Bioベンチャー:第1特集:創薬シーズとしての細胞間シグナル伝達分子 第2特集:研究室と病院をつなぐトランスレーショナル・リサーチ入門
Bioベンチャー 2004年5-6月号 Vol.4 No.3

第1特集:創薬シーズとしての細胞間シグナル伝達分子 第2特集:研究室と病院をつなぐトランスレーショナル・リサーチ入門

  • 松本邦夫,中村敏一/企画
  • 2004年04月20日発行
  • A4変型判
  • 120ページ
  • ISBN 978-4-89706-157-3
  • 定価:2,500円+税
  • 注文不可
    在庫:なし

第1特集:細胞間シグナル伝達分子は,神経・内分泌,免疫,再生・修復といった,本来生体のもつ高次の生体防御システムの機能を担っており,新薬誕生のための重要な創薬シーズとして大きな注目を集めている.本特集では,その中でも日本発の細胞間シグナル伝達分子,さらには医薬品化を実現するための先駆的研究をご紹介する.第2特集:基礎研究の成果をすみやかに臨床へ応用するトランスレーショナル・リサーチ(TR).まさに「研究室と病院」の橋渡しを担うTRは,アウトプット志向の昨今ますます重要性を増している.本特集では,「TRとは?」に答える入門編として,TRの基本的概念や現状,さらに国内でTRに積極的に取り組む「人」「施設」についてわかり易く解説する.

目次
第1特集 創薬シーズとしての
     細胞間シグナル伝達分子
     新薬誕生へ高まる期待

<概論>細胞間シグナル分子に基づく創薬と展望
松本邦夫 中村敏一
bFGFと創薬
田畑泰彦
HGFと創薬
森下竜一
アディポネクチンは生活習慣病治療の分子標的となりうるか
岩城正典 下村 伊一郎
NK4の発見・制癌戦略と創薬ベンチャー
松本邦夫 中村敏一
RANKL/ODFと創薬
保田尚孝
ミッドカイン〜創薬の新しいターゲット
村松 喬


第2特集 研究室と病院をつなぐ
トランスレーショナル・リサーチ入門


<概論>トランスレーショナル・リサーチとは
 ○病気とたたかうe-therapyを目指して〜
清水哲男
 ○「トランスレーショナル・リサーチの意義を見失わないでほしい」
浅野茂隆氏インタビュー
トランスレーショナル・リサーチ発展の鍵
 ○トランスレーショナル・リサーチの体制づくりと人材育成
津留美智代 永田見生
 Shortインタビュー バイオ統計学者の育成が急務
角間辰之氏
 Shortインタビュー 久留米大学のトランスレーショナル・リサーチへの取り組み
永田見生氏
本格的トランスレーショナル・リサーチ拠点
 ○京都大学探索医療センター/神戸先端医療センター/東京大学医科学研究所先端医療研究センター/
  大阪大学未来医療センター/久留米大学トランスレーショナル・リサーチ・センター(TRC)/
  その他,国内のトランスレーショナル・リサーチ拠点
 Shortインタビュー トランスレーショナル・リサーチ・センター設立のねらい
阿部正知氏

インタビュー

<Bio venture interview>
Amgen社の創設と躍進を支えたフロンティア精神(後編)
George Rathmann(Amgen社創設者),聞き手:荒川 力
<この人に聞く!>
大学研究者と企業の理想的な関係とは?
押村光雄
<特別インタビュー>
ゲノム,プロテオームからインテグレート創薬へ〜21世紀型創薬へのパラダイムシフト
野口照久


ニュース&レポート

<EUUPDATE>
vol.8 EU新規加盟国におけるバイオテクノロジーの取り組み
Fred Elgersma
<編集部レポート>
(株)生物技術研究所と(株)イーエムアイの合併
〜世界標準のCROを目指して〜
編集部


リサーチ&テクノロジー
<テクノ・トレンド>
超分子ヒドロゲルを利用したセミウェット型ペプチド/プロテインアレイの開発
吉村息吹 清中茂樹 浜地 格
<トピックス>
ES細胞の分化による機能的血小板のin vitro産生と再生医学への応用
藤元貴啓
小さな磁気構造
古川一暁
タンパク質の出会い系
有田正規
ポストゲル時代の夜明け
養王田 正文
青色発光ダイオード訴訟〜研究者に与える光と陰〜
森本久規

レクチャー

<大学法人化時代の技術マネジメント講座>
地域との産学コミュニティ〜中小企業・自治体・地域機関〜
谷口邦彦
<ウェット&ドライ〜もっと活用!バイオインフォマティクス>
その3 オープンソースとバイオインフォマティクス
坊農秀雅


コラム

<IPOまでの道のり>
第3回 資金調達は計画的に!
坂井知倫
<シリコンバレー転職騒動>
vol.3 アポ取り作戦とネットワーク
赤間 勉
<研究室でお夜食を>
小指が短いサギ師
村上義彦
<投資対象としてのバイオ産業〜日本のバイオの現状は〜>
第8回 日本のベンチャー企業の可能性(2)
坂口謙吾

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】Bioベンチャー:第1特集:創薬シーズとしての細胞間シグナル伝達分子 第2特集:研究室と病院をつなぐトランスレーショナル・リサーチ入門
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +200円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758120326
  • 9784758120289
サイドメニュー開く

TOP