⅰ部 原理編 〜タンパク質・プロテオミクス解析の技術基盤〜

1)LC-MS解析による大規模同定と定量法【新川高志】
2)リン酸化プロテオミクス─リン酸化タンパク質の大規模同定と定量【今見考志/石濱 泰】
3)in vitro安定同位体標識法によるリン酸化の定量解析【松本雅記/中山敬一】
4)細胞表面タンパク質の大規模同定と定量法【長野光司】
5)ケミカルプロテオミクス─薬剤結合タンパク質の同定法【小田吉哉】
6)血清/血漿からのタンパク質の同定【片山博之】
7)尿からのタンパク質の同定【山本 格】
8)Selected Reaction Monitoring(SRM)を用いた 定量的フォーカストプロテオミクス【上家潤一】
9)プロトアレイによるタンパク質インタラクトーム解析【佐藤準一】
10)プロテオミクス解析のバイオインフォマティクス【青島 健/小田吉哉】

第Ⅱ部 実践編 〜創薬研究へのタンパク質・プロテオミクス解析の利用〜

1章 ● バイオマーカー探索への利用と研究戦略

1)血漿・血清プロテオミクス解析による診断,副作用,予後マーカーの開発【尾野雅哉/松原淳一/本田一文/山田哲司】
2)血清・血漿バイオマーカー探索のための新しい前処理法の開発【朝長 毅/小寺義男】
3)グライコプロテオミクスによる疾患糖鎖マーカー探索【和田芳直】
4)グライコプロテオミクスによるがんの血清バイオマーカー探索【梶 裕之/池原 譲/久野 敦/澤木弘道/伊藤浩美/成松 久】
5)腎炎/膀胱炎バイオマーカー探索【平本昌志】
6)蛍光二次元電気泳動法(2D-DIGE法)を用いたプロテオーム解析【近藤 格】
7)病理組織サンプルからのバイオマーカー探索【木原 誠/板東泰彦/西村俊秀】

2章 ● 薬剤標的探索への利用と研究戦略

1)生理活性物質による創薬標的同定のコツ【佐藤慎一/村田亜沙子/白川貴詩/上杉志成】
2)アフィニティー樹脂を用いた創薬標的探索【田中明人】
3)作用機序未知抗がん剤の標的同定─プラジエノライドの標的探索【小竹良彦】
4)生理活性ペプチド探索のためのペプチドミクス【佐々木一樹/南野直人】
5)リン酸化プロファイリングによる創薬標的探索【矢吹奈美/長野光司】

3章 ● 作用機序解析/病態メカニズム解析への利用と研究戦略

1)プロテインチップを利用した抗がん剤の作用因子解析【明石哲行/矢守隆夫】
2)融合プロテオミクスによる病態メカニズムの解析 ─抗がん剤感受性にかかわる腫瘍細胞内シグナルの解析【荒木令江/森川 崇/坪田誠之/小林大樹/水口惣平】
3)アルツハイマー病治療薬開発をめざした γ-セクレターゼ基質のプロテオミクス解析【井上英二】
4)γ-セクレターゼの構造・機能解析 ─プロテオミクス解析による創薬標的分子の同定【富田泰輔/岩坪 威】

第Ⅲ部 技術開発編 〜創薬に向けた更なる技術開発と応用〜

1)タンパク質導入法の開発とその医薬品応用への道【富澤一仁】
2)タンパク質複合体解析と創薬【夏目 徹】
3)医薬品開発の効率化に向けた薬物体内動態予測法の開発【吉田健太/前田和哉/杉山雄一】

『第I部 原理編 8.Selected Reaction Monitoring (SRM) を用いた定量的フォーカストプロテオミクス(上家潤一)』より抜粋

生命科学においてタンパク質発現量は,機能に直結する重要な情報である.また,バイオマーカー探索においては,候補タンパク質の検証法として,定量解析が必須である.タンパク質科学分野では,SRM を用いたタンパク質定量法が高感度な定量法として用いられてきた.従来SRM はタンパク質の個別定量法であったが,近年の三連四重極型質量分析計の発達により,定量プロテオミクスの有用なツールに発展した.本定量法は,バイオマーカー候補タンパク質の検証法としてだけでなく,ショットガン法では検出されない微量な標的タンパク質のスクリーニング法としても注目されている.本稿では,近年目覚ましい発達を遂げているSRM を用いた定量フォーカストプロテオミクスについて紹介する.

1. 技術開発の歴史と現状

薬学領域では低分子化合物の定量法として,既知量の内部標準物質を試料に添加し, 三連四重極型質量分析計のSRM モードを用いて測定する手法が古くから用いられている.同様の発想で,安定同位体標識タンパク質を内部標準としてタンパク質の定量が行われている.従来SRM は個別のタンパク質定量法であったが,近年の三連四重極型質量分析計の発達によりSRM で同時分析できる分子数が数十〜数百へと飛躍的に増加し,多数のタンパク質を対象とする定量的フォーカストプロテオミクスが可能となった.質量特異的に標的ペプチドを検出するSRM は,生体試料における微量分子の解析に有用であり,ショットガン法では同定が困難であった微量タンパク質の大規模定量解析が実現している.

ショットガン法と異なり測定対象をあらかじめ決めて解析を行うSRM では,高感度なペプチドの選択が重要である.われわれを含めて複数の研究グループが高感度なペプチド配列の予測法の確立を行っており,標的タンパク質の遺伝子配列情報からSRM を用いた定量法を構築することが可能となっている.現行のペプチド選択法にはまだ課題も多い.しかし,配列情報からタンパク質定量法を構築する技術は簡便な定量プロテオミクスとして普及していくと考えられる.

2. 解析の原理

図1

クリックして拡大

1) Selected Reaction Monitoring (SRM) の原理

図1 に三連四重極型質量分析計のSRM モードの原理を示した.3つの四重極のうちQ1 で特定質量の プリカーサーイオンを選択し,コリジョンセル中で解離し生成したプロダクトイオンのうち,さらに特定イオンのみをQ3 で選択し検出する.このモードでは二重の質量フィルターをかけることで大幅にノイズを低下させ,非常に高いS/N 比を実現している.夾雑物中の微量成分の検出に有効な測定法である.プリカーサーイオンと プロダクトイオンの組み合わせ( SRM transition)を高速に切り替えることで多分子測定を行う.

現在行われている質量分析を用いたタンパク質解析法では,タンパク質をトリプシン等の酵素で消化して得られるペプチド試料を解析対象としている.したがって,(大抵は微量な)標的タンパク質由来のペプチドを膨大な種類のタンパク質から生じたペプチド群の中から特異的に検出する必要がある.SRMの高い選択性を生体試料中のペプチド測定に応用することで,膨大なノイズ情報の中から対象ペプチドを検出することが可能である.

図2

クリックして拡大

2) SRM を用いた 定量解析

SRM は質量依存的に測定対象を絞るために夾雑物の影響が少なく,高感度定量解析に適した測定法である.図2 にSRM によるタンパク質定量法の概要を示した.質量分析法ではペプチドの種類によってイオン化効率が異なるために,スペクトルのシグナル強度のみから直接定量することは困難である.そのため,安定同位体標識ペプチドを内部標準とした定量法が用いられる.

前処理,LC 分離および質量分析の全過程において理想的な挙動を示す内部標準物質は,対象タンパク質と同配列の安定同位体標識タンパク質である.しかし現状では高純度な安定同位体標識タンパク質の大規模な合成が技術的,価格的に困難であり,一般的には対象タンパク質の酵素消化ペプチドが内部標準として用いられている.既知量の安定同位体ペプチドを試料に添加し,LC 保持時間と質量値から対象ペプチドのシグナルを同定し,シグナル強度の比から試料中の対象ペプチドを定量する.安定同位体標識ペプチドと非標識ペプチドセットをSRM で測定することで,複雑な生体試料中のタンパク質由来のペプチドを,f mol からp mol レベルで定量することが可能である.

ペプチドを内部標準とする場合,LC 分離直前の試料に内部標準を添加するために酵素消化効率および前処理ステップの吸着等による試料の損失が補正されないという課題がある.この課題を克服するために,酵素切断部位を含むリファレンスペプチドを前処理過程の最初の段階に添加して測定する等の工夫がなされている.

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学別冊:創薬・タンパク質研究のためのプロテオミクス解析〜バイオマーカー・標的探索,作用機序解析の研究戦略と実践マニュアル
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +520円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1030円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1320円
第2地帯(ヨーロッパ) +1320円
第3地帯(アフリカ、南米) +1730円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2360円
第2地帯(ヨーロッパ) +2600円
第3地帯(アフリカ、南米) +3080円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758122429
  • 9784758122412
  • 9784758125246
  • 9784758103817
  • 9784758103800
  • 9784758125222
  • 9784758125215
  • 9784758101752
  • 9784758120098
  • 9784758102971
サイドメニュー開く

TOP