自己排痰に難渋しているが,どのように排痰させるか?:クリニカルリーズニングで内部障害の理学療法に強くなる!

慢性呼吸器疾患患者は増悪をくり返す症例も多く,疾患管理のうえで排痰は重要な介入方法の1つとして位置付けられる.特に急性増悪に伴い喀痰量が急激に増加した場合,排痰の結果しだいでは経過や予後にまで影響を及ぼす可能性も生じる.
臨床現場において,気道分泌物貯留を認めるが排痰困難な症例もしばしば経験する.今回の提示症例では,排痰困難に陥っている問題点を明確にし,良好な排痰が得られるようにリーズニングを進めた.
本記事の続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員(無料)」のご登録が必要です.

※羊土社会員はどなたでも簡単にご登録いただけます

クリニカルリーズニングで内部障害の理学療法に強くなる!
クリニカルリーズニングで内部障害の理学療法に強くなる!
相澤純也/監,田屋雅信,渡邉陽介/編
2017年05月10日発行
「栄養状態が悪い」「起こしていいのかわからない」「倦怠感が強い」等のよく出会う症状・現象へのアプローチをフローチャートと表で解説!各種の評価をふまえて多角的に仮説を立て, 絞り込んでいく思考法が身につく!

詳細(目次・内容見本)へ

こちらの書籍もお勧めいたします

  • クリニカルリーズニングで神経系の理学療法に強くなる!
  • クリニカルリーズニングで運動器の理学療法に強くなる!
  • リハに役立つ論文の読み方・とらえ方
  • リハに役立つ治療薬の知識とリスク管理
  • リハに役立つ検査値の読み方・とらえ方
  • 足部・足関節痛のリハビリテーション
  • 非特異的腰痛のリハビリテーション
  • 肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション
  • 脳卒中の理学療法
  • リハの現場でこんなに役立つiPhone活用術
  • 機能解剖と触診

羊土社会員の方は,会員ログイン後にアンケートにご回答いただけます.

会員でない方は,アンケートフォームでメールアドレスをご登録いただければ,簡単に会員登録ができ,そのままアンケートにもご回答いただけます.

《アンケートの回答所要時間:約10分》

羊土社会員の方はこちら

*会員ログイン後,アンケートフォームへ移動します

会員でない方はこちら

*アンケートフォームへ移動します.

アンケートフォームでメールアドレスをご登録いただければ,簡単に会員登録ができます.羊土社会員についてはこちらをご確認ください.


TOP