実験医学増刊 Vol.39 No.15

神経免疫 メカニズムと疾患

神経系と免疫系を結ぶ分子機構の解明からバイオマーカー・治療標的の探索まで

  • 山村 隆/編
  • 2021年09月03日発行
  • B5判
  • 201ページ
  • ISBN 978-4-7581-0397-8
  • 定価:5,940円(本体5,400円+税)
  • 在庫:あり
書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内
本書を一部お読みいただけます

21世紀に入ってから,神経系と免疫系にまたがる研究テーマが増え,好むと好まざるにかかわらず,多くの研究者が「神経免疫」にかかわりをもつようになった.現在では,「神経免疫」という言葉に違和感を感じる読者は少ないかもしれない.しかし,20世紀の終わり頃まで,神経系と免疫系は,それぞれ交わらない閉じた世界であり,「神経免疫学(Neuroimmunology)」は神経と免疫の隙間を埋める小さな学問領域としての位置づけに甘んじていた.ちょうど神経科学ではニューロン回路網の研究や細胞生物学が隆盛を極め,免疫学ではT細胞やB細胞の基礎的な知見の増大,あるいはサイトカインの発見が相次いだ時代であった.しかし神経系と免疫系を切り分けたままでは解決できない科学的・医学的な問題が数多く存在することが明らかになり,この10年間で状況は大きく変化した.…

山村 隆(国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部)

続きを読む
PDFダウンロード

神経系と免疫系はそれぞれ巨大ネットワークとして生命機能を司っているだけでなく,相互に影響を与え合っていることが知られています.本書ではそのメカニズムから疾患との関連,治療応用まで最新知見を紹介します.

目次

序にかえて 神経免疫学の歴史と研究動向【山村 隆】

総論 神経免疫疾患の動物モデル【三宅幸子】

総論 脳内マクロファージの新時代―多様性が映す中枢性疾患と神経免疫【増田隆博】

第1章 神経免疫のメカニズム

Ⅰ.神経炎症の誘導と制御(リンパ球)

1.急性神経炎症:Th17細胞とSema4A【奥野龍禎,熊ノ郷 淳】
2.二次進行型多発性硬化症のT細胞依存性神経細胞障害と慢性炎症【大木伸司】
3.中枢神経炎症制御:iNKT細胞とMAIT細胞【三宅幸子】
4.制御性T細胞による中枢神経炎症制御【伊藤美菜子,山本伸一,大谷木正貴,吉村昭彦】
5.中枢神経炎症:自己免疫性T細胞の生体内イメージング【川上直人】

Ⅱ.神経炎症の誘導と制御(臓器連関)

6.腸内細菌と中枢神経系炎症【大野博司】
7.多発性硬化症におけるGut-Brain axis【門脇 淳】
8.神経免疫病態におけるmicroRNAの意義【木村公俊】
9.交感神経によるリンパ球動態の制御―その生理的意義と臨床応用の可能性【鈴木一博】
10.迷走神経による腸管Treg細胞の維持機構【金井隆典,寺谷俊昭,三上洋平】
11.血液を介した臓器連関ネットワークによる神経回路修復の制御【米津好乃,三澤日出巳,村松里衣子】

Ⅲ.グリア細胞研究と神経免疫

12.アストロサイトと神経障害性疼痛【津田 誠】
13.Glymphatic system研究の現状から見たアクアポリン4とアルツハイマー病の関連【森田光洋,安井正人】
14.血液脳関門の透過性に対する免疫学的考察【池上暁湖,和氣弘明】

第2章 神経免疫と疾患

Ⅰ.疾患の新たな理解に向けて

1.ミクログリアと神経変性疾患【山中宏二】
2.脳梗塞後のDAMPsによる無菌的炎症の役割【中村幸太郎,七田 崇】
3.多発性硬化症の病態において腸内細菌が果たす役割【竹脇大貴,山村 隆】
4.自律神経系が免疫標的となる神経疾患【中根俊成】
5.神経免疫疾患としての筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群ME/CFS【佐藤和貴郎】
6.精神疾患と神経炎症【石渡小百合,功刀 浩】

Ⅱ.神経免疫疾患:近年の動向

7.多発性硬化症治療薬:最近の動向【宮﨑雄生,新野正明】
8.多発性硬化症:遺伝因子研究【磯部紀子】
9.視神経脊髄炎の免疫病態と新規治療【千原典夫】
10.抗アセチルコリン受容体抗体陽性重症筋無力症の免疫病態―濾胞性T細胞を含めたTh偏倚【芦田真士,近藤誉之】
11.自己免疫性脳炎【大石真莉子,神田 隆】
12.MOG抗体関連疾患(MOGAD)の臨床像【中島一郎】

第3章 新しい治療のアプローチ

1.ヘテロ核酸の免疫介在性神経疾患治療における核酸医薬の可能性【横田隆徳】
2.ALSに対する抗体療法開発の現状【漆谷 真】
3.Guillain-Barré症候群に対する抗C5モノクローナル抗体療法【水地智基,桑原 聡】

索引

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学増刊:神経免疫 メカニズムと疾患〜神経系と免疫系を結ぶ分子機構の解明からバイオマーカー・治療標的の探索まで
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +540円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758122108
  • 9784758120982
  • 9784758103824
  • 9784758120807
  • 9784758125413
  • 9784758123693

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • VarsityWave eBooks
  • m2plus eBookStore
  • Kinoppy
  • 医書.jp
サイドメニュー開く

TOP