咳の診かた、止めかた〜ガイドラインだけではわからない日常診療の疑問に答えます!
書籍を購入する

咳の診かた、止めかた

ガイドラインだけではわからない日常診療の疑問に答えます!

  • 藤森勝也/編
  • 定価 4,200円+税
  • 2016年11月04日発行
  • B5判
  • 247ページ
  • ISBN 978-4-7581-1795-1
  • 販売状況: 注文可能
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「色々試しても咳が止まらない」「原因がはっきりしない」など,日常診療でよく出会う「咳」の悩みを,この1冊でまるごと解決!臨床像などの基礎知識や初期治療のコツといった,診療に活かせるポイントが満載.

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2内容見本3内容見本4
PDFダウンロード
目次

序【藤森勝也】

第1章 総論

1. 本邦における「持続する咳嗽」の臨床研究をたどる【藤森勝也,鈴木榮一,菊地利明】

2. 咳嗽のあれこれ【藤森勝也,鈴木榮一,菊地利明】

第2章 咳嗽の基礎

1. 中枢性鎮咳薬の作用機序 ニューロンレベルでの作用【髙濱和夫】

2. 末梢(咳受容体)からみた咳嗽発生機序【亀井淳三】

第3章 咳嗽の臨床

総論

1. 診断のための問診,身体所見,各種検査【藤森勝也,鈴木榮一,菊地利明】

各論

A 急性咳嗽
  • 1. 感染性咳嗽 病態生理と抗菌薬使用の考え方【黒川 允,菊地利明】
  • 2. 成人百日咳と咳嗽 近くに同じ症状の人がいないかに注意【野上裕子】
B 持続する乾性咳嗽(胸部X線写真に異常所見がみられない場合)
  • 1. 咳喘息 まずは中用量のICSから! 吸入剤は患者にあったものを選択【新実彰男】
  • 2. アトピー咳嗽 咳喘息との鑑別のため,病態をしっかり把握する!【藤村政樹】
  • 3. 胃食道逆流による咳嗽 QUEST や F スケール問診票を有効活用!【藤森勝也,鈴木榮一,菊地利明】
  • 4. かぜ症候群(感染)後咳嗽 自然軽快傾向にあるが長引く場合は薬物療法を!【藤森勝也,鈴木榮一,菊地利明】
  • 5. ACE阻害薬による咳嗽 投与中止が原則だが,再投与や鎮咳作用の報告されている薬物療法も考慮する【塩谷隆信】
  • 6. 心因性咳嗽 安易に決めつけずに,器質的疾患の可能性を考える!【西 耕一】
  • 7. 喉頭アレルギーと咳嗽 基本的な治療法はヒスタミンH1受容体拮抗薬【内藤健晴】
C 持続する乾性咳嗽(胸部X線写真に異常所見がある場合)
  • 1. 間質性肺炎と咳嗽 問診,検査,CT を含めた総合的な判断を!【髙田俊範】
D 持続する湿性咳嗽(胸部X線写真に異常所見がみられない場合)
  • 1. タバコと咳嗽(慢性気管支炎) 慢性気管支炎の最大の治療は禁煙【松本久子】
  • 2. 気管・気管支結核と咳嗽,喀痰 通常の肺結核の好発年齢に比べるとやや若年〜中年女性に多く,気管支喘息との間違いに注意!【塚田弘樹】
E 持続する湿性咳嗽(胸部X線写真に異常所見がある場合)
  • 1. 副鼻腔気管支症候群(後鼻漏を含む)と咳嗽,喀痰 後鼻漏を認めたら副鼻腔炎を疑え!【藤枝重治】
  • 2. 肺癌による咳嗽,喀痰 肺癌のスクリーニングにはまず胸部単純X線【阿部徹哉】
F 頻度の多い呼吸器疾患と咳嗽,喀痰
  • 1. COPDと咳嗽,喀痰 40 歳以上,10-pack-year 以上の喫煙歴ではCOPDを疑う【平田一人,浅井一久】
  • 2. 典型的気管支喘息(咳喘息を除く)と咳嗽,喀痰 治療ステップに応じた薬剤の使い分けを身につける!【岩永賢司,東田有智】
G その他
  • 1. 環境真菌と慢性咳嗽 担子菌類のBjerkandera adusta(ヤケイロタケ)の重要性【小川晴彦】
  • 2. 咳嗽治療に漢方薬を使ってみよう【藤森勝也,菊地利明,鈴木榮一】
  • 3. プライマリ・ケアの現場で「長引く咳嗽」の診断・治療に困ったら【藤森勝也,菊地利明,鈴木榮一】

『第3章 咳嗽の臨床 C 持続する乾性咳嗽(胸部X線写真に異常所見がある場合)』より抜粋

咳の診かた、止めかた 立ち読み1 咳の診かた、止めかた 立ち読み2 咳の診かた、止めかた 立ち読み3 咳の診かた、止めかた 立ち読み4

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758117852
  • 9784758117708
  • 9784758117890
  • 9784758123167
  • 9784758117944

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • VarsityWave eBooks
  • M2PLUS eBookStore
  • Kinoppy
  • 医書.jp
サイドメニュー開く

TOP