新ビジュアル薬剤師実務シリーズ:上 薬剤師業務の基本[知識・態度]第3版〜薬局管理から服薬指導、リスクマネジメント、薬学的管理、OTC医薬品、病棟業務まで
書籍を購入する
新ビジュアル薬剤師実務シリーズ

上 薬剤師業務の基本[知識・態度]第3版

薬局管理から服薬指導、リスクマネジメント、薬学的管理、OTC医薬品、病棟業務まで

  • 上村直樹,平井みどり/編
  • 定価 3,800円+税
  • 2017年11月20日発行
  • B5判
  • 324ページ
  • ISBN 978-4-7581-0937-6
  • 販売状況: 注文可能(予約受付中)
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ※本書はただいま予約受付中です.お急ぎの方は本書旧版をお買い求めください

写真や図が豊富でわかりやすいと薬学生,新人薬剤師に大好評の教科書を,改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに対応して改訂!CBT対策に役立つ演習問題も掲載!過去の薬剤師国家試験の出題内容も反映.

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2内容見本3内容見本4
PDFダウンロード
目次

薬学教育モデル・コアカリキュラムと本文参照ページの対応表

第1章 薬剤師業務の変遷と今後の展望

1.病院薬剤師【平井みどり】

1.病院・病棟と薬剤師の歴史をふり返る
2.病院薬剤師業務の移り変わり
3.これからの病院薬剤師
  • 1)チーム医療などへの参加
  • 2)治療への主体的な関与

2.薬局薬剤師 【上村直樹】

1.薬局薬剤師業務の変遷
2.これからの薬局薬剤師をとり巻く環境
3.これからの薬剤師に求められるもの
  • 1)知識・技能・態度
  • 2)チーム医療
4.地域包括ケア
  • 1)地域包括ケアシステムとは
  • 2)地域包括ケアシステムでの薬剤師の役割
  • 3)患者のための薬局ビジョン

第2章 薬剤師倫理と態度【下平秀夫】

1.医療の担い手としての倫理規範
  • 1)医療の担い手としての薬剤師
  • 2)「薬剤師綱領」と「薬剤師倫理規定」
  • 3)医療倫理
2.身だしなみ・言葉づかい
  • 1)身だしなみ
  • 2)言葉づかい
3.薬局に関する法令
4.守秘義務・個人情報の保護
  • 1)守秘義務
  • 2)個人情報保護
5.人を対象とする医学系研究に関する倫理指針
6.利益相反(COI)
7.病院薬剤師に求められる倫理とは
  • 1)治験における倫理面での役割
  • 2)院内製剤における倫理面での役割

第3章 薬剤師業務

1.病院 【奥山 清】

1.病院薬剤師の業務と役割
2.病院薬剤師の心得
3.病棟業務
4.チーム医療
  • 1)医療スタッフの職種名と業務内容
  • 2)感染制御チーム
  • 3)褥創ケアチーム
  • 4)糖尿病のチーム医療
  • 5)栄養サポートチーム
  • 6)緩和ケアチーム
  • 7)がん化学療法
5.治験管理業務と市販後調査
6.専門薬剤師
7.院内委員会
8.薬薬連携

2.薬局 【下平秀夫】

1.医薬分業とかかりつけ薬剤師・薬局
  • 1)医薬分業のメリットとデメリット
  • 2)かかりつけ薬剤師・薬局
2.薬局薬剤師の役割
3.薬局業務運営ガイドライン
4.構造設備
  • 1)薬局の構造設備の基準(薬局等構造設備規則)
  • 2)薬局の独立性と立地
  • 3)薬局の掲示物
  • 4)待合室,一般用医薬品などの陳列
  • 5)処方受付・投薬カウンター
  • 6)調剤室
  • 7)医薬品倉庫
  • 8)情報公開・安全管理体制の整備
5.薬局開設者
6.管理薬剤師
7.調剤録
8.調剤報酬と保険請求
  • 1)医療保障制度
  • 2)保険処方箋
  • 3)保険薬局・保険薬剤師
  • 4)保険調剤報酬
9.薬局の地域医療連携

第4章 服薬指導

1.服薬指導【高橋 寛】

1.服薬指導とは
  • 1)服薬指導の目的
  • 2)具体的指導内容[患者に伝える内容とは?]
  • 3)服薬指導を進める上でのポイント
  • 4)服薬指導の手法とその利点・欠点
2.服薬指導時の態度
  • 1)共感的態度で接する
  • 2)閉じた質問と開いた質問を使い分ける
  • 3)プライバシーに配慮する
  • 4)話す時のポイント
  • 5)処方箋・薬歴内容の把握
3.服薬指導の手順
  • 1)事前準備
  • 2)導入
  • 3)情報収集
  • 4)情報提供
  • 5)質問を受ける
  • 6)あいさつ
  • 7)薬歴の記載

2.薬歴管理【高橋 寛】

1.薬歴とは(薬歴管理の意義)
2.薬歴管理の目的
3.薬歴の形式
4.薬歴簿の記載内容
  • 1)患者についての記録(患者の基本的情報)
  • 2)処方についての記録(処方した医療機関名および保険医氏名・処方日・処方内容など)
  • 3)調剤についての記録(調剤日・処方内容に関する疑義照会の要点など)
  • 4)服薬指導で得られる情報の記録(日々の記録)
5.薬歴の記載方法
  • 1)患者に属する基本的な情報
  • 2)処方内容に伴う経過的な情報
  • 3)記載方式について
6.薬歴簿の保管・管理について
  • 1)保管形態
  • 2)保管場所
  • 3)薬歴簿の整理と分類
7.薬歴を用いたリスクマネジメント事例

3.お薬手帳【高橋 寛】

1.お薬手帳とは
2.お薬手帳の利点
3.お薬手帳に記載する事項
4.その他の工夫

4.患者への情報提供【高橋 寛】

1.患者が必要としている情報
2.薬剤情報提供書
  • 1)薬剤情報提供書の意義
  • 2)義務化された薬剤師の情報提供
  • 3)薬剤情報提供書の記載項目
  • 4)薬剤情報提供書の注意点
  • 5)実際に工夫している点

5.注意を要する疾患,小児,妊婦・授乳婦,高齢者への服薬指導【高橋 寛】

1.注意を要する疾患について
2.小児への服薬指導
  • 1)小児への服薬指導のポイント
  • 2)小児への散剤の飲ませ方の工夫
  • 3)小児薬用量
  • 4)その他の注意事項
3.妊婦や授乳婦への服薬指導
  • 1)妊婦や授乳婦への服薬指導のポイント
  • 2)妊婦への薬剤投与の原則
4.高齢者への服薬指導
  • 1)高齢者の特徴
  • 2)高齢者への服薬指導のポイント

第5章 医薬品管理

1.医薬品管理の目的,意義【奥山 清】

1.医薬品管理とは
2.施設による違い

2.品質管理【奥山 清】

1.保存条件
2.医薬品の有効期限
3.法的な規制
4.医薬品情報と安全管理
  • 1)医薬品情報について
  • 2)医薬品安全管理の重要性

3.在庫管理【奥山 清】

1.在庫管理とは
2.在庫管理業務の流れ
3.保険薬局と病院,施設規模による在庫管理の違い
  • 1)保険薬局
  • 2)病院
  • 3)規模による違い
4.(保険)薬局における適正在庫の確保
5.医薬品卸業者とMS
6.(保険)薬局における在庫管理システム
7.他薬局への分割販売(零売)

4.法的管理が義務付けられている医薬品【花島邦彦,奥山 清】

1.規制医薬品とは
2.劇薬
  • 1)劇薬とは
  • 2)劇薬の管理・保管
  • 3)劇薬の調剤
3.毒薬
  • 1)毒薬とは
  • 2)毒薬の管理・保管
  • 3)毒薬の調剤
4.麻薬
  • 1)麻薬とは
  • 2)麻薬を取り扱うための免許
  • 3)麻薬の譲渡・譲受
  • 4)麻薬の保管
  • 5)帳簿への記録
  • 6)麻薬の調剤
  • 7)病棟における麻薬管理
  • 8)在宅医療における麻薬管理
  • 9)麻薬の廃棄
  • 10)事故届
  • 11)年間届
5.覚せい剤原料
  • 1)覚せい剤原料とは
  • 2)覚せい剤原料の譲渡・譲受
  • 3)覚せい剤原料の保管
  • 4)覚せい剤原料の調剤
  • 5)覚せい剤原料の廃棄
6.向精神薬
  • 1)向精神薬とは
  • 2)向精神薬の譲渡・譲受
  • 3)向精神薬の保管
  • 4)向精神薬の記録
  • 5)向精神薬の廃棄
  • 6)向精神薬の調剤
  • 7)その他:調剤時に処方医に確認を要する薬剤
7.特定生物由来製品

第6章 医薬品情報管理

1.医薬品情報管理の意義と目的 【若林 進】

2.病院における医薬品情報管理─医療従事者向け情報を中心に【若林 進】

1.医薬品情報の収集
  • 1)個々の医薬品に関する情報
  • 2)副作用などの情報源
2.医療関係者からのQ&A(受動的情報提供)
  • 1)医薬品識別に関するQ&A
  • 2)医薬品から病名を考えるQ&A
  • 3)病名から医薬品を考えるQ&A
  • 4)配合変化・安定性に関するQ&A
  • 5)副作用・相互作用に関するQ&A
  • 6)院内製剤に関するQ&A
  • 7)一般用医薬品に関するQ&A
  • 8)医事,薬事に関するQ&A
  • 9)その他のQ&A
3.医療関係者への情報発信(能動的情報提供)
  • 1)院内定期刊行物(院内報)による情報提供
  • 2)院内医薬品集の作成
  • 3)院内ホームページなどによる情報提供
  • 4)電子カルテシステム,オーダリングシステムを利用した情報提供
4.患者への情報提供
  • 1)製薬会社が作成する患者向け医薬品情報
  • 2)施設内で作成する患者向け医薬品情報
  • 3)その他の患者向け医薬品情報
5.副作用報告制度
  • 1)市販直後調査制度
  • 2)医薬品安全性情報報告書

3.薬局における医薬品情報管理─患者向け情報を中心に【下平秀夫 】

1.薬局における医薬品情報業務の特徴
2.薬局が利用する主な情報源
  • 1)医薬品インタビューフォームの活用
  • 2)SNSの活用
  • 3)雑誌
  • 4)医薬品卸からの情報
  • 5)製薬企業からの情報
3.薬局に備える主な書籍
4.医薬品情報に関わるWebサイト
  • 1)Webで利用できる医薬品情報関連サイト
  • 2)診療ガイドライン
5.薬局が行う情報提供
  • 1)患者・生活者への情報提供
  • 2)医薬品情報活動報告書(DI報告書)
  • 3)DEM
6.セルフメディケーション情報
  • 1)一般用医薬品の添付文書
  • 2)健康関連情報

第7章 リスクマネジメント

1.リスクマネジメントとは 【伊藤由紀】

2.ハイリスク薬管理 【伊藤由紀】

1.ハイリスク薬とは
2.ハイリスク薬の薬学的管理指導
  • 1)病院
  • 2)薬局
  • 3)注意すべき薬剤
3.ハイリスク薬の薬剤服用歴管理指導の業務手順と方法

3.調剤過誤防止・インシデント報告【伊藤由紀】

1.調剤過誤防止
2.ハインリッヒの法則
3.インシデント報告
4.調剤過誤の実際
5.調剤過誤および調剤事故の原因
  • 1)ヒューマンエラー
  • 2)システムエラー
6.患者も味方に
7.リスク回避の立案および実施
  • 1)薬品棚の位置の工夫の例
  • 2)表示方法の工夫の例
  • 3)その他の工夫の例
8.調剤の過程における具体的な調剤過誤防止例について
  • 1)調剤から監査まで
  • 2)充填作業について
  • 3)薬剤の交付について

4.医療安全【丸山桂司】

1.薬局における安全管理体制
2.病院における安全管理体制

5.感染制御 【丸山桂司】

1.感染制御の基本
  • 1)標準予防策
  • 2)感染経路別予防策
2.院内感染(医療関連感染)対策
  • 1)感染制御の組織
  • 2)院内感染の情報伝達・活動
  • 3)感染制御チーム
3.アウトブレイクの考え方と対応

第8章 病棟業務【永田将司】

1.薬剤師の病棟業務の目的と病棟専任薬剤師の役割

2.入院患者に対する病棟業務の実際- POS の導入-

  • 1)基礎情報の収集
  • 2)問題リスト立案
  • 3)初期計画立案
  • 4)計画の実践および経過記録作成
  • 5)監査
  • 6)退院時薬剤情報管理指導

3.その他の病棟業務

  • 1)病棟医薬品管理
  • 2)処方支援事例などの情報共有
  • 3)医薬品安全性情報管理

第9章 薬学的管理

1.代表的な8疾患(がん,高血圧症,糖尿病,心疾患,脳血管障害,精神神経疾患,免疫・アレルギー疾患,感染症)【根岸健一】

1.がん
2.高血圧症
3.糖尿病
4.心疾患
5.脳血管障害
6.精神神経疾患
7.免疫・アレルギー疾患
8.感染症

2.がん化学療法施行患者に対する薬学的管理(病棟)【鈴木貴明】

1.処方箋の監査(化学療法レジメンの監査)
  • 1)用法・用量
  • 2)化学療法歴の有無
  • 3)前投薬の確認
  • 4)患者の併発疾患,既往歴の確認
  • 5)臨床検査値の確認
2.薬剤管理指導
  • 1)入院時
  • 2)化学療法前
  • 3)化学療法施行時,施行後
  • 4)退院時

3.外来化学療法における適切な薬学的管理 【青山隆夫】

4.急性期医療(救急医療・集中治療・外傷治療等)における薬学的管理【髙梨 愛】

1.急性期医療の現場体制
2.急性期医療における薬剤師の業務
  • 1)医薬品管理
  • 2)常用薬確認
  • 3)カンファレンス・回診への参加
  • 4)指示内容の確認,投与経路の管理
  • 5)注射薬の調製と感染制御
  • 6)他職種への医薬品情報の提供・教育
  • 7)薬剤管理指導
  • 8)転室時の薬物治療調整
3.救急医療における薬学的管理
  • 1)初療への介入
  • 2)中毒(薬物中毒)への対応
4.集中治療における薬学的管理
  • 1)神経
  • 2)呼吸
  • 3)循環
  • 4)水・電解質・腎
  • 5)感染
  • 6)血液・凝固
  • 7)消化器・栄養

5.周産期医療・小児医療の薬学的管理 【小高賢一】

1.周産期医療における薬学的管理
  • 1)妊婦または妊娠可能な婦人に対する薬物療法の注意点
  • 2)授乳婦への薬物投与
2.小児医療における薬学的管理
  • 1)小児の薬物動態の主な特徴
  • 2)小児への用法・用量について
  • 3)小児への投与が「禁忌」もしくは注意を要する主な薬剤

6.臨床検査値の活用 【赤木祐貴】

1.主な臨床検査値
2.臨床検査値の変化と使用医薬品の関連性
  • 1)効果のモニタリング例
  • 2)副作用のモニタリング例
  • 3)相互作用のモニタリング例
3.院外処方箋に臨床検査値を印字する意義

7.薬物投与プロトコールやクリニカルパスの利用 【下村 斉】

1.プロトコールに基づく薬物治療管理(PBPM)
  • 1)PBPM の病院内での運用の流れ
  • 2)PBPM の具体的実践事例
2.クリニカルパスの活用
  • 1)クリニカルパスとは
  • 2)クリニカルパスのメリット
  • 3)クリニカルパスの作成・運用の流れ
  • 4)薬剤師のクリニカルパスへの関わり

第10章 薬局に特殊な業務

1.休日・夜間・緊急災害時対応【水 八寿裕】

1.休日・夜間対応
  • 1)休日・夜間における薬局の役割
  • 2)休日・夜間における薬局・薬剤師の対応
  • 3)休日・夜間における地域薬剤師会の対応
2.緊急災害時対応
  • 1)災害時の薬剤師の実際の活動
  • 2)災害に対する備えとBCP 策定の重要性

2.学校薬剤師【塚原俊夫】

1.学校薬剤師の歴史
2.学校薬剤師の職務について
  • 1)環境検査について
  • 2)健康相談と保健指導への参画
  • 3)学校の健康教育への役割について /
  • 4)これからの学校薬剤師

3.薬局製剤・漢方製剤【塚原俊夫】

1.薬局製剤とは
2.具体的な薬局製剤
3.薬局製剤のはじまり
  • 1)薬律に基づく製剤
  • 2)薬局売薬と公定処方45処方
  • 3)国民医薬品集収載品
  • 4)現在の状況:日本薬局方と漢方製剤
4.薬局製剤の製造販売において守るべき法律項目と義務
  • 1)申請届出について
  • 2)義務
  • 3)医薬品副作用健康被害救済制度
5.薬局製剤の要件について
6.代表的な薬局製剤を作成してみよう
  • 1)薬局製剤の製造の一連の流れ
  • 2)感冒剤13号Aを作成してみよう
7.薬局製剤の品質管理
8.薬局製剤の販売について
9.薬局製剤のもつ意味について

4.ドーピング防止活動【塚原俊夫】

1.ドーピングとは
2.ドーピング防止活動
3.うっかりドーピングを防ぐためには
4.スポーツファーマシスト
5.禁止物質・禁止方法について
6.これからのスポーツファーマシストに期待されること

第11章 セルフメディケーションの支援

1.プライマリ・ケア,セルフメディケーションとは【鹿村恵明】

1.プライマリ・ケアとは
2.セルフメディケーションとは

2.要指導医薬品・一般用医薬品の定義,スイッチOTC医薬品とダイレクトOTC医薬品【鹿村恵明】

1.要指導医薬品・一般用医薬品とは
  • 1)要指導医薬品の定義
  • 2)一般用医薬品の定義
2.スイッチOTC医薬品とダイレクトOTC医薬品
  • 1)スイッチOTC医薬品とは
  • 2)ダイレクトOTC医薬品とは
3.顧客(来局者)応対のシミュレーション

3.リスク分類と法律【鹿村恵明】

1.要指導医薬品・一般用医薬品の販売形態
2.医薬品の分類
3.要指導医薬品・一般用医薬品のリスク区分,販売方法,対応者
4.情報提供,陳列方法
  • 1)情報提供の場所
  • 2)販売制限
  • 3)販売前の事前確認,販売者等の情報伝達,販売記録
  • 4)医薬品使用開始後の注意点の説明
  • 5)セルフメディケーション税制
5.薬局における掲示事項(要指導医薬品・一般用医薬品関係)

4.副作用防止(一般用医薬品)【塚原俊夫】

1.一般用医薬品による副作用報告
2.おさえなくてはいけない副作用
  • 1)薬理作用から予測できる副作用
  • 2)予測できないアレルギーによる副作用
  • 3)長期連用による副作用
3.一般用医薬品の副作用と添付文書
  • 1)添付文書の副作用項目の確認
  • 2)医薬品販売時にまず確認する事項
4.副作用が起こった場合の対処について
  • 1)医薬品・医療機器等安全性情報報告制度
  • 2)医薬品副作用被害救済制度

5.医薬部外品・化粧品 【塚原俊夫】

1.医薬部外品
2.化粧品

6.機能性食品【塚原俊夫】

1.特定保健用食品(特保)
2.栄養機能食品
3.機能性表示食品

7.医療機器【塚原俊夫】

8.毒物・劇物 【塚原俊夫】

1.貯蔵
2.譲渡・販売
3.情報の提供義務(SDS)
4.事故・盗難の際の措置

『第3章 薬剤師業務 2.薬局』より抜粋

上 薬剤師業務の基本[知識・態度]第3版 立ち読み1 上 薬剤師業務の基本[知識・態度]第3版 立ち読み2

『第5章 医薬品管理 3.在庫管理』より抜粋

上 薬剤師業務の基本[知識・態度]第3版 立ち読み3 上 薬剤師業務の基本[知識・態度]第3版 立ち読み4 上 薬剤師業務の基本[知識・態度]第3版 立ち読み4

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758109383
  • 9784758109369
  • 9784758109277
  • 9784758109338
  • 9784758118057
サイドメニュー開く

TOP