格段にうまくいく カテーテルアブレーションの基本とコツ〜エキスパートが教える安全・確実な手技と合併症対策
書籍を購入する

格段にうまくいく カテーテルアブレーションの基本とコツ

エキスパートが教える安全・確実な手技と合併症対策

  • 高橋 淳/編
  • 定価 7,900円+税
  • 2015年04月08日発行
  • B5判
  • 362ページ
  • ISBN 978-4-7581-0753-2
  • 販売状況: 注文可能(在庫あり)
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安全かつ迅速な手技の習得に最適の入門&実践マニュアル!カテーテル操作のコツや,合併症の予防法・手技中のトラブル対策を豊富なカラー写真とともに簡潔に解説.エキスパートが教える上達のコツが満載!

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2内容見本3
PDFダウンロード
目次

第1章 アブレーションに必要な機器と基礎知識

1.アブレーションの原理【家坂義人】

2.アブレーションに必要な設備, 装置およびカテーテル【岩 亨】

3.アブレーションに必要な解剖【井川 修】

4.診断用電極カテーテルの操作法および経中隔穿刺法【新田順一】

5.カテーテルアブレーションに必要な心臓電気生理学的知識【奥村 謙】

6.アブレーションの適応【庭野慎一】

7.三次元マッピングシステムの使用法

  • 1)CARTO(R) system【高月誠司】
  • 2)EnSite system【土谷 健】

8.アブレーションの周術期管理

  • 1)上室性不整脈【池口 滋】
  • 2)心房細動【松井由美恵】
  • 3)心室性不整脈【原田智雄】

9.カテーテルアブレーションに必要な説明と同意書【松本万夫/志貴祐一郎】

第2章 上室性不整脈アブレーションのコツ&トラブルシューティング

1.WPW症候群

  • 1)左側副伝導路【安岡良文/栗田隆志】
  • 2)右側副伝導路【山内康照】
  • 3)中隔副伝導路【佐々木毅/平尾見三】
  • 4)特殊な副伝導路【川口直彦/沖重 薫】

2.房室結節リエントリー性頻拍【大友健一郎】

3.通常型心房粗動【大久保健史】

4.心房頻拍(巣状興奮型心房頻拍)【里見和浩】

5.上室性頻脈性不整脈に対する房室ブロック作成術【奥山裕司】

第3章 心房細動アブレーションのコツ&トラブルシューティング

1.電気的肺静脈隔離アブレーション法

  • 1)電位指標を用いた拡大肺静脈隔離術【山根禎一】
  • 2)透視ガイド拡大肺静脈隔離術【高橋 淳】
  • 3)解剖学的拡大肺静脈隔離術(EEPVI)【全 栄和】
  • 4)左房後壁BOX 隔離術【熊谷浩一郎】

2.非肺静脈起源心房細動に対するカテーテルアブレーション【合屋雅彦】

3.心房細動基質に対するアブレーション法

  • 1)心房内線状焼灼術【松尾征一郎】
  • 2)電位指標による基質焼灼法(CFAEアブレーション法)【髙橋良英】
  • 3)自律神経節アブレーション【山城荒平】

4.アブレーション後の再発心房頻拍に対するアブレーション【宮﨑晋介】

5.今後期待される心房細動アブレーション法

  • 1)クライオバルーンアブレーション法【吉賀康裕】
  • 2)ホットバルーンアブレーション法【佐竹修太郎】

6.心房細動アブレーションの合併症と対策【桑原大志】

第4章 心室性不整脈アブレーションのコツ&トラブルシューティング

1.心室性不整脈(期外収縮/頻拍)【蜂谷 仁】

2.特発性心室頻拍【絈野健一/夛田 浩】

3.器質的心疾患を有する心室頻拍【副島京子】

4.多形性心室頻拍・心室細動【野上昭彦】

5.心室性不整脈アブレーションの合併症と対策【黒木健志/青沼和隆】

『第3章 心房細動アブレーションのコツ&トラブルシューティング』より抜粋

格段にうまくいく カテーテルアブレーションの基本とコツ 立ち読み1 格段にうまくいく カテーテルアブレーションの基本とコツ 立ち読み2 格段にうまくいく カテーテルアブレーションの基本とコツ 立ち読み3 格段にうまくいく カテーテルアブレーションの基本とコツ 立ち読み4 格段にうまくいく カテーテルアブレーションの基本とコツ 立ち読み3 格段にうまくいく カテーテルアブレーションの基本とコツ 立ち読み4

−後略−

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758107518
  • 9784758107464
  • 9784758107549
  • 9784758107501
  • 9784758107495
サイドメニュー開く

TOP