実験医学増刊 Vol.22 No.11

成熟・展開する

アポトーシス研究

分子機構や個体レベルの解析,非アポトーシス型細胞死研究への拡がりから疾患解明・医療応用まで

  • 辻本賀英,一條秀憲/編
  • 2004年07月20日発行
  • B5判
  • 218ページ
  • ISBN 978-4-89706-104-7
  • 定価:5,400円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

※本書の正誤表はこちらをご参照下さい.

発生・癌・神経疾患・免疫などさまざまな現象にかかわるアポトーシス.近年では,アポトーシス誘導の多様な機構の解明が進むとともに,これまであまり明らかでなかった非アポトーシス型細胞死についても研究が進みつつある.また,アポトーシス関連分子は治療や創薬ターゲットとしても注目され,疾患とアポトーシスのかかわりも精力的に研究されている.本書ではそれらのトピックスを含め,細胞死研究の最新成果を第一線で活躍する研究者が紹介します!

目次

概論:細胞死研究の新たな展開と挑戦【一條秀憲】

  • アポトーシスの誘導と開始機構
  • アポトーシスの決定・実行過程とその制御機構
  • 非アポトーシス型細胞死
  • 個体レベルでの細胞死研究と疾患

第1章 アポトーシスの引き金

1. デスレセプターとDISC関連分子【岡本一男,米原 伸】

  • デスレセプターの概要
  • Fasを介したアポトーシス誘導シグナル伝達機構
  • Fas下流で機能する関連分子

2. TGF-βスーパーファミリーとアポトーシス【福田直美,斉藤正夫,宮園浩平】

  • TGF-βスーパーファミリーのシグナル伝達
  • TGF-βスーパーファミリーによるアポトーシスの生理学的役割
  • TGF-βスーパーファミリーによるアポトーシスの分子機構

3. アポトーシス誘導における細胞縮小化とClチャネルの役割【岡田泰伸,清水貴浩】

  • アポトーシス性細胞容積減少(AVD)は分オーダーの早い現象である
  • AVDの発生はKチャネルとClチャネルの活性化によってもたらされる
  • AVD誘導性Clチャネルは容積センサーClチャネル(VSOR)であり,そのシグナルに活性酸素種が関与する
  • アポトーシスにはVSOR活性化とAVD発生が不可欠であるようだ

4. p53によるアポトーシス制御とその新展開【荒川博文】

  • DNA傷害時におけるp53の活性化
  • p53による転写制御を介したアポトーシス誘導
  • p53による転写制御を介さないアポトーシス誘導
  • dependence receptorとp53によるその制御
  • p53類似タンパク質によるアポトーシス制御
  • その他の話題

5. BH3-onlyタンパク質:DNA傷害によるアポトーシス誘導の実行因子としての役割【渋江 司,谷口維紹】

  • BH3-onlyタンパク質の特徴
  • BH3-onlyタンパク質の役割
  • BH3-onlyタンパク質の作用機構

6. DNA二重鎖切断によるアポトーシス【清水重臣,小西昭充,辻本賀英】

  • DNA二重鎖切断によるアポトーシスの分子機構
  • X線誘導性アポトーシスにおけるミトコンドリア上流でのシグナル
  • ミトコンドリア膜透過性亢進因子としてのヒストンH1.2

7. 小胞体ストレスによるアポトーシス【片山泰一,遠山正彌】

  • 小胞体ストレスの定義と生体の反応
  • ERストレスが引き起こす細胞死

第2章 アポトーシスの実行・制御

1. Bcl-2ファミリー概論【清水重臣,辻本賀英】

  • アポトーシスのシグナル伝達機構
  • Bcl-2ファミリータンパク質の構造と分類
  • BH3-onlyタンパク質の機能
  • Bax/Bakの活性化機構
  • Bcl-2ファミリータンパク質の生理機能

2. IAPとその阻害因子【鈴木泰行,高橋良輔】

  • IAPファミリータンパク質
  • IAP阻害タンパク質
  • IAPとその阻害タンパク質によるアポトーシス制御

3. PI3K-Akt経路によるアポトーシス抑制機構とその阻害剤開発の現状【藤田直也,鶴尾 隆】

  • PI3K-Akt経路の活性制御機構
  • PI3K-Akt経路による細胞生存・増殖の制御機構
  • PI3K-Akt経路を標的にした抗癌剤開発の現状

4. ASK1の活性化機構とアポトーシスの制御【高河原周一,武田弘資,一條秀憲】

  • ASK1の構造と活性制御
  • ASK1によるアポトーシスの制御
  • ASK1結合分子による活性制御機構

5. SAPK/JNK系の活性化機構と生理的役割【仁科博史,中川健太郎,堅田利明】

  • 胎仔肝形成に必須な2種類のSAPK/JNK活性化因子SEK1とMKK7
  • SEK1とMKK7による相乗的なSAPK/JNK活性化機構
  • SAPK/JNK活性化と細胞の生死の制御

6. 細胞内小器官特異的caspase活性化機構と細胞死シグナル【光田輝彦,中川敏幸】

  • caspaseファミリーについて
  • 細胞内小器官におけるcaspase活性化とアポトーシス

7. アポトーシスを司るDNAエンドヌクレアーゼ【田沼靖一,塩川大介,小林隆信】

  • アポトーシスにおけるDNA断片化
  • アポトーシスDNase
  • 筋芽細胞分化に伴うアポトーシスにおけるDNaseγの関与

第3章 非アポトーシス型細胞死

1. 虚血による細胞死【新沢康英,辻本賀英】

  • 虚血により誘導される細胞死
  • 虚血時に誘導されるcaspase非依存的細胞死とその形態的特徴
  • 核収縮因子の同定
  • 虚血による細胞死とPLA2
  • PLA2の核移行

2. オートファジーを伴う細胞死【水島 昇】

  • 細胞内分解系としてのオートファジー
  • オートファジーの分子機構
  • オートファジーの阻害方法
  • オートファジーのモニター方法
  • 「オートファジー」と「オートファジーを伴う細胞死」との混乱
  • 細胞死におけるオートファジーの意義

3. 神経変性疾患と細胞死【垣塚 彰】

  • ポリグルタミン病
  • 異常タンパク質を認識するセンサータンパク質としてのVCPの同定
  • 神経変性疾患発症におけるVCPの関与の可能性
  • 異常タンパク質の蓄積とVCPとERストレス
  • 酸化ストレスとVCP

4. 癌と非アポトーシス型プログラム細胞死【北中千史】

  • 癌関連遺伝子と非アポトーシス型プログラム細胞死
  • 抗癌剤と非アポトーシス型プログラム細胞死
  • 癌における非アポトーシス型プログラム細胞死の役割:Ras依存的非アポトーシス型細胞死

第4章 生体における細胞死

1. タンパク質分解系による死の制御〜ショウジョウバエからのブレイクスルー【倉永英里奈,三浦正幸】

  • ショウジョウバエにおける技術的メリット
  • ショウジョウバエの細胞死制御経路

2. ショウジョウバエの個体発生と細胞死【木村賢一】

  • 頭部形成におけるHox遺伝子による細胞死制御
  • 中枢神経系における正中グリア細胞(midline glia :MG)の細胞死制御
  • 変態過程におけるホルモンによる細胞死制御

3. リンパ球選択とアポトーシス【鍔田武志】

  • 胸腺における選択とT細胞アポトーシス
  • Bリンパ球の選択とアポトーシス

4. アポトーシスによる配偶子選別のしくみと意義【中西義信,白土明子】

  • 生殖巣の成立と配偶子形成
  • 生殖細胞成熟過程でのアポトーシス
  • アポトーシスによる生殖細胞選別の意味
  • アポトーシスによる生殖関連器官の機能調節

5. 両生類における筋の発生運命とプログラム細胞死のしくみ【西川彰男】

  • 変態期の細胞死を引き起こすのは甲状腺ホルモンだけではない
  • 筋細胞死は尾だけでなく胴の背筋にも起こる
  • 幼生型筋のプログラム死は筋前駆細胞のレベルで起こる
  • To be or not to be? 成体型筋芽細胞と幼生型筋芽細胞の生死運命の調節

6. 脳発生と細胞死【大石康二,後藤由季子】

  • 発生初期の細胞死
  • 形態変化に伴う細胞死
  • 散発的に起こる細胞死
  • 非アポトーシス型細胞死

第5章 細胞死と疾患

1. Fasリガンドによるアポトーシスと炎症と癌【須田貴司】

  • アポトーシスと炎症の分子機構の類似性
  • Fasリガンドによる炎症の抑制と促進
  • Fasリガンドと炎症性疾患と癌

2. パーキンソン病のドパミン神経細胞死【望月秀樹,安田 徹,古谷 剛,水野美邦】

  • 家族性パーキンソン病
  • 弧発性パーキンソン病

3. アルツハイマー病と神経細胞死【今泉和則】

  • アルツハイマー病について
  • アルツハイマー病原因遺伝子プレセニリンと神経細胞死

4. タンパク質構造異常による細胞死と糖尿病【浦野文彦】

  • 小胞体ストレス(ERストレス)とunfolded protein response(UPR)
  • IRE1経路の異常によって引き起こされる糖尿病
  • PERK経路の異常によって引き起こされる糖尿病

関連情報

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学増刊:成熟・展開する アポトーシス研究〜分子機構や個体レベルの解析,非アポトーシス型細胞死研究への拡がりから疾患解明・医療応用まで
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +432円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +890円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1140円
第2地帯(ヨーロッパ) +1140円
第3地帯(アフリカ、南米) +1490円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2180円
第2地帯(ヨーロッパ) +2400円
第3地帯(アフリカ、南米) +2740円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758103824
  • 9784758125253
  • 9784758122429
  • 9784758120999
  • 9784758122412
  • 9784758125246
  • 9784758122405
  • 9784897068770
  • 9784897061115
  • 9784897069401

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker
サイドメニュー開く

TOP