実験医学 1988年11月号 Vol.6 No.12

GTP結合蛋白質の新しい展開

  • 宇井理生/企画
  • 1988年10月20日発行
  • B5判
  • 106ページ
  • ISBN 100-0-1988-1100-0
  • 定価:1,500円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

今月号の特集は「GTP結合蛋白質の新しい展開」と題して,宇井理生先生にご企画いただきました.哺乳動物では,細胞内外の情報の転換はGTP結合蛋白質(G蛋白質)によって可能になります.この1〜2年でG蛋白質そのものよりもG蛋白質に関する様々な物質の発見があり,今後の研究の発展を示唆すると思われる話題を紹介します.

目次

特集

GTP結合蛋白質の新しい展開
企画/宇井理生
GTP結合蛋白質,最近の話題―序にかえて【宇井理生】
ヒト血小板とGTP結合蛋白質【永田浩一/野沢義則】
プロスタグランジン受容体とGTP結合蛋白質【根岸 学/伊藤誠二】
細胞膜のCaチャネルとG結合蛋白質【河西春郎】
GTP結合蛋白質とNDPキナーゼ【木村成道】
低分子量G蛋白質【菊池 章/高井義美】
ボツリヌス毒素のADPリボシル化反応とrho遺伝子産物,Gb【成宮 周】
RAS蛋白質研究の現状【清水憲二】
酵母接合因子のシグナル伝達に関与するG蛋白質【宮島郁子/新井賢一/松本邦弘】

トピックス

CURRENT TOPICS
TGF-β様因子は中胚葉誘導因子である【中村敏一】
神経成長因子により誘導される蛋白(神経の成長との関係)【浜 登希子】
カルシウム依存性プロテアーゼとそれを特異的に阻害する内在性インヒビターについて【榎森康文】
生殖細胞の増殖・分化に特異的なプロ卜オンコジンの発現【小路武彦】
言語機能を操作する部位はどこか―最近のPETスキャン研究をめぐって【岩田 誠】
ミニレビュー
癌遺伝子junは転写調節因子をコードする【西村哲治】

連載

総説
ショウジョウバエ体節形成遺伝子fushi tarazuの機能と調節機構【広海 健】
バイオテクノロジー実験講座 第Ⅲ部 細胞工学的技術
中枢神経細胞の培養【畠中 寛/津久井弘子】
学会・研究会レポート
第6回マウス分子遺伝学国際ワークショップ見聞記【米川博通】

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:GTP結合蛋白質の新しい展開
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +120円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125222
  • 9784758125215
  • 9784758103794
  • 9784758103787
  • 9784758125192
  • 9784758125185
  • 9784758103770
  • 9784758125161
  • 9784758125154
  • 9784758103756

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker
サイドメニュー開く

TOP