改訂第5版がん化学療法レジメンハンドブック〜治療現場で活かせる知識・注意点から服薬指導・副作用対策まで
書籍を購入する

改訂第5版がん化学療法レジメンハンドブック

治療現場で活かせる知識・注意点から服薬指導・副作用対策まで

  • 日本臨床腫瘍薬学会/監 遠藤一司,加藤裕芳,松井礼子/編
  • 定価 4,600円+税
  • 2017年02月発行予定
  • B6変型判
  • 710ページ
  • ISBN 978-4-7581-1805-7
  • 販売状況: 在庫なし 
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗がん剤の投与スケジュールや注意点が一目でわかる大好評書,新薬を大幅追加し全面改訂!前投薬や投与速度,輸液量を含めたレジメンのほか,副作用,服薬指導,調製法も掲載.がん治療に携わる全スタッフ必携!

改訂第5版の序

初版の序

第1部 総論

1. がん薬物療法の概要

2. レジメンの基礎知識と施行時の注意点

3. がん薬物療法施行時に必要とされる知識

4. 一般的副作用対策

5. 分子標的薬投与時の注意点

6. 免疫チェックポイント阻害薬投与時の注意点

第2部 各論

1. 肺がん

●化学療法の概要
1)小細胞肺がん
  • ・ PI(CDDP+CPT-11)療法
  • ・ PE(CDDP+ETP)療法
  • ・ CBDCA+ETP療法
  • ・ CPT-11単独療法
  • ・ AMR単独療法
2)非小細胞肺がん
  • ・ CDDP+Pemetrexed followed by Pemetrexed療法
  • ・ TC(CBDCA+PTX)±BV followed by BV療法
  • ・ GP(CDDP+GEM)療法
  • ・ DC(CDDP+DTX)療法
  • ・ NP(CDDP+VNR)療法
  • ・ CBDCA+nab-PTX療法
  • ・ CBDCA+S-1療法
  • ・ Nedaplatin+DTX療法
  • ・ CBDCA+RT(放射線)療法
  • ・ DTX単独療法
  • ・ Pemetrexed単独療法
  • ・ Ramucirumab+DTX療法
  • ・ Nivolumab単独療法
  • ・ Pembrolizumab単独療法
  • ・ Gefitinib単独療法
  • ・ Erlotinib単独療法
  • ・ Afatinib単独療法
  • ・ Osimertinib単独療法
  • ・ Crizotinib単独療法
  • ・ Alectinib単独療法
  • ・ Ceritinib単独療法
3)悪性胸膜中皮腫
  • ・ CDDP+Pemetrexed療法

2. 乳がん

●化学療法の概要
  • ・ CMF(CPA+MTX+5-FU)療法
  • ・ AC(DXR+CPA)療法/Dose-Dence AC療法
  • ・ EC(EPI+CPA)療法
  • ・ CAF(CPA+DXR+5-FU)療法
  • ・ FEC(CPA+EPI+5-FU)followed by PTX 100療法
  • ・ DAC(DTX+DXR+CPA)療法(TAC療法)
  • ・ TC(DTX+CPA)療法
  • ・ Trastuzumab単独療法
  • ・ DTX単独療法
  • ・ Weekly PTX単独療法
  • ・ VNB単独療法
  • ・ Capecitabine単独療法
  • ・ S-1単独療法
  • ・ Lapatinib+Capecitabine療法
  • ・ GEM単独療法
  • ・ Eribulin単独療法
  • ・ nab-PTX単独療法
  • ・ BV+PTX療法
  • ・ Pertuzumab+Trastuzmab療法(DTX併用例)
  • ・ Trastuzumab emtansine(T-DM1)療法
  • ・ Everolimus+Exemestane療法
  • ・ Lapatinib+AI療法

3. 胃がん

●化学療法の概要
  • ・ S-1単独療法
  • ・ S-1+CDDP療法
  • ・ SOX(S-1+L-OHP)療法
  • ・ XP(Capecitabine+CDDP)±Trastuzumab療法
  • ・ Ramucirumab±PTX療法
  • ・ Tri-weekly nab-PTX療法

4. 食道がん

●化学療法の概要
  • ・ FP(5-FU+CDDP)±RT(放射線)療法
  • ・ DTX単独療法
  • ・ Weekly PTX単独療法
  • ・ Nedaplatin+5-FU療法

5. 大腸がん

●化学療法の概要
  • ・ 5-FU+ℓ-LV療法
  • ・ UFT+LV療法
  • ・ Capecitabine単独療法
  • ・ mFOLFOX6(5-FU+ℓ-LV+L-OHP)±BV療法
  • ・ FOLFIRI(5-FU+ℓ-LV+CPT-11)±BV療法
  • ・ CPT-11単独療法
  • ・ Cetuximab単独療法
  • ・ CPT-11+Cetuximab療法
  • ・ XELOX(Capecitabine+L-OHP)±BV療法
  • ・ Panitumumab ± FOLFOX6 or FOLFIRI療法
  • ・ Regorafenib単独療法
  • ・ Trifluridine and Tipiracil hydrochloride(TAS-102)単独療法
  • ・ FOLFIRI(5-FU+ℓ-LV+CPT-11)+Ramucirumab療法

6. 肝・胆・膵がん

●化学療法の概要
1)肝細胞がん
  • ・ Sorafenib単独療法
2)胆道がん
  • ・ GEM単独療法
  • ・ GC(GEM+CDDP)療法
  • ・ S-1単独療法
3)膵がん
  • ・ GEM単独療法
  • ・ GEM+Erlotinib療法
  • ・ S-1単独療法
  • ・ FOLFIRINOX(L-OHP+CPT-11+5-FU+ℓ-LV)療法
  • ・ GEM+nab-PTX療法
4)膵神経内分泌腫瘍
  • ・ Everolimus単独療法
  • ・ Sunitinib単独療法
  • ・ STZ±DXR療法
  • ・ STZ±5-FU療法

7. 婦人科がん

●化学療法の概要
1)子宮頸がん
  • ・ CDDP+RT(放射線)療法
  • ・ CT(CDDP+Topotecan/Nogitecan)療法
  • ・ TP(PTX+CDDP)療法
  • ・ TC(PTX+CBDCA)療法
2)子宮体がん
  • ・ AP(DXR+CDDP)療法
  • ・ TAP(PTX+DXR+CDDP)療法
3)卵巣がん(上皮性卵巣がん)
  • ・ TC(PTX+CBDCA)療法
  • ・ dose-dense TC(Weekly PTX+CBDCA)療法
  • ・ PTX+CBDCA+BV followed by BV療法
  • ・ DC(DTX+CBDCA)療法
  • ・ PTX単独療法
  • ・ DTX単独療法
  • ・ CPT-11単独療法
  • ・ Liposomal Doxorubicin(PLD)単独療法
  • ・ GEM単独療法
  • ・ Topotecan(Nogitecan)単独療法

8. 泌尿器がん

●化学療法の概要
1)膀胱がん
  • ・ M-VAC(MTX+VLB+DXR+CDDP)療法
  • ・ GC(GEM+CDDP)療法
2)前立腺がん
  • ・ DP(DTX+PSL)療法
  • ・ DE(DTX+EP)療法
  • ・ Cabazitaxel+PSL療法
  • ・ Abiraterone+PSL療法
  • ・ Enzalutamide単独療法
3)胚細胞腫瘍
  • ・ BEP(CDDP+VP-16+BLM)療法
  • ・ EP(CDDP+VP-16)療法
  • ・ VIP(CDDP+VP-16+IFM)療法
  • ・ VelP(CDDP+IFM+VLB)療法
4)腎細胞がん
  • ・ IFN-α単独療法
  • ・ Sorafenib単独療法
  • ・ Sunitinib単独療法
  • ・ Everolimus単独療法
  • ・ Temsirolimus単独療法
  • ・ Axitinib単独療法
  • ・ Pazopanib単独療法

9.造血器腫瘍

●化学療法の概要
1)慢性骨髄性白血病
  • ・ Imatinib単独療法
  • ・ Dasatinib単独療法
  • ・ Nilotinib単独療法
  • ・ Bosutinib単独療法
2)骨髄異形成症候群
  • ・ Azacitidine単独療法
3)多発性骨髄腫
  • ・ Bortezomib単独療法
  • ・ Thalidomide単独療法
  • ・ Lenalidomide+Dexamethasone療法
  • ・ Bortezomib+Dexamethasone療法
  • ・ MPB(L-PAM+PSL+Bortezomib)療法
  • ・ PAD(Bortezomib+DXR+Dexamethasone)療法
  • ・ PD(Pomalidomide+Dexamethasone)療法
  • ・ Carfilzomib+Lenalidomide+Dexamethasone療法
4)悪性リンパ腫
  • ・ ABVD(DXR+BLM+VLB+DTIC)療法
  • ・ Brentuximab vedotin単独療法
  • ・ R-CHOP(Rituximab+CPA+DXR+VCR+PSL)療法
  • ・ ESHAP(VP-16+mPSL+Ara-C+CDDP)±Rituximab療法
  • ・ EPOCH(VP-16+VCR+DXR+CPA+PSL)±Rituximab療法
  • ・ ICE(IFM+CBDCA+VP-16)±Rituximab療法
  • ・ Bendamustine±Rituximab療法
  • ・ R-GDP(Rituximab+GEM+Dexamethasone+CDDP)療法

10.頭頸部がん(甲状腺がんを含む)

●化学療法の概要
  • ・ CDDP+RT(放射線)療法
  • ・ Cetuximab+RT(放射線)療法
  • ・ FP(5-FU+CDDP)+Cetuximab療法
  • ・ CBDCA+5-FU+Cetuximab療法
  • ・ PTX(±Cetuximab)療法
  • ・ DTX単独療法
  • ・ DCF(5-FU+CDDP+DTX)導入化学療法
  • ・ Lenvatinib単独療法

付録

1.HBV再活性化の対策

2.略語一覧表

3.抗がん剤一覧表

4.体表面積換算表

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】改訂第5版がん化学療法レジメンハンドブック
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +368円
送料 +300円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +820円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1050円
第2地帯(ヨーロッパ) +1050円
第3地帯(アフリカ、南米) +1370円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2180円
第2地帯(ヨーロッパ) +2400円
第3地帯(アフリカ、南米) +2740円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

がん治療のための緩和ケアハンドブック
改訂版 がん化学療法副作用対策ハンドブック
症例で身につくがん疼痛治療薬
薬剤師のための薬物療法に活かす検査値の読み方教えます!
やさしく学べる がん免疫療法のしくみ
羊土社会員