ICLSコースガイドブック

改訂第3版 日本救急医学会

ICLSコースガイドブック

  • 日本救急医学会ICLSコース企画運営委員会ICLSコースガイドブック改訂ワーキング/編 小倉真治/監 杉野達也/著 
  • 定価 2,500円+税
  • 2012年02月発行
  • B6変型判
  • 101ページ
  • ISBN 978-4-7581-1720-3
  • 販売状況: 在庫なし 
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然の心停止に対する最初の10分間の蘇生処置を学ぶ,日本救急医学会ICLSコースの公式ガイド.今版はJRC蘇生ガイドライン2010に対応し,実技内容をより明確化!チーム蘇生の記載もさらに充実しました.

内容見本
内容見本1内容見本2内容見本3内容見本4
PDFダウンロード
目次

Introduction:ICLSコースの概略

● ICLSコース誕生の経緯

● ICLSコースの学習目標

● ICLSコースの特徴

● ICLSコースの開催状況

● コース受講にあたって

ICLSの実際

1)心肺蘇生の流れをつかもう

1.BLS・ALSアルゴリズム
2.鑑別診断の重要性
3.蘇生時の記録
4.チーム蘇生について

2)BLS

1.BLSの実際
2.安全に配慮したBLS
3.胸骨圧迫
4.AEDを用いたBLS

3)気道管理

1.酸素投与
2.気道確保と換気
3.バッグ・バルブ・マスク(BVM)を使いこなす
4.気管挿管を体験しよう
5.異物による気道の狭窄・閉塞

4)モニター・電気ショック

1.心停止の4つの波形
2.迅速な電気ショックの必要性について
3.マニュアル式除細動器の使い方
4.安全な電気ショックの実施
5.マニュアル式除細動器使用の注意点

5)輸液経路・薬剤投与

輸液経路・薬剤投与

6)シナリオステーション

シナリオでICLSをシミュレート

こちらの書籍もお勧めいたします

糖尿病 研究の“いま”と治療の“これから”
未知なるリンパ
生命の複雑性と個別性に挑む オープンシステムサイエンス
今すぐ始める! メタゲノム解析 実験プロトコール
All Aboutゲノム編集
マウス表現型解析スタンダード
はじめの一歩の生化学・分子生物学 第3版
羊土社会員