科研費獲得の方法とコツ
研究種目別「申請書の構成案」

科研費申請書において,どのようにスペースを配分して,どのようなことを書いていけばいいのか,悩む読者もいると思う.このコーナーでは令和3年度の申請書を用いて,研究種目ごとにその例を紹介する.もちろん実際には,申請者の研究内容に応じて自由にスペースを配分してもらえたらと思う.申請者がオリジナルなアイデアを出して,審査委員に読みやすい,わかりやすい申請書を作成していけばよい.なお各項目のより具体的な書き方については本書を参照されたい.(児島将康)

基盤研究(B)の申請書の構成案(2021.8.11更新)

ここにある申請書の構成案は基盤研究(B)のものである.基盤研究(B)に応募する人は,基盤研究(C)で実績を積んだとか,最近よい研究成果を発表したとか,みんな自信を持って応募する.そのため採択される申請書のレベルは正直,基盤研究(C)よりぐっと高い.そのため応募においてはいくつかの戦略が必要になる.

① まず,来年度にあなたが応募しようとする応募区分でのライバルを調べることをお勧めする.科研費データベースを使って来年3月に終了する基盤研究(B)の課題を調べて,誰がその区分に応募してくるのか予想すること.その研究者と自分の業績などを比較して,どちらの方がよい成果をあげているかを判断して応募を決断するとよい.

② また基盤研究(B)では,研究内容が広く深くなるので,研究を遂行するうえで最適な研究分担者を加えることも必要になる.

③ 申請書は「1 研究目的、研究方法など」のセクションが基盤研究(C)よりも1ページ多くて5ページである.その他の分量は変わらない.
全体的なスペース配分としては以下のようにまとめるのが標準的だろう.

  • 「概要」:10±1行(基盤研究(C)と変わらず)
  • 「(1) 研究の背景、「問い」」を1ページぐらい
  • 「(2) 研究目的、独自性、創造性」を1ページ弱
  • 「(3) 着想に至った経緯と研究の位置づけ」を1/2ページ
  • 「(4)なにをどこまで〜」を2ページ弱
  • 「(5)本研究の準備状況」を1/2ページぐらい

基盤研究(B)とはいえ,申請書に記載する内容のポイントは基盤研究(C)と同じである.自分の研究の重要性が審査委員に伝わるようにわかりやすくしっかり書こう.

基盤研究(B)の申請書の構成案01 基盤研究(B)の申請書の構成案02 基盤研究(B)の申請書の構成案03 基盤研究(B)の申請書の構成案04 基盤研究(B)の申請書の構成案05 基盤研究(B)の申請書の構成案06 基盤研究(B)の申請書の構成案07

科研費獲得ウェビナー for 2022


TOP