イラストレイテッドシリーズ:がん生物学イラストレイテッド
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2
イラストレイテッドシリーズ

がん生物学イラストレイテッド

  • 渋谷正史,湯浅保仁/編
  • 2011年06月30日発行
  • B5変型判
  • 412ページ
  • ISBN 978-4-7581-2021-0
  • 定価:6,820円(本体6,200円+税)
  • 注文不可
    在庫:なし
PDFダウンロード

がん遺伝子から治療までがん生物学の必須知識を完全網羅.がんはどこまで解明されたか?今後の課題とは?をそれぞれの分野における国内のパイオニアたちが徹底的に解説.がん克服に挑む,すべての研究者必携の1冊!

目次

序 論がん研究の歴史【渋谷正史】

  • 発がん物質の探索
  • がん遺伝子とレトロウイルス
  • がん抑制遺伝子と高発がん家系
  • シグナル伝達,細胞周期,アポトーシス
  • エピジェネティクス解析によるDNA レベルの遺伝子不活性化
  • 腫瘍血管を中心とするがんの微小環境
  • 浸潤と転移,がん幹細胞の問題
  • 分子標的薬剤の開発,および予防薬の進歩

第1章がんの原因と誘因

1 がんの原因としての変異原物質【戸塚ゆ加里/小沼邦重/落合雅子/中釜斉】

  • 直接変異原物質と間接変異原物質
  • 活性酸素・窒素種による酸化的DNA 損傷

2 腫瘍ウイルス(肝炎ウイルス)【宇治野真之/杉山和夫/下遠野邦忠】

  • ヒト肝細胞に感染するウイルス
  • 肝炎ウイルスの持続感染性
  • HBV とHCV のゲノムおよび産生されるタンパク質
  • 感染サイクル
  • 肝炎ウイルスによる細胞のがん化と腫瘍化の維持
  • 脂肪代謝異常と肝疾患および肝発がん

3 腫瘍ウイルス(HTLV,HPV,EBV など)【渡邉俊樹】

  • 腫瘍ウイルス総論
  • HTLV-1
  • EBV
  • KSHV(HHV8)
  • HPV

4 ヘリコバクターピロリ【畠山昌則】

  • ピロリ菌CagA
  • ピロリ菌CagA の胃上皮細胞内移行
  • ピロリ菌CagA によるSHP2 の脱制御
  • ピロリ菌CagA による細胞極性破壊
  • 個体レベルにおけるピロリ菌CagA の発がん活性
  • 胃がん発症における上皮極性破壊の意義

5 ホルモン【林慎一】

  • ホルモン依存性腫瘍
  • 性ステロイドホルモン生合成とその作用発現
  • がん細胞のステロイドホルモン受容体の標的遺伝子
  • ホルモン療法
  • ホルモンと細胞内リン酸化シグナル経路
  • ホルモンとがん幹細胞説
  • ホルモン依存性腫瘍の微小環境

6 放射線【鈴木啓司/山下俊一】

  • 放射線の種類
  • 放射線によるDNA 損傷の誘発
  • 放射線と発がん

第2章がん遺伝子とがん抑制遺伝子

1 チロシンキナーゼ とRas【丸義朗】

  • TK とは:酵素学的視点
  • 遺伝子進化とグループ化
  • 発現細胞とノックアウト(KO)マウスによる個体生物学的機能の予測
  • 一次構造
  • シグナル伝達
  • 自己抑制と脱抑制(再活性化)の考え方
  • Ras
  • 増殖抑制・細胞死
  • TK による骨格系制御
  • 酵素と基質の生体内利用率

2 白血病がん遺伝子【吉見昭秀/黒川峰夫】

  • 核内転写因子遺伝子
  • チロシンキナーゼ遺伝子
  • セリン/スレオニンキナーゼ遺伝子
  • GTP 結合タンパク質
  • 分子標的療法のこれから

3 N-myc【末永雄介/中川原章】

  • N-mycとがん
  • N-mycの機能
  • N-mycの制御機構

4 Wnt シグナル【菊池章/松本真司】

  • Wnt シグナル伝達経路の概要
  • β-カテニン経路の異常とがん
  • β-カテニン非依存性経路の異常とがん
  • Wnt5a によるがん細胞の運動・浸潤能促進の分子機構

5 EML4-ALK【間野博行】

  • EML4-ALKとは
  • EML4-ALK の診断
  • EML4-ALKの分子標的治療

6 細胞周期,細胞接着にかかわるがん抑制遺伝子【村上善則】

  • がん抑制遺伝子とは
  • がん抑制遺伝子の変異の分子機構
  • がん抑制遺伝子産物の機能
  • 細胞周期の進行を抑制するがん抑制遺伝子
  • 細胞接着と形態形成にかかわるがん抑制遺伝子
  • 家族性腫瘍

7 p53【荒川博文】

  • p53 とは?:発見からタンパク質構造解析までの歴史
  • 標的遺伝子の転写制御因子としてのp53 とその機能
  • p53 とMDM2
  • p53 の上流シグナルとp53 の活性化機構
  • 類似遺伝子やp53 の多様な転写産物の発見
  • 治療への応用
  • 今後の展望

8 TGF-βシステム【江幡正悟/宮園浩平】

  • TGF-βファミリー
  • TGF-βシグナル伝達
  • TGF-βの古典的な二大作用
  • がん細胞に対する二面的な働き
  • がん初期におけるがん抑制作用
  • 進行がんにおけるがん促進作用

第3章がんにおけるゲノム・エピゲノム異常

1 ゲノム異常【稲澤譲治】

  • ヒトゲノムの基本構造
  • がんのゲノム異常
  • がんの染色体異常
  • 前立腺がんと肺非小細胞がんで発見された染色体転座
  • がんのゲノム異常とシグナル伝達経路,分子標的治療薬
  • 次世代シークエンサーによるがんゲノム解析

2 DNA 修復とゲノム不安定性【小松賢志】

  • DNA 修復機構のタイプ
  • 塩基除去修復
  • ヌクレオチド除去修復
  • 相同組換え修復
  • 非相同末端再結合
  • DNA クロスリンク修復
  • ミスマッチ修復

3 エピジェネティクス異常【竹島秀幸/牛島俊和】

  • エピジェネティック修飾
  • がんにおけるエピジェネティック異常
  • エピジェネティック異常の特徴
  • エピジェネティック異常が起きるメカニズム
  • エピジェネティック異常のがん診断・がん治療への応用

4 がんとmicroRNA【鈴木元/高橋隆】

  • miRNA の発見
  • miRNA のがんに果たす役割
  • miRNA とSNP
  • 転写およびプロセシングを標的としたmiRNA 発現調節
  • がん幹細胞研究への展開
  • miRNA によるがんの診断,予後
  • miRNA を用いた治療の可能性

第4章がん細胞の特性

1 細胞周期とテロメア【平井悠吾/石川冬木】

  • 染色体末端テロメア
  • テロメアDNA の短小化と染色体の不安定化
  • テロメア制御における陰陽モデル
  • DNA 損傷応答因子によるテロメア制御
  • テロメラーゼの作用機構

2 オートファジー【西村多喜/水島昇】

  • オートファジーとは?
  • オートファジーの過程
  • オートファジーの分子機構
  • がん抑制遺伝子として働くオートファジー関連遺伝子
  • がんにおけるオートファジーの制御
  • がんの発症進展におけるオートファジーの意義
  • 抗がん剤標的としてのオートファジー

3 がんの細胞死(アポトーシスを中心に)【伊藤亮/米原伸】

  • 細胞死の中心的な機構としてのアポトーシス
  • DNA 損傷とp53 を介するアポトーシス
  • 非アポトーシス細胞死

4 がん幹細胞【吉田剛/佐谷秀行】

  • がん幹細胞とは何か?:腫瘍生物学の新規概念
  • 腫瘍内の不均一性はどのようにして生じるのか?:2つの腫瘍発展モデル
  • 転移・再発にがん幹細胞はどう関係するのか?:臨床的観点からのがん幹細胞

5 多段階発がん【山本英一郎/豊田実】

  • 発がん過程における遺伝子異常
  • 大腸がんの多段階発がん過程における遺伝子異常
  • その他のがんにおける多段階発がん

第5章がんの悪性化:浸潤と転移

1 細胞運動と浸潤【星野大輔/長野真/清木元治】

  • 細胞接着
  • 細胞運動性の亢進
  • ECM分解能の上昇
  • 細胞運動とECM分解を連動させる分子機構

2 上皮間葉転換【下野洋平/高井義美】

  • 発生における上皮間葉転換
  • がんにおける病的な上皮間葉転換
  • 上皮細胞マーカーと間葉細胞マーカー
  • 上皮間葉転換を誘導する細胞外因子
  • 上皮間葉転換の誘導にかかわる細胞表面受容体
  • 上皮間葉転換に関連する転写因子
  • 上皮間葉転換にかかわるmiRNA
  • 上皮間葉転換とがん幹細胞

3 血管とリンパ管【渡部徹郎】

  • 血管とリンパ管による閉鎖循環系の維持
  • 腫瘍血管の形成と性質
  • 血管新生を制御する因子群
  • 血管新生阻害薬
  • 血管内皮間葉移行によるがん関連線維芽細胞の生成
  • 腫瘍リンパ管新生

4 炎症とがん【小野眞弓/渡公佑】

  • 炎症とがんの発症と進展
  • 炎症とがんを関連づける代表的サイトカイン:TNF-αとIL-1α/β
  • 炎症とがんを関連づける免疫/ 炎症細胞:好中球とマクロファージ

5 転移【横田淳】

  • 正常細胞のがん化とがん細胞の悪性化
  • 生体内におけるがん細胞の浸潤と転移の工程
  • 浸潤と転移に関与する分子
  • 転移能獲得の分子機序
  • 浸潤能・転移能獲得の原因となるゲノム・エピゲノム異常

第6章がんと免疫

1 がん抗原【今井奈緒子/池田裕明/珠玖洋】

  • がん抗原の発見の歴史
  • がん抗原同定法
  • がん抗原の分類
  • がん抗原を標的とした特異的免疫療法
  • 今後の展望

2 サイトカインとケモカイン【前田伸治/上田龍三】

  • サイトカインとサイトカイン受容体
  • 炎症性サイトカイン
  • 炎症性サイトカインと腫瘍
  • その他のサイトカイン
  • ケモカインとケモカイン受容体
  • ケモカインと腫瘍

3 樹状細胞【河上裕】

  • 樹状細胞のがん生物学・医学における意義
  • 樹状細胞の機能
  • 担がん生体における樹状細胞の機能障害
  • 樹状細胞が発現する機能分子と制御標的
  • 生体内での樹状細胞の制御
  • 培養樹状細胞を用いたがん免疫療法

第7章がんの分子標的治療

1 イマチニブと耐性克服(FLT3 阻害剤を含む)【鍬塚八千代/直江知樹】

  • 分子標的治療に対する耐性機構
  • 慢性骨髄性白血病(CML)に対するイマチニブ耐性機構とその克服
  • 急性骨髄性白血病(AML)と FLT3阻害剤

2 HER2 抗体(トラスツズマブなど)【辻和香子/戸井雅和】

  • HER2(HER ファミリー)の構造
  • HER2 抗体の種類,作用機序
  • HER2 抗体を併用した臨床試験

3 EGFR 阻害薬(ゲフィチニブなど)【山田忠明/矢野聖二】

  • 上皮成長因子受容体(EGFR)
  • EGFR チロシンキナーゼ阻害剤
  • 抗EGFR 抗体
  • 現在開発中のEGFR 阻害剤
  • EGFR チロシンキナーゼ阻害剤の耐性機構

4 血管新生阻害薬(ベバシズマブなど)【佐藤靖史】

  • VEGF とその受容体
  • 腫瘍血管促進におけるVEGF の意義
  • VEGF シグナルを標的とする血管新生阻害剤
  • VEGF シグナル遮断剤の問題点

第8章がんの診断と治療

1 がん(腫瘍)マーカー【山田哲司/尾野雅哉/本田一文】

  • 腫瘍マーカー
  • 新しい腫瘍マーカー
  • バイオマーカー
  • 国内外の腫瘍マーカーに関する研究活動

2 診断法の進歩(大腸がんを例として)【古賀宣勝/松村保広】

  • がん検診
  • 大腸がん検診としての便潜血検査
  • 便DNA 検査
  • 便RNA 検査
  • 今後のがん検診

3 手術法の進歩【黒川幸典/土岐祐一郎】

  • 手術の歴史と変遷
  • 胃がんの標準手術の確立
  • 縮小手術・低侵襲手術の普及

4 放射線・診断と治療【篠藤誠/山田滋】

  • 放射線によるがんの画像診断
  • 画像診断の目的
  • 画像検査の種類
  • 放射線治療
  • 放射線の生物学的効果
  • 治療方法

第9章各組織・器官のがん生物学

1 肺がん【貫和敏博】

  • 肺がん総論
  • 分子標的薬著効例によるドライバー変異の発見:それは非喫煙者肺がんから始まった
  • ドライバー変異であるEGFR リン酸化酵素活性型変異の発見
  • 臨床におけるエビデンスの確立へ
  • アジア人非喫煙者ドライバー変異頻度の分布
  • 喫煙者肺がん:禁煙と予防医学
  • 肺がんゲノム解析
  • 肺がん研究・臨床の今後の課題

2 大腸がん【山本浩文/森正樹】

  • APC 遺伝子の不活化による大腸腫瘍化の始まり
  • がん抑制遺伝子の不活化
  • 細胞周期制御異常と細胞増殖マーカー
  • COX-2 と大腸腺腫・大腸がん
  • 大腸発がん経路の推定
  • 遺伝子異常パターン解析による大腸がんの発生体系
  • 大腸がん治療と分子標的治療薬
  • がん幹細胞
  • おわりに

3 胃がん【湯浅保仁/秋山好光】

  • 胃がんの分類と発症過程
  • 胃がんの疫学
  • 胃がんを発症する遺伝性疾患
  • 胃がんの感受性に影響する遺伝子多型
  • 胃がんに関連する感染
  • 胃がんにおける遺伝子異常
  • miRNA
  • エピジェネティックな異常
  • 胃がん幹細胞
  • 胃がんのマウスモデル

4 乳がん【戸井雅和/千年松/髙田正泰】

  • がんのリスク要因:乳がんの例
  • がんの亜分類
  • がん細胞と間質細胞
  • 標的治療

5 膵がん【江角浩安】

  • 膵がんの概要
  • 膵がんの原因・疫学
  • 膵がんの診断
  • 治療法
  • 膵がん発生のメカニズムと分子標的薬
  • 膵がんの生物学的特徴
  • 膵がんのこれから

6 脳神経腫瘍【八巻智洋/中川原章】

  • 正常神経発生
  • 脳腫瘍幹細胞
  • 膠芽腫
  • 髄芽腫

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】イラストレイテッドシリーズ:がん生物学イラストレイテッド
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +620円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1625円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2085円
第2地帯(ヨーロッパ) +2085円
第3地帯(アフリカ、南米) +2750円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +2400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +3300円
第2地帯(ヨーロッパ) +3650円
第3地帯(アフリカ、南米) +4900円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758120968
  • 9784758122535
  • 9784758103961
  • 9784758125468
  • 9784758125451
  • 9784758103954
  • 9784758125444
  • 9784758125437
  • 9784758120166
  • 9784758103121
  • 9784758120012
サイドメニュー開く

TOP