類似薬の使い分け 改訂版〜症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2
  • 内容見本3

類似薬の使い分け 改訂版

症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる

  • 藤村昭夫/編
  • 2014年08月04日発行
  • A5判
  • 342ページ
  • ISBN 978-4-7581-1753-1
  • 定価:3,700円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

大好評書の改訂版!よく出会う疾患別に,類似薬の特徴と使い方の違いを比較して解説.類似薬が一覧できる分類図や豊富な症例も掲載し,患者に合った適切な使い分けがわかる.薬選びに困っている全ての医師へ!

目次

第1章 降圧薬【大蔵隆文/檜垣實男】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 高血圧患者にまず行うべきこと
  • 高血圧の治療方針
  • 降圧薬治療
  • 併用療法
  • 系統間での使い分け
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • β遮断薬(含むαβ遮断薬)
  • Ca拮抗薬
  • ARB

第2章 抗不整脈薬【志賀 剛】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 不整脈治療の基本
  • 抗不整脈薬の分類
  • 不整脈別の治療方針
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • Ⅰ群抗不整脈薬(Naチャネル遮断薬)
  • Ⅱ群抗不整脈薬(β遮断薬)
  • Ⅲ群抗不整脈薬(Kチャネル遮断薬)
  • Ⅳ群抗不整脈薬(Ca拮抗薬)

第3章 狭心症治療薬【竹内和彦/渡邉裕司】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 狭心症発作の制御における狭心症薬の使い分け
  • 心血管事故に対する二次予防薬
  • 急性冠症候群と安定狭心症の鑑別に基づいた治療薬の選択
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • 硝酸薬
  • β遮断薬
  • Ca拮抗薬
  • 抗血小板薬
  • その他の狭心症薬

第4章 脂質異常症治療薬【安藤 仁】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 脂質異常症患者にまず行うべきこと
  • 脂質異常症の治療方針
  • 高LDL-C血症にはスタチン
  • 高TG血症にはフィブラート
  • 高LDL-C血症,高TG血症,低HDL-C血症のどれを優先して治療すべきか
  • 薬物療法のフォローアップ
  • 脂質改善効果が不十分な場合
◆各系統での類似薬の使い分け
  • スタチン
  • フィブラート

第5章 糖尿病治療薬【宮本倫聡/石橋 俊】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 糖尿病治療の目的
  • 糖尿病の病態評価
  • 経口血糖降下薬の適応
  • 系統間での使い分け
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • スルホニル尿素薬
  • 速効型インスリン分泌促進薬
  • α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)
  • DPP-4阻害薬

第6章 消化性潰瘍治療薬【鷹取 元/金子周一】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 消化性潰瘍とは?
  • 病態生理
  • 症状
  • 診断
  • 治療方針
  • 初期治療
  • H.pylori除菌療法
  • NSAIDs潰瘍
  • 維持療法
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • プロトンポンプ阻害薬(PPI)
  • ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2RA)
  • H.pylori除菌薬
  • 防御因子増強薬

第7章 抗炎症薬(NSAIDs を中心に)【秋山陽一郎/簑田清次】

◆ NSAIDsの概要
  • 抗炎症薬とは?
  • NSAIDsの作用機序
  • NSAIDsの分類と使い分け
  • NSAIDsの副作用
◆ NSAIDsの使い分けと処方の実際
  • NSAIDsの適応症
  • 各疾患におけるNSAIDsの処方例

第8章 気管支拡張薬【相良博典】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • COPD患者に気管支拡張薬を使用する前にまず行うべきこと
◆ 各気管支拡張薬の特徴と類似薬の使い分け
  • β2刺激薬
  • 抗コリン薬
  • テオフィリン薬(キサンチン誘導体)
  • 長時間作用型抗コリン薬/長時間作用型β2刺激薬
  • 吸入ステロイド/長時間作用型β2刺激薬

第9章 鎮咳薬【藤原真治】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 鎮咳薬の種類
  • 中枢性鎮咳薬(狭義の鎮咳薬,いわゆる“咳止め”)
  • 末梢性鎮咳薬
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • 中枢性鎮咳薬
  • ステロイド
  • 気管支拡張薬
  • ヒスタミンH1受容体拮抗薬

第10章 皮膚疾患治療薬

i. 蕁麻疹治療薬【高田 実】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 蕁麻疹の定義:紅斑との違い
  • 蕁麻疹の病型分類と臨床的特徴
  • 病型別の蕁麻疹の治療
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • ヒスタミンH1受容体拮抗薬
  • 補助的治療薬
  • 副腎皮質ステロイドを用いる場合

ii. 湿疹皮膚炎治療薬【大槻マミ太郎】

  • アトピー性皮膚炎治療薬のグローバルスタンダード:ステロイド外用薬とタクロリムス軟膏
  • ステロイド外用薬の使用法
  • タクロリムス軟膏の使用法
  • 内服療法について

第11章 抗菌薬【相野田祐介/平井由児/戸塚恭一】

◆ 抗菌薬を使う前に
  • 戦うには,まずは敵を知ること
  • 大事なことはいつも一緒
  • 自分の病院を知ろう
  • 感受性の読み方〜MICを縦読みしない
  • 治療のメルクマールを見誤らない
  • 治療期間を設定しよう〜過剰な投与は避けましょう〜
  • 抗菌薬の系統と種類
  • PK/PD
  • 移行性の問題
◆ 各起因菌と抗菌薬の選択
  • 感染症の有無と抗菌薬の必要性
  • 菌と治療薬の選択

第12章 睡眠薬【岡山雅信】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 不眠の訴えにまず行うこと
  • 不眠症の一般的知識
  • 睡眠薬の系統の選択
  • 服薬指導
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • ベンゾジアゼピン受容体作動性睡眠薬
  • メラトニン受容体作動性睡眠薬

第13章 抗不安薬【三瀬順一】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 不安を訴える患者に行うべきこと
  • 症状の観点から
  • 作用時間の観点から
  • 有害作用の観点から
  • 費用の観点から
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • ベンゾジアゼピン系(BZD)
  • SSRI
  • その他

第14章 抗うつ薬【近藤年隆/林 有希/岡安寛明/下田和孝】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • うつ病患者に対し治療開始前にまず行うべきこと
  • うつ病の治療方針
  • SSRI・SNRI
  • 三環系・四環系抗うつ薬
  • その他
  • ベンザミド系抗精神病薬
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
  • セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)
  • 三環系・四環系抗うつ薬

第15章 認知症治療薬【新井平伊】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 認知症患者にまず行うべきこと
  • 認知症の治療方針
  • 中核症状を先に治療するか,BPSD治療が先か?
  • 認知症に対する保険適用薬
  • 認知症に対する保険適用外使用薬
  • 治療評価のポイント
  • 薬物療法のフォローアップ
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • コリンエステラーゼ阻害薬
  • NMDA受容体拮抗薬
  • 血管性認知症の治療薬

第16章 抗てんかん薬【山形崇倫/松本 歩】

◆ 疾患の概要と診断,治療
  • 痙攣を起こした患者にまず行うこと
  • てんかんの治療
◆ 各抗てんかん薬の適応と注意点
  • バルプロ酸(VPA:デパケン®,デパケン®R,セレニカ®Rなど)
  • カルバマゼピン(CBZ:テグレトール®
  • ゾニサミド(ZNS:エクセグラン®
  • フェノバルビタール(PB:フェノバール®,ノーベルバール®
  • フェニトイン(PHT:アレビアチン®),ホスフェニトイン(ホストイン®
  • エトスクシミド(ESM:エピレオプチマル®,ザロンチン®
  • ベンゾジアゼピン系薬
  • 新たな抗てんかん薬

第17章 骨粗鬆症治療薬【竹内靖博】

◆ 疾患の概要と系統間での使い分け
  • 骨粗鬆症治療の対象と目的
  • 骨粗鬆症患者全般に必須な治療
  • 既存骨折をもつ患者に対する治療
  • 既存骨折のない患者に対する治療
  • 椎体圧迫骨折急性期で疼痛の強い患者に対する治療
  • 続発性骨粗鬆症の患者に対する治療
◆ 各系統での類似薬の使い分け
  • ビスホスホネート製剤
  • 抗RANKL抗体
  • SERM(ラロキシフェン,バゼドキシフェン)
  • テリパラチド
  • 活性型ビタミンD3製剤
  • ビタミンK2製剤
  • カルシトニン製剤

『第12章 睡眠薬』より抜粋

類似薬の使い分け 改訂版 立ち読み1 類似薬の使い分け 改訂版 立ち読み2 類似薬の使い分け 改訂版 立ち読み3

−中略−

類似薬の使い分け 改訂版 立ち読み4

−後略−

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】類似薬の使い分け 改訂版〜症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +296円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +750円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +960円
第2地帯(ヨーロッパ) +960円
第3地帯(アフリカ、南米) +1250円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758116275
  • 9784758118439
  • 9784758123358
  • 9784758116213
  • 9784758118392
  • 9784758116084
  • 9784758116053
  • 9784758106931
  • 9784758109055
  • 9784758117500

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • VarsityWave eBooks
  • Kinoppy
  • m2plus eBookStore
  • 医書.jp
サイドメニュー開く

TOP