現代生命科学 第2版

  • 東京大学生命科学教科書編集委員会/編
  • 2019年02月21日発行
  • B5判
  • 198ページ
  • ISBN 978-4-7581-2091-3
  • 定価:2,800円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

東大発,トピックを軸に教養としての生命科学が学べる決定版テキストが改訂!がん免疫療法,IoT,臨床研究法といった新規概念の解説を追加.日本人ノーベル賞受賞者の紹介などコラムもより充実.

目次

第Ⅰ部 現代生命科学の基礎

第1章 生命科学とは何か

1 生物とは何か
  • (1) 細胞と呼ばれる構造体からできている
  • (2) 遺伝物質DNA をもち,情報を記録・複製する
  • (3) 環境からの刺激に応答する
  • (4) ATP を合成し,そのエネルギーを用いて生活・成長する
2 地質時代と生物の変遷
3 生物の系統と系統樹
4 ヒトの起源と進化
5 細胞を構成する分子
  • タンパク質
  • 脂質
  • 核酸
6 生命科学の誕生
7 自然科学とは何か
8 21世紀の生命科学
Column
  • 化石人類と現生人類
  • デニソワ人の謎
  • 進化と苦味受容
  • ツタンカーメンの母親は誰だったか
  • ウイルスは生物か?

第2章 生命はどのように設計されているか

1 細胞の発見
2 細胞の大きさと多様性
3 細胞の成り立ちと細胞内小器官
  • 真核細胞と原核細胞
  • 細胞内小器官の概要
  • 小胞(膜)輸送系
  • 酸化的代謝系
  • 独自のDNAを含む細胞内小器官
  • 細胞骨格
4 遺伝情報の伝達
  • 遺伝子と染色体
  • DNAの発見と二重らせん構造
  • 正確な遺伝子複製のしくみ
5 現代遺伝学
  • 転写,翻訳―DNA,RNA,タンパク質
  • 遺伝子という言葉,ゲノムという概念
  • ヒトゲノムとは
  • 真核生物の遺伝子構造の特徴
  • スプライシングによる遺伝子の多様性
  • 細胞構造と遺伝子発現
Column
  • 細胞内輸送の異常
  • オートファジーのしくみの発見
  • ミトコンドリアDNA
  • 植物になり損ねたマラリア原虫
  • メンデルの法則と単一遺伝子疾患
  • 人工生命の作製は可能?

第3章 ゲノム情報はどのように発現するのか

1 ゲノム 生物種を規定する配列情報
2 個人差と種差
  • 個人差とゲノム
  • 遺伝子多型
  • 種差とゲノム
3 ゲノムからみた生殖 性はなぜ存在するか
  • 父と母―さまざまな性の形態
  • 性の起源
  • 生殖細胞と減数分裂
4 遺伝と環境のかかわり
  • 体質と遺伝子の関係
  • 生活環境が及ぼす影響
5 遺伝子の発現を調節するもの
  • 生体高分子の相互作用を介した遺伝子転写調節のしくみ
  • DNA やタンパク質に対する化学修飾
6 エピゲノム ゲノムに対する後天的修飾
  • 染色体DNA の構造が遺伝子発現調節に関与する
  • エピゲノムに寄与する化学修飾
  • 細胞は記憶する:エピゲノム情報の維持
  • エピゲノム情報が初期化されるとき
Column
  • ヒトの遺伝子はいくつあるのか?
  • 知る権利,知らないでいる権利
  • 化学修飾あれこれ
  • 三毛猫のまだら模様を決めるX 染色体の不活性化
  • ヒストンコード
  • ゲノムの化学修飾が病気につながる例

第Ⅱ部 生命科学研究で明らかになった生命のしくみ

第4章 複雑な体はどのようにしてつくられるか

1 発生の初期過程 卵割と三胚葉形成
2 体の基本形の構築 体軸形成と神経誘導
3 細胞分化と器官形成
4 動物の発生と進化
5 生殖細胞の形成と哺乳類の発生
  • ヒトの生殖細胞と発生
6 成長と老化
7 細胞分化の全能性・多能性・多分化能と幹細胞
8 再生医療
Column
  • ホメオティック遺伝子の役割
  • 植物の発生―花器官形成のしくみ
  • 線虫の細胞系譜
  • 細胞の寿命を決めるテロメアとエピゲノム修飾
  • 成熟細胞の初期化に成功:iPS 細胞の誕生

第5章 脳はどこまでわかったか

1 ヒトの脳の構造
2 大脳皮質
3 神経細胞
4 神経伝達
  • 受容体とリガンド
5 記憶と長期増強
6 脳機能の計測
  • fMRI
  • PET
  • X線CT
  • その他の方法
7 認知症
Column
  • 植物状態からの脳機能の回復
  • ガルの骨相学
  • 言語と遺伝子
  • 「臨界期」にご注意
  • 運動が脳に及ぼす影響
  • NMDA受容体と記憶力の関係
  • うつ病はなぜ起こるのか?
  • 頭のよくなる薬?
  • 脳のGPS システム

第6章 がんとはどのような現象か

1 がんとは
2 細胞増殖および細胞死
  • 細胞増殖の抑制の異常
  • 細胞増殖因子の機能とその異常
  • 細胞増殖因子からのシグナル伝達とその異常
  • 細胞間の対話と細胞増殖
  • アポトーシスとその異常
3 発がんとがん遺伝子,がん抑制遺伝子
  • 遺伝子の傷
  • がん遺伝子,がん抑制遺伝子
  • 多段階発がんモデル
4 がんの診断と病理学
  • がん細胞であることの判断
  • 腫瘍組織内の微小環境
  • がん細胞の個性
5 がんの治療
  • 手術
  • 放射線治療
  • 化学療法
  • ホルモン療法
  • 分子標的治療薬療法
  • 免疫療法
6 がんの進行と転移
  • がんの進行
  • がん転移
Column
  • 細胞のシグナル伝達
  • タバコによる発がん
  • がんの遺伝子診断
  • がん幹細胞
  • Bench to bedside(B2B)
  • たねと土の仮説

第7章 私たちの食と健康の関係

1 食べるとは
2 消化と吸収
3 消化管の共生微生物
4 酵素
5 生物エネルギーとATP
6 ヒトの代謝の基本経路
7 エネルギーのバランス
8 エネルギーバランスのしくみ
9 食と健康をめぐる最近の話題
  • 肥満:エネルギーバランスの乱れ
  • メタボリックシンドローム
  • 食の安全
Column
  • なぜ消化器は消化されないか?
  • 蓄積するのはなぜ脂肪か?
  • 食品中のDNA の行方
  • いろいろな発酵と食品
  • 食欲と睡眠の関係
  • 脂肪細胞
  • 肥満の指標BMI と太りすぎ,やせすぎ
  • 食の安全と食の安心
  • BSE問題
  • 農薬の必要性と危険性の度合い

第8章 ヒトは病原体にどのように備えるか

1 人類と感染症の戦い
2 微生物と感染
  • 感染とは
  • 細菌の感染
  • 真菌の感染
  • ウイルスの感染
  • 感染から症状発生へ至るしくみ
3 免疫とは何か
  • 免疫系の成り立ち
  • 免疫を担う細胞と組織
4 免疫応答のしくみ
  • 免疫系が感染を感知して応答するしくみ
  • 体液性免疫と細胞性免疫
  • 免疫記憶
  • アレルギー
  • 免疫応答の制御と自己免疫
Column
  • 抗菌薬と耐性菌
  • 抗寄生虫剤イベルメクチンの開発
  • 結核
  • 新型インフルエンザ
  • うがい・手洗い・咳エチケット
  • ヒト白血球抗原(HLA)と拒絶反応
  • 抗体
  • 多様な抗体を生成する遺伝的原理の解明
  • 花粉症とアレルギー
  • 自己免疫疾患と感染症の間にあるもの
  • 免疫チェックポイント分子の発見とそのがん治療への応用

第9章 環境と生物はどのようにかかわるか

1 環境と適応
  • 極限環境
  • 進化と適応放散
  • 人間がつくる環境への適応
  • 適応進化と中立進化
2 恒常性と環境応答
  • 恒常性の維持
  • 環境応答の原理
  • 恒常性を打破する環境応答
3 有性生殖と環境適応
  • 有性生殖と無性生殖
  • 多様性を生み出すしくみ
4 生物と環境の相互作用:光合成
  • 地球環境と光合成
  • 土壌の形成
  • 個体群とヒトの特殊性
  • 生物群集と食物連鎖
5 生態系の構造と動態
  • 生態系のエネルギー流
  • 生態系の物質循環
6 生物多様性と地球環境の保全
  • 生態系のバランス
  • 日本の里山
Column
  • ダーウィンと適応放散
  • 植物のダイナミックな環境応答―気孔の開閉
  • 有性生殖は本当に環境適応に有効か?
  • 光は植物にとって有害,O2は生物にとって有害?
  • 大気中のCO2濃度の上昇と地球温暖化
  • なぜ陸上植物は緑色か?
  • ヒトが自然とうまく付き合うために
  • 地球温暖化―「不都合な真実」とIPCCによるノーベル平和賞受賞後の騒動
  • 特異な生態系とその構築原理―サンゴ礁と腸内

第Ⅲ部 生命科学技術の進歩と社会との関係

第10章 生命科学技術はここまで進んだ

1 古い歴史をもつバイオ技術
  • 発酵という伝統の食文化
  • 酵素を取り出すという発想
2 バイオ技術としての新しい医薬品生産
3 品種改良の歴史
  • 古い歴史をもつ農作用や家畜の選抜
  • 新しいバイオ技術で生まれた遺伝子組換え生物
  • ゲノム編集技術を用いた新しい育種の可能性
4 微量のDNA を増幅させるPCR 技術
5 研究手法の進展
6 生命活動の計測と補助
Column
  • 分子標的治療薬ーイマチニブを例に
  • ゲノム時代における遺伝子資源の重要性
  • アグロバクテリウムによる遺伝子組換え植物作製
  • 最初の遺伝子組換え食品
  • 狙った遺伝子配列を切断するゲノム編集技術の例
  • 日本の食糧事情と遺伝子組換え食品
  • PCRを用いた病原体検出,個人特定
  • 農業工学ーバイオエタノール
  • 緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見と応用
  • 生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発
  • 放射線とDNA損傷

第11章 生命科学に関する倫理的・法的規制はどのようになっているか

1 倫理規範の生成と展開
2 日本における医療・生命科学研究の規制
  • 医療に関する規制
  • 医学・生命科学研究に関する規制
3 臨床研究の規制
  • 臨床研究とは何か
  • 医学系研究指針の規制
  • 臨床研究法の規制
4 その他の研究の規制
  • ゲノム研究規制
  • クローン・胚細胞研究規制
  • ES細胞研究・再生医療研究規制
Column
  • 生命倫理学と生命倫理4原則
  • 脳死・臓器移植の規制
  • 倫理委員会と研究審査のあり方
  • 生殖補助医療と倫理
  • 生命科学研究と知的財産権
  • 動物実験の意義と倫理原則

第12章 生命科学の新たな展開

1 生命科学の新たな展開
  • 目的論と機械論
  • 還元論と全体論
  • 自然発生説論争
  • 負のエントロピー概念
  • 分子レベルのサイバネティクス
  • 複雑系科学からのアプローチ:散逸構造と自己組織化
2 物質科学に根ざした生命の理解の変遷
  • 生命の起源と化学進化・生物進化・人工生命
  • 生物と生命:動的な考え方
  • 生命の駆動力としての自由エネルギー
  • オミックスとシステム生物学
  • 合成生物学と制御システム
  • 物質科学に根ざした生命の動的な理解に向けて
Column
  • パスツールの白鳥の首型フラスコ
  • ベナール対流
  • カウフマンが考えた自己触媒ネットワーク
  • 異なる動物の遺伝子制御ネットワークの比較

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】現代生命科学 第2版
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +224円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758120869
  • 9784758120753
  • 9784758120005
  • 9784758120876
  • 9784758120579
サイドメニュー開く

TOP