実験医学増刊 Vol.27 No.20

アレルギー疾患の免疫機構

免疫細胞・サイトカインからみたアレルギー発症機序と治療へ向けた臨床的アプローチ

  • 中西憲司,山本一彦/編
  • 2009年12月04日発行
  • B5判
  • 212ページ
  • ISBN 978-4-7581-0303-9
  • 定価:5,400円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内
PDFダウンロード

近年社会的な関心もますます高まるアレルギー疾患.本書では,いま注目の好塩基球の新たな機能から,アレルゲン研究など環境面からのアプローチ,喘息やアトピー性皮膚炎等の治療戦略まで,その最前線を結集.

目次

第Ⅰ部 アレルギー疾患の基礎研究

概論 新しいアレルギーの概念【中西憲司】

  • Th1アジュバントとTh2アジュバント
  • アレルギー炎症は複雑で多様な病態から構成
  • 上皮性サイトカインは自然型アレルギーを誘導する
  • 好塩基球はTh2を選択的に誘導するAPCである
  • アレルギー疾患の基礎研究(第(特)部の構成)

第1章 アレルギー疾患に関連するT細胞およびB細胞

1.アレルギー病態におけるTh1細胞の新たな役割【本村泰隆/久保允人】
  • アレルギー病態におけるTh1/Th2
  • アレルギー病態におけるIL-13の役割
  • IL-13の産生とTh1・Th2細胞
  • T細胞における新規のIL-13発現制御機構
  • 基本ロイシンジッパー転写因子Nfil3
2.Th2細胞分化とアレルギー発症のエピジェネティクス【山下政克】
  • GATA3によるTh2サイトカイン発現のエピジェネティック制御
  • GATA3の発現調節機構
  • Th2細胞形質維持の分子機構
3.NKT細胞による免疫制御機構とアレルギー発症のメカニズム【渡会浩志/谷口 克】
  • NKT細胞による免疫調節機構
  • NKT細胞サブセット
  • IL-17RB+NKT細胞によるアレルギー発症のメカニズム
4.Th17細胞とアレルギー【梶原直樹/大保木啓介/大野建州/斎藤博久/中江 進】
  • IL-17-IL-17受容体ファミリー
  • Th17細胞
  • Th17細胞と喘息
  • Th17細胞とアレルギー性結膜炎,鼻炎,食物アレルギー
  • Th17細胞と接触型皮膚炎
  • Th17細胞と遅延型過敏症
5.制御性T細胞とアレルギー疾患【山口智之/坂口志文】
  • Foxp3発現制御性T細胞
  • 制御性T細胞と外来性抗原
  • CTLA-4を介した免疫抑制
  • 多様な制御性T細胞
  • 制御性T細胞の臨床応用に向けて
6.B細胞活性化とIgE産生の分子機構【鍔田武志】
  • B細胞の活性化と胚中心反応
  • クラススイッチ
  • IgE産生の制御機構

第2章 アレルギー疾患に関連する免疫細胞群

1.好酸球,好塩基球,肥満細胞の分化経路【岩崎浩己/赤司浩一】
  • 好酸球の分化経路と好酸球前駆細胞の純化同定
  • 好酸球コミットメントを制御する転写因子
  • 好塩基球,肥満細胞の分化経路
  • 好塩基球/肥満細胞前駆細胞の純化同定
  • 好塩基球/肥満細胞分化を制御する転写因子
2.受容体による肥満細胞の活性化制御【中村 晃/高井俊行】
  • 肥満細胞の活性化
  • 抑制型受容体
3.アレルギーにおける好塩基球の新たな役割【烏山 一】
  • 慢性アレルギー炎症における好塩基球の重要性
  • 全身性アナフィラキシーにおける好塩基球の重要性
4.好塩基球のIL-4産生における細胞内シグナル伝達機構【瀧 伸介/肥田重明】
  • FcεR-架橋刺激によるIL-4産生の誘導
  • IL-3刺激によるIL-4産生の誘導機構
  • そのほかの刺激によるIL-4産生誘導
5.好塩基球によるTh2細胞の誘導【善本知広】
  • 脾臓好塩基球はin vitroでTh2細胞を誘導する
  • 骨髄由来好塩基球はin vitroでTh2細胞を誘導する
  • 抗原-IgE複合体は効率よく好塩基球に取り込まれ抗原提示される
  • OVAでパルスした好塩基球は生体内でTh2細胞を誘導する
  • 抗原とIgE抗体の複合体は好塩基球依存的に生体内でTh2細胞を誘導する
6.アレルギーとアジュバント【安田好文/中西憲司】
  • アジュバントについて
  • T細胞の分化
  • Th2型免疫応答誘導性のアジュバント
  • alum
  • TSLP

第3章 アレルギー疾患に関連するサイトカイン群

1.IL-4/IL-13で誘導されるアレルギー性炎症【出原賢治/白石裕士/鈴木章一/太田昭一郎】
  • IL-4とIL-13のシグナル伝達機構
  • 気管支喘息の発症機序におけるIL-4/IL-13の関与
  • IL-4/IL-13による喘息における新規の発症機序
  • IL-4/IL-13を標的とした治療薬の開発
2.IL-5と好酸球で誘導されるアレルギー性炎症【長井良憲/高津聖志】
  • IL-5のシグナル伝達
  • 好酸球の分化,好酸球特異的前駆細胞におけるIL-5シグナル
  • アレルギー性炎症における好酸球とIL-5の役割
  • IL-5を標的とした抗体療法
3.IL-18はアレルギー性炎症の起爆剤か?【筒井ひろ子】
  • super Th1細胞
  • 感染型アトピー症
  • IL-18分泌機構
  • 黄色ブドウ球菌によるアトピー性皮膚炎マウスモデル
4.IL-25によるアレルギー性炎症誘導機構【中島裕史/玉地智宏】
  • IL-25の構造
  • IL-25の産生細胞
  • アレルギー性気道炎症におけるIL-25の役割
  • IL-25応答性細胞
  • IL-25のシグナル伝達機構
5.IL-33とアレルギー【大保木啓介/大野建州/梶原直樹,斎藤博久/中江 進】
  • 核内因子DVS-27/NF-HEVからIL-33としての再発見
  • IL-33受容体とシグナル伝達機構
  • IL-33とアレルギー疾患
  • IL-33の標的細胞
  • Danger モデル,“Alarmin”としてのIL-33
6.TSLPで誘導されるアレルギー性炎症の制御【伊藤量基】
  • TNF-αとIL-10:向炎症性と抗炎症性サイトカイン
  • TSLP:上皮由来のアレルギー性炎症トリガー
  • OX40L:炎症誘発分子
  • Th1環境下でのOX40Lの機能
  • アレルギー性炎症に対する新たな治療戦略
  • ImidazoquinolineとBCG

第Ⅱ部 臨床からみたアレルギー疾患

概論 アレルギー疾患への臨床的アプローチ【山本一彦】

  • アレルギー疾患とその病因
  • マウスの免疫学とヒトの免疫学
  • 新たな治療の方向性

第4章 アレルゲンとアレルギー疾患

1.アレルゲン研究の最前線【高井敏朗】
  • 治療用アレルゲンワクチン標準化の現状と未来
  • 古くて新しい問い:「アレルゲンはなぜアレルゲンになるのか?」
2.アレルギー疾患におけるアレルゲンの最近の話題【中澤卓也】
  • スギ花粉アレルゲン
  • ダニアレルゲン
  • ペットのアレルゲン
  • 食物アレルゲン
  • 昆虫アレルゲン
3.抗原特異的免疫療法の現状とその作用機序【岡本美孝】
  • 抗原特異的免疫療法(減感作療法)の現状
  • 舌下粘膜投与による抗原特異的免疫療法の現状
  • 抗原特異的免疫療法の作用機序
  • スギ花粉症に対する舌下免疫療法の臨床試験の現状
4.アレルギーの遺伝要因 -自然免疫応答の関与【原田通成/広田朝光/人見祐基/玉利真由美】
  • TSLP遺伝子多型と喘息
  • IL-18遺伝子多型と成人喘息重症化
  • 全ゲノムを網羅した遺伝子多型とアレルギー形質との症例対照相関解析
  • 遺伝子多型と自然免疫システムによる喘息の発症や重症化,遺伝子間の相互作用
  • 喘息重症化と感染
5.アレルギーと環境因子【足立雄一】
  • アレルゲン量や空気汚染物質の増加
  • 衛生仮説
6.気管支喘息の発症メカニズム【土肥 眞】
  • 抗原提示細胞による抗原認識とT細胞の活性化
  • T細胞
  • 肥満細胞
  • 好酸球
  • 好中球
  • 好塩基球
  • 気道上皮細胞
  • 気道リモデリングと上皮細胞-間葉系細胞連関
  • まとめ:喘息の発症機構
7.アトピー性皮膚炎のメカニズム【島田眞路】
  • アトピー性皮膚炎(AD)と動物モデル
  • ヒトのアトピー性皮膚炎(AD)とTh2細胞活性化─セントラルドグマ
8.学童のスギ花粉感作についての疫学研究【竹中 洋/小笹晃太郎】
  • 小児の経年的観察
  • 考察:出生とスギ花粉症との関連
9.食物アレルギーの発症メカニズム【中尾篤人】
  • 食物アレルギー発症における抗原側の要因
  • 食物アレルギーと腸管バリア機能
  • 食物アレルギーと経口免疫寛容
  • 母乳中TGF-βと食物アレルギー
10.薬物アレルギー【山口正雄】
  • 頻度
  • 病因・病態
  • 臨床症状
  • 診断・検査
  • 治療・予後
  • 症例提示

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学増刊:アレルギー疾患の免疫機構〜免疫細胞・サイトカインからみたアレルギー発症機序と治療へ向けた臨床的アプローチ
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +432円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +820円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1050円
第2地帯(ヨーロッパ) +1050円
第3地帯(アフリカ、南米) +1370円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2180円
第2地帯(ヨーロッパ) +2400円
第3地帯(アフリカ、南米) +2740円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125260
  • 9784758122429
  • 9784758103817
  • 9784758125239
  • 9784758125222
  • 9784758103794
  • 9784758122054
  • 9784758108386
  • 9784758120012
  • 9784758107242

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker
サイドメニュー開く

TOP