Gノート増刊:総合診療力をググッと上げる!感染症診療〜実はこんなことに困っていた!現場の悩みから生まれた納得のコツ
書籍を購入する
Gノート増刊 Vol.3 No.2

総合診療力をググッと上げる!感染症診療

実はこんなことに困っていた!現場の悩みから生まれた納得のコツ

  • 濱口杉大/編
  • 定価 4,800円+税
  • 2016年03月01日発行
  • B5判
  • 236ページ
  • ISBN 978-4-7581-2312-9
  • 販売状況: 注文可能(在庫あり)
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感染症にもっと強くなる!「高齢者や入院患者,終末期患者ではどうする?入院できない患者の場合は?特殊感染症だったら?検査所見の活用法は?」など専門医がいない病院・診療所でどう診るか経験豊富な医師らが解説

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2内容見本3内容見本4内容見本5内容見本6内容見本7
PDFダウンロード
目次

推薦のことば【岸田直樹】

序【濱口杉大】

第1章 総合診療医が感染症を診断するうえで重要なコツ

1. 感染症診療での病歴聴取のコツ【佐藤泰吾】

2. 感染症診療での身体所見のコツ【片岡 祐,川島篤志】

3. 感染症診療での検査所見の活用のコツ【宮本翔平,永井友基】

4. 感染症診療での画像検査の活用のコツ【矢部正浩】

第2章 総合診療医が身につけておくべき感染症の知識

1. グラム染色【岩田啓芳】

2. 抗菌薬【向坊賢二,川口篤也】

3. 培養結果や検査結果の解釈【中川 麗】

4. ワクチン【福井慶太郎】

5. 感染対策で気をつけている点 〜標準予防策と感染経路別予防策【大野直義】

第3章 総合診療でよくある悩ましい状況における感染症診療

1. 高齢者の感染症(病院編)【山梨啓友,前田隆浩】

2. 高齢者の感染症(診療所編)【川端大史】

3. 慢性期入院患者の感染症診療 〜症状がはっきりしない発熱にどう対処する?【山内 純】

4. 小児の感冒 〜総合診療医・家庭医はこうみる【山田康介】

5. がんターミナル患者の感染症【東 光久】

6. 入院できない患者,させられない患者【神廣憲記】

第4章 特殊感染症の患者さんに出会ったら

1. ターニングポイントで考える結核診療【稲熊良仁】

2. HIV診療【米本仁史,上田剛士】

3. 免疫低下患者の感染症診療【都築誠一郎,植西憲達】

4. 輸入感染症【濱口杉大】

第5章 感染症科のない私たちの施設ではこうしています

1. 中小規模病院の総合診療科で行う感染症診療【中川紘明】

2. 大病院の総合診療科で行う感染症診療【石丸裕康】

3. 診療所で行う感染症診療【谷口洋貴】

4. 訪問診療で行う感染症診療【堀 哲也】

5. 療養病床で行う感染症診療【島崎貴治】

第6章 総合診療医と感染症診療の発展

1. 感染症と研修医教育【菅藤賢治,佐藤健太】

2. 国際医療協力【浦木健彦】

3. 臨床研究と感染症 〜研究経験がなくてもできる! 感染症研究のすすめ【濱口杉大】

『第3章 総合診療でよくある悩ましい状況における感染症診療』より抜粋

Gノート Vol.3 No.2 増刊 立ち読み1 Gノート Vol.3 No.2 増刊 立ち読み2 Gノート Vol.3 No.2 増刊 立ち読み3

−後略−

書評・感想
  • 卓越した臨床能力をもつ濱口杉大 先生が企画された「感染症診療」の本と聞き,手に取らずにはいられなくなった.没頭し一気に読んだ.これは総合診療医の立場で書かれた感染症診療の本である.感染症の非専門医が最新の知識を学び,日常診療に深みをもたせるのに最適な書である.

    第1章の「総合診療医が感染症を診断するうえで重要なコツ」では,時間軸と空間軸(個体,生活,社会,環境)を意識した病歴聴取が紹介されている.病歴や身体所見は「狙ってとりにいく」姿勢がとても大切である.鑑別診断を想定しながら,その疾患に特徴的な症状や身体所見を探しに行くのである.

    第2章では,グラム染色や抗菌薬の選び方,ワクチン接種について,総合診療医が身につけておくべき基本的かつ重要なメッセージが散りばめられている.国家試験に合格し診療をはじめたばかりの初期研修医にもぜひ一読していただきたい.抗菌薬の基本的な選択法を効率よく学ぶことができる.

    よくある悩ましい状況における感染症診療の実例として,病院や診療所における高齢者感染症,症状がはっきりしない慢性期入院患者の発熱,がんターミナル患者の感染症が第3章では論じられている.実臨床では,このようなケースは非常に多い.肺エコーの積極的な活用など,自分の今までのプラクティスを大いに反省させられる内容がたくさんあった.

    あらゆる疾患が診療対象となる総合診療では特殊な感染症(結核,HIV,免疫低下患者,輸入感染症)に遭遇することがある.免疫不全患者では,皮膚粘膜バリア障害,好中球減少,細胞性免疫障害,液性免疫障害に分け系統的に考える.ステロイド使用中の患者における細胞性免疫低下はよく遭遇する.第4章で取り上げられている細胞性免疫障害時に問題となる微生物についての考察は特に重要である.ウイルス(HSV,VZV,EBV,CMV),細菌(レジオネラ,リステリア,抗酸菌,ノカルジア,サルモネラ),真菌(アスペルギルス,クリプトコッカス,ニューモシスチス)の感染症に思いをはせる必要がある.

    第5章には感染症科のない施設でどのような取り組みがなされているかの紹介がある.そして,第6章では若手医師への教育,国際医療協力,臨床研究について語られている.濱口先生らしい,まとめであった.読み終わったあとに清涼感が残る書籍である.

    総合診療医は病院の規模や地域社会のニーズに応じて,自分の診療姿勢を自由に変えることができる医師である.勉強すべき領域は広いが,その分,やりがいも大きい.教育に熱い情熱をもつことも重要だ.この本に書かれたことを実践しよう.総合診療力がググッと上がりそうである.

    山中克郎(諏訪中央病院 総合内科)

  • 私が研修医だった20年近く前は世間的にはようやく臨床感染症へ目が向けられはじめた黎明期でした.感染源を同定する努力をする,抗菌薬は熱冷ましではない.CRPだけで,診療しない.今では当たり前のことですが,つい20年近く前はそうではありませんでした.この本を拝読して,短期間に日本の臨床感染症のレベルが確実に上がっているのだと実感しました.

    本の内容は,教科書的な印象はなく,個々の著者の経験を強く反映しながらもエビデンスとの融合が計られ,現場の楽しさや苦しさ,その醍醐味がよく伝わって来ます.多少くどいかなと思う部分もありますが,それはむしろ現場目線で書かれてることの裏返しだと感じました.

    “私はこう説明しています” と書かれたまとめは実臨床で大変参考になります.それぞれの項目も,疾患別ではなく,背景因子や置かれた環境などで単元がわかれており,この点も現場に即したものであると感じました.

    内科を標榜する医師であれば,いやむしろ医療者なら一度は目を通してほしい内容だと感じました.

    西原崇創

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758103503
  • 9784758123037
  • 9784758117654
  • 9784758117746
  • 9784758123112
サイドメニュー開く

TOP