ビジュアル基本手技シリーズ

写真とイラストでよくわかる!

注射・採血法 改訂版

適切な進め方と,安全管理のポイント

  • 菅野敬之/編
  • 2012年02月21日発行
  • A4判
  • 221ページ
  • ISBN 978-4-89706-350-8
  • 定価:4,200円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

“なんとなく”が“自信”に変わる,大好評書籍の改訂版!中心静脈路確保や骨髄穿刺など,医師が知りたい手技が満載.さらに,うまくいかない時の対応やリスクマネジメントも詳細に解説!確実な手技が身に付きます.

目次

PARTⅠ 基礎・準備編

§1 採血のための基礎知識【大塚将秀】

1-1.採血の目的
  • 採血で得られる情報
Column
  • 採血しないで得られる血液情報
1-2.採血の分類
  • 静脈血
  • 動脈血
  • 毛細血管血
  • 混合静脈血
  • 中心静脈血
Column
  • 血液はどこも同じか
  • 採血によって腫瘍のある場所を診断する話
  • 血液培養は動脈血でないといけないか

§2 注射のための基礎知識【大塚将秀】

2-1.注射の目的
  • 注射の目的
2-2.注射の部位
  • 静脈
  • 筋肉内
  • 皮下
  • 皮内
  • 中心静脈
  • 動脈
  • 骨髄
  • そのほか(くも膜下,関節内,硬膜外,胸腔内,腹腔内)
Column
  • 皮内テスト
  • 筋注とクレアチンキナーゼ(CK)
2-3.注射の方法
  • 一回注入
  • 持続注入(翼状針,留置針)
  • 間欠的反復注入
  • そのほか(動注ポート,IVHポート,持続皮下注)
Column
  • 「緩徐に静注」の「緩徐」とは
  • ヘパリン と ヘパリンロック
  • 持続皮下注の限界
  • 新しい鎮痛法:patient-controlled analgesia(PCA)

§3 そのほかの基礎知識【大塚将秀】

3-1.解剖学的知識
  • 皮膚・皮下組織
  • 筋肉
  • 末梢静脈
  • 太い静脈
  • 動脈
  • 骨髄
  • リンパ管
  • 神経系
  • 血液
Column
  • 大事な静脈弁(滴下不良と下肢静脈瘤)
  • 中心静脈とは
  • 乳がん術後の静脈路確保
  • なぜ詰まるのか
3-2.薬物濃度
  • 薬はいつ効くか
  • 投与法による血中濃度変化

§4 注射・採血に必要な器具(準備と使用方法)【関口美和/繁田正毅】

4-1.注射・採血に必要な器具
4-2.消 毒
  • 消毒とは
  • 消毒薬の種類
Column
  • 消毒はディスポ製品が主流~包交車もなくなる?~
4-3.駆血帯
  • 駆血帯とは
  • 市販の駆血帯
Column
  • ビニールコードや幅が狭いヒモはなぜいけないか
4-4.シリンジ
  • 種類
  • 構造・名称
  • 材質
  • プレフィルドシリンジ
Column
  • 使用済みシリンジや注射針の行方
  • ICタグで医療廃棄物を追跡
  • バイオハザードマークの種類と色分け
4-5.注射針
  • 種類
  • 構造・名称
  • 太さとカラーコード
Column
  • 生物の研究と痛くない注射の開発
4-6.固 定
  • わが国の従来のカテーテル固定法
  • CDCのガイドライン
4-7.止血(動脈穿刺以外の場合)
  • 止血の方法
  • 時間
  • 専用の用具
4-8.カテーテル
  • 種類
  • 構造
4-9.輸液回路
  • 種類
  • 構造
  • 材質
  • 延長チューブ
  • 三方活栓とクローズドシステム
  • フィルター
  • 逆流防止弁
4-10.採血用器具
  • 真空採血針の構造
  • 採血用器具の種類
  • 危険性
4-11.輸液(点滴静脈内注射:intravenous drip injection)
  • 目的
  • 種類
4-12.輸液ポンプ
  • 自然滴下との違い
  • 種類
  • 輸液ポンプの使い方
  • 問題点

PARTⅡ 実践編

§1 採血の実際

1-1.標準採血法ガイドライン【片平英一】
  • 近年の真空採血に関する事情
  • 真空採血に関する行政の対応
  • 標準採血法の策定
  • ガイドライン(GP4-A2)の内容
  • DVDビデオの内容
1-2.静脈採血の手順【片平英一】
1-3.静脈採血の準備【片平英一】
  • 採血管の準備
  • 患者確認
  • 静脈の同定
  • 血管の確認
  • 消毒・感染対策
1-4.静脈からのシリンジ採血の実際【片平英一】
  • 針とシリンジの準備
  • 穿刺
  • 駆血帯を外す
  • 抜針・止血
  • 検体の扱い
  • 採血後の針とシリンジの扱い
  • その他
1-5.静脈からの真空採血の実際【片平英一】
  • 針とホルダーの準備
  • 装着時の注意
  • 採血前手順
  • 穿刺
  • 採血管の挿入と抜去
  • 採血管の順序および注意点
  • 駆血帯の解除
  • 後処理
1-6.動脈採血【大江克憲/鈴木尚志】
  • 採血部位
  • 採血方法
Column
  • シリンジ内に気泡があると,どんな影響があるか
  • シリンジ内に生理食塩水やヘパリンが多量に混じるとどうなるか
  • 分析までに時間がかかったとき
  • 動脈血と静脈血
1-7.耳垂/指先/足底採血【辻 正富】
1.採血
  • 耳垂採血法
  • 指先(頭)採血法
  • 足底(蹠)採血
2.自己血糖測定
  • 自己血糖測定のメリット
  • 自己血糖測定のポイント
Column
  • ランセット
  • 出血時間
1-8.血液培養【鈴木尚志/木村 聡】
  • 準備するもの
  • 検体の扱い
  • 適応と採血のタイミング
  • 培養ボトルと自動培養システム
  • 採血上の注意点と偽陽性
Column
  • 皮膚の消毒薬には何を選ぶのがよいでしょうか?
  • 室温下に接種後の培養ボトルを放置しておくと,検査結果にはどんな影響があるでしょうか?
  • 血管内に留置されたカテーテルから採血してもよいでしょうか?
  • 培養ボトルのキャップの消毒は必要?
  • 針は替える?替えない?
  • ゼッタイに菌血症と予想していたのに,陽性にならなかったのはなぜ?

§2 注射の実際

2-1.末梢静脈注射(intravenous injection)の実際【関口美和/繁田正毅】
  • 器具の準備
  • 薬液の準備
  • 血管の同定
  • 駆血
  • 消毒
  • 刺入
  • 注入
Column
  • ハート型のやすり
2-2.末梢静脈路確保の実際【関口美和/繁田正毅】
  • 輸液回路と留置針の準備
  • 駆血
  • 消毒
  • 刺入
  • 固定
  • 滴下調整
  • 側管注入
Column
  • 血管確保は三次元的に考えよう(菅野敬之)
2-3.中心静脈確保【寺田泰蔵】
  • 準備
  • 場所の選定
  • 消毒
  • 刺入
  • カテーテル留置の手順
  • 合併症
2-4.PICCとミッドラインカテーテルの実際【寺田泰蔵】
  • 準備
  • 刺入部位,体位
  • 消毒
  • 刺入
2-5.動脈カニュレーション【松川 周】
  • カニュレーションの準備
  • 刺入部の決定
  • 消毒
  • 局所麻酔
  • 留置針の持ち方
  • カニュレーション
  • エア抜き
  • 固定
  • 実施上の注意
2-6.皮内注射【関口美和/繁田正毅】
  • 注射の準備
  • 刺入部の決定
  • 消毒
  • シリンジの持ち方
  • 刺入と注入
  • 実施上の注意
2-7.皮下注射【関口美和/繁田正毅】
  • 注射の準備
  • 刺入部の決定
  • 消毒
  • シリンジの持ち方
  • 刺入と注入
  • 実施上の注意
2-8.筋肉内注射【関口美和/繁田正毅】
  • 注射の準備
  • 刺入部の決定
  • 消毒
  • シリンジの持ち方
  • 刺入と注入
  • 実施上の注意
2-9.骨髄輸液【寺田泰蔵】
  • 適応
  • 禁忌
  • 注射の準備
  • 穿刺部の決定
  • 消毒
  • 穿刺針のもち方
  • 刺入と注入
  • 実施上の注意
2-10a.自己注射 - インスリン,GLP-1受容体作動薬【辻 正富】
  • 目的
  • 種類
  • 方法
  • 注意点
2-10b.自己注射 - アドレナリン【佐々木真爾/岡田邦彦/小口真司】
  • エピペン®とは
  • エピペン®注射器のしくみ
  • エピペン®注射の仕方
  • 誤って右手親指に針を刺してしまったら
Column
  • 災害現場における自己注射器の意義
  • エピペン®が保険適応に
2-10c.自己注射のやり方と患者教育【辻 正富】
  • 自己注射のやり方
  • 患者教育

§3 小児の採血・注射

3-1.小児の採血のコツ【梅田 陽】
  • 採血部位
  • 年齢と採血部位
  • 採血の順序とコツ
3-2.小児の注射のコツ【梅田 陽】
  • 注射法
  • 使用薬剤
  • 注射部位
  • 方法
Column
  • 針を怖がるのは何歳からか?
3-3.小児の静脈路確保のコツ【梅田 陽/下山裕子】
  • 静脈路の選択
  • 小児に使用する留置針
  • 末梢静脈路留置のコツ
  • 小児の中心静脈路の確保のコツ
  • 未熟児の静脈路確保のコツ

PARTⅢ 応用編

§1 うまくいかないとき(末梢静脈路確保困難対策)【大塚将秀】

1-1.うまくいかないのには理由がある
  • まず,冷静になろう
  • 理由を考えてみよう
  • 再挑戦
1-2.患者側の問題
  • 血管が見つからない理由
  • 血管はあるがうまく留置できない理由
  • なんとか成功させるテクニック
  • 末梢静脈の切り札 誰にも教えたくない,とっておきの静脈
  • 穿刺部位決定の戦略
  • どこであきらめるか
1-3.医療者側の問題
  • 知識と技術が足りない場合
  • 精神的,肉体的に体調が万全でないとき
  • あがってしまう場合

§2 うまくいかないとき(中心静脈路確保困難対策)【寺田泰蔵】

2-1.うまくいかないのには理由がある -対策とエコーガイド下の穿刺
  • エコーガイド下穿刺の適応
  • 準備
  • 方法
  • 穿刺がうまくいかない原因と解決方法

§3 痛くない採血と注射を目指して【世良田和幸】

3-1.痛みを感じる理由
  • 痛みを感知する神経
  • 針による痛みと薬物注入による痛み
  • 痛みは脳で感じる
Column
  • 新生児の痛みの認識
3-2.恐怖心を起こさせないための心理的配慮
  • 言動
  • 針を見せない
  • 態度
3-3.身体的な配慮
  • 部位
  • 準備
  • 痛みを軽減する方法
  • リドカインテープ(ペンレス®
Column
  • EMLA®(エムラ)クリーム

§4 注射・採血のリスクマネジメント【菅野敬之】

4-1.患者への感染防止
  • 感染ルート
  • 病原体の種類
  • 穿刺時の皮膚消毒法と感染対策
  • 感染の徴候
  • 感染対策
Column
  • アルコール綿:作り置きから単包ディスポ製品へ
  • クロルヘキシジンによるアナフィラキシーショック
  • 米国と日本における消毒液の違い
  • To dry or not to dry ?~ポビドンヨード消毒法について
  • 閉鎖式輸液システムとニードルレスシステム
  • ニードルレスシステムの感染予防効果
  • “スプリットセプタム”か,“メカニカルバルブ”か
  • ラインロック時の輸液回路内圧
4-2.医療者への感染防止
  • 針刺し事故の頻度と要因
  • 針刺し事故の予防
  • 針刺し事故への対処
  • 個人防護具の選択
Column
  • スタンダードプリコーション(標準予防策)とは
4-3.事故抜去と自己抜去
  • 事故抜去と自己抜去の頻度・危険因子
  • 事故抜去の防止法
  • 自己抜去の防止法
4-4.血管内への空気迷入
  • 空気が血管内に入ってはいけない理由
  • 血管内への空気の入り方~注入
  • 静脈内への空気の入り方~吸入
  • 静脈ライン内の空気の抜き方
  • 診断
  • 治療
Column
  • 点滴が終わったら空気が入ってしまうか?
4-5.血管内への異物
  • アンプル破片
  • コアリング
  • 配合変化に伴う凝集
4-6.血管外漏出
  • 頻度
  • 血管外漏出の原因
  • 抗腫瘍薬の血管外漏出による障害
  • その他の薬剤の血管外漏出
  • 診断
  • 対処
Column
  • コンパートメント症候群とは
  • ビンカアルカロイド系抗腫瘍薬漏出時は温罨法か?
  • 抗腫瘍薬の血管外漏出時の治療
4-7.抗腫瘍薬
  • 抗腫瘍薬の分類
  • 抗腫瘍薬の問題点
  • 抗腫瘍薬投与に伴う即時型合併症
  • 医療者の安全
Column
  • 「癌」と「がん」の違い
4-8.神経損傷
  • 頻度
  • 原因
  • 症状と診断
  • 対処
Column
  • RSD,カウザルギーとCRPS
4-9.誤薬と患者の間違い
  • 投与薬剤の間違い
  • 調剤の間違い
  • 単位・投与速度・指示の間違い
  • 接続,三方活栓やシリンジポンプ・輸液ポンプの間違い
  • 投与経路の間違い
  • 患者の間違い
  • 事故防止に大切なこと~ 個人の努力と組織の取り組み
Column
  • バーコード・ICタグ
  • ダブルチェックはミスを完全に防げるか
  • 乳がん術後患者と血液透析患者の静脈ライン留置

§5 教育【高木 康】

5-1.誰が教えるか
  • 指導者と指導部署
5-2.どう教えるか
  • 指導の進め方
5-3.目標達成はどう確認するか
  • 評価のしかた
Column
  • 評定尺度(レーティングスケール)

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】ビジュアル基本手技シリーズ:写真とイラストでよくわかる! 注射・採血法 改訂版〜適切な進め方と,安全管理のポイント
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +336円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1100円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1410円
第2地帯(ヨーロッパ) +1410円
第3地帯(アフリカ、南米) +1850円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1820円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2540円
第2地帯(ヨーロッパ) +2800円
第3地帯(アフリカ、南米) +3420円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758109062
  • 9784758116176
  • 9784758118323
  • 9784758118187
  • 9784758125017
  • 9784758115865
  • 9784758109352
  • 9784897063492
  • 9784758117197
  • 9784758107402

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker
  • m2plus eBookStore
  • メディカルオンライン・イーブックス
サイドメニュー開く

TOP