バイオ実験法&必須データポケットマニュアル〜ラボですぐに使える基本操作といつでも役立つ重要データ

バイオ実験法&必須データポケットマニュアル

ラボですぐに使える基本操作といつでも役立つ重要データ

  • 田村隆明/著
  • 2006年06月15日発行
  • B6変型判
  • 324ページ
  • ISBN 978-4-7581-0802-7
  • 定価:3,200円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

実験に必要な色々な資料,あちこちに散らばっていませんか?本書はバイオ実験の汎用プロトコールと関連データをポケット判にギュッと凝縮した,新しい実験書です.毎日の実験はこの1冊におまかせ!

目次

1部 実験法の解説+プロトコール編

第1章:実験の基礎

1.実験の準備
2.溶液
【プロトコール】
  • 溶液の作製と保存
3.基礎的操作
4.ラジオアイソトープ実験
5.組換えDNA実験の安全性

第2章:DNAを扱う

1.DNAの性質
2.操作の基本
【プロトコール】
  • DNAを送る
  • 吸光度測定によるDNAの定量
  • エチジウムブロマイドによるDNAの検出
3.沈殿濃縮法
【プロトコール】
  • エタノール沈殿
  • イソプロパノール沈殿
  • PEG沈殿
4.その他の濃縮法
【プロトコール】
  • 遠心濃縮機による濃縮
  • 有機溶媒による脱水
  • 有機溶媒除去
5.抽出による精製
【プロトコール】
  • フェノール抽出(標準的な抽出操作)
  • フェノール/クロロホルム(クロロパン)抽出
  • クロロホルム抽出
6.その他の精製法
【プロトコール】
  • 低分子物質の除去1 <透析>
  • 低分子物質の除去2 <ゲルろ過>
  • DEAEセルロースを用いる精製法
7.高分子核酸とヌクレオチドの分離
【プロトコール】
  • DNAのみをフィルターに吸着させる

第3章:基本となるDNA実験

1.制限酵素を使う
【プロトコール】
  • 制限酵素を使ったDNAの切断
2.修飾酵素を使う
【プロトコール】
  • 5′端の脱リン酸化反応
  • 5′端のリン酸化反応
  • ベクターにインサートを組み込む
3.PCRによるDNA増幅
【プロトコール】
  • Taq DNAポリメラーゼを使ったPCR
  • TAクローニング
4.ポリアクリルアミドゲル電気泳動
【プロトコール】
  • 中性ゲル(未変性ゲル)による分離
  • ゲルからのDNA抽出
  • 変性ゲル(尿素ゲル)を使った電気泳動
  • ゲルの乾燥
5.アガロースゲル電気泳動
【プロトコール】
  • アガロースゲルの作製からDNA検出まで
  • ゲルからのDNA回収
6.超遠心機を用いる分離方法
【プロトコール】
  • ショ糖密度勾配によるDNA断片の分離
  • 塩化セシウム平衡遠心によるDNAの分離・精製
  • 形態によるDNAの精製

第4章:DNA解析実験

1.DNAシークエンシング
【プロトコール】
  • アイソトープを使うマニュアルシークエンシング
  • サイクルシークエンシングとオートシークエンサーを用いる方法
2.細胞DNAの抽出
【プロトコール】
  • 培養細胞や動物組織からDNAを抽出する
  • 核DNAの精製(DNA抽出の準備)
3.サザンブロッティング
【プロトコール】
  • ステップ1・制限酵素の消化とゲル電気泳動
  • ステップ2・メンブランへのトランスファーと固定
  • ステップ3・ハイブリダイゼーションおよび検出
4.DNAの標識
【プロトコール】
  • ランダムプライマー法
  • ニックトランスレーション
  • 3′突出DNA末端の3′端標識法
  • 5′突出DNA末端の3′端標識法
  • 5′末端標識法
5.培養細胞へのDNA導入
【プロトコール】
  • トランスフェクション法1 リン酸カルシウム法
  • トランスフェクション法2 リポフェクション法
  • トランスフェクション法3 エレクトロポレーション法

第5章:RNAを用いる実験

1.RNA操作
2.細胞からのRNA抽出と精製
【プロトコール】
  • SDS-フェノール法(抽出の基本型)
  • AGPC(Acid-Guanidium-Phenol-Chloroform)法(GTCを用いる方法)
  • GTCを用いる抽出キット
  • タンパク質,DNAの分解操作を含む抽出方法
  • 動物組織の処理
  • ポリ(A)RNAの精製(Oligo-dTラテックスを用いる方法)
3.特異的RNAの検出
【プロトコール】
  • 変性アガロースゲル電気泳動によるRNAの分離
  • ノザンブロッティング
  • RNaseプロテクション
  • RT-PCR
4.標識RNA調製
【プロトコール】
  • RNAプローブの合成

第6章:タンパク質に関する実験

1.タンパク質の濃度測定
【プロトコール】
  • 比色法
2.タンパク質の取り扱い
3.タンパク質濃縮法
【プロトコール】
  • 硫安沈殿
  • アセトン沈殿
  • TCA沈殿
4.低分子の除去
5.細胞からのタンパク質抽出
【プロトコール】
  • 抽出液の調製
  • 細胞溶解液の作製
  • 動物組織の処理
6.SDS-PAGE
【プロトコール】
  • ステップ1・SDS-PAGE用のゲルの作製
  • ステップ2・試料の前処理と電気泳動
  • ステップ3・CBB染色
7.抗体を使ったタンパク質実験
【プロトコール】
  • ウエスタンブロッティング
  • 免疫沈降法
8.組換えタンパク質
【プロトコール】
  • 大腸菌からの組換えタンパク質調製

第7章:大腸菌,プラスミド,ファージに関する操作

1.大腸菌
2.培地
【プロトコール】
  • 培地作製法
  • IPTGとX-galを使ったカラーセレクション
3.培養
4.プラスミド
5.プラスミドを細胞へ導入する
【プロトコール】
  • ケミカルコンピテントセル作製法1
  • ケミカルコンピテントセル作製法2
  • トランスフォーメーション法
  • エレクトロコンピテントセル作製法
  • エレクトロポレーション
6.プラスミドの抽出,精製
【プロトコール】
  • フェノールを用いる簡易抽出法
  • アルカリ溶解法(アルカリプレップ)
  • ボイルプレップ
  • 大量精製法(アルカリ法と塩化セシウム密度勾配遠心法の組み合わせ
7.ファージの利用
【プロトコール】
  • プラークアッセイ
  • ファージの増殖
  • ファージDNAの調製

2部 実験に必要なデータ編

第1章:実験の基礎

【Data】
  • 分子量,モル濃度,分子数
  • 主な水溶性試薬の分子量
  • 主な水溶性試薬(市販品)の濃度
  • 水の電離とpH
  • pH標準液
  • 主なバッファーの適用pH範囲
  • 様々なバッファーの組成表
  • pH指示薬の変色域
  • Tris-HClバッファーの温度によるpHの変化
  • 回転数と遠心加速度の関係
  • オートクレーブの圧力と温度
  • 殺菌法
  • 放射能に関する単位
  • 生物学で使用されるRI
  • 主要RIの減衰率

第2章:DNAを扱う

【Data】
  • 塩基,ヌクレオシド,ヌクレオチド
  • DNAに関する換算式
  • 代表的DNAのデータ
  • 核酸の吸光度

第3章:基本となるDNA実験

【Data】
  • 制限酵素認識配列に関するクロスインデックス
  • 制限酵素の性質
  • 利用可能な主なメチラーゼ
  • 主なDNAポリメラーゼの特性と用途
  • 主なDNAポリメラーゼの反応液組成
  • 主なヌクレアーゼの反応条件
  • 主なヌクレアーゼの特性と用途
  • アクリルアミドゲル濃度とDNAの分離能(未変性ゲルの場合)
  • 低分子用DNAサイズマーカー
  • 変性ゲルにおける色素マーカーの移動度
  • アガロースゲルの分離能
  • 種々のアガロースの用途
  • 高分子用DNAサイズマーカー
  • ローターの特性
  • 塩化セシウム溶液のパラメーター

第4章:DNA解析実験

【Data】
  • ヒト細胞中の核酸含量など
  • 組織培養用抗生物質
  • 培養器の容量
  • よく使われる株化細胞

第5章:RNAを用いる実験

【Data】
  • RNAのOD測定
  • 分子量,重量,モル数,塩基数の換算
  • rRNAの大きさ
  • 逆転写酵素の特性

第6章:タンパク質に関する実験

【Data】
  • 遺伝コード(普遍コードを示す)
  • 機能性コドンとミトコンドリアのコドン
  • アミノ酸データ
  • タンパク質の分子量とDNA長
  • タンパク質の吸光度と濃度の関係
  • 主なプロテアーゼインヒビター
  • 主な界面活性剤
  • 硫酸アンモニウム濃度
  • 0℃における種々の濃度の硫安溶液の作製
  • ゲルろ過担体の種類とその性能
  • SDS-PAGEで直線的に分離できるタンパク質のサイズ
  • SDS-PAGE用マーカータンパク質
  • 抗体とプロテインA/G/Lとの結合
  • 大腸菌において稀なコドンの真核生物での使用頻度
  • 組換えタンパク質に使用されるタグ

第7章:大腸菌,プラスミド,ファージに関する操作

【Data】
  • 培地1l を作るのに必要な成分
  • 汎用プラスミドの構造
  • ファージ用大腸菌
書評・感想
  • 基本的な操作でふと何だったけ?と思った時、知りたいと思った時にすぐに手に取って調べられる。

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】バイオ実験法&必須データポケットマニュアル〜ラボですぐに使える基本操作といつでも役立つ重要データ
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +256円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +470円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +600円
第2地帯(ヨーロッパ) +600円
第3地帯(アフリカ、南米) +770円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758122412
  • 9784758120951
  • 9784758122382
  • 9784758122375
  • 9784758125031
  • 9784758120838
  • 9784758101981
  • 9784897068756
  • 9784897069203
  • 9784758107105

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker
  • VarsityWave eBooks
  • Kinoppy
サイドメニュー開く

TOP