シミュレーションで学ぶ救急対応マニュアル
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クローズアップ重症疾患・外傷 「タバコ誤食2~5)

タバコ誤食の頻度

日本では小児の誤食としてタバコ誤食がきわめて多い.国民の喫煙率が高いことと,生活様式(畳の上にタバコや灰皿を置くこと)などが,その主な原因と考えられる.日本中毒情報センターへの電話での問い合わせ件数も常に上位を占め,2004年の5歳以下の小児についての問い合わせ件数は,化粧品(20%)についでタバコ関連品(16%)が第2位を占めている7)

タバコとニコチン中毒

自律神経作動薬に属するニコチンは,自律神経系,中枢神経系,運動神経末端において二相性に作用する.初期(タバコ誤食後約15~60分)は刺激症状を呈するが,ニコチンの分解が遅く脱分極が持続するため,後期(60分~4時間)は抑制作用を呈する,

一本のタバコに含まれるニコチン量は約10 mgであり,これは小児の中毒量に相当する.タバコのパッケージに記載されているニコチン量は,喫煙したときに吸入されると推定量であり,服用した際のニコチンの量はその約10倍量となる表2).

しかしながら,タバコを誤食しても口腔内への刺激が強いために吐き出してしまうことと,胃でのニコチンの吸収は少ないことと,嘔吐により排出されることにより多くは軽症である.一方,ニコチンが溶出している灰皿の水や,タバコを捨てた缶ジュースの残りなどを服用した場合は,急性ニコチン中毒となる危険性が高い.また,禁煙を目的としたニコチンパッチからの経皮的な吸収や,ニコチンガムの誤食によっても中毒は生じうる.

急性ニコチン中毒の初期症状は誤食後,約15~60分以内に生じる.これを過ぎても症状が出現しない場合は,その後も症状が発現する危険性は少ないといわれている.しかし,遅発症状が出現するとされている4~6時間は経過を観察する.

急性ニコチン中毒の治療(表3

中毒症状を有する場合は,気道確保,酸素投与,輸液などの基本的な治療を行う.タバコの嘔吐中枢刺激作用で嘔吐することが多いことと,中毒症状でも嘔吐することから催吐は不要といわれている.初期からけいれんを生じることもあるので,催吐は行わない方が望ましい.水や牛乳を飲ませて希釈を期待する方法もあるが,かえって胃内での溶出を促進する危険性があり,また,嘔吐で飲めないことが多い.

胃洗浄や活性炭投与については,重症度と誤食後の経過時間で考慮する(急性中毒の一般的治療に準ずる).

強制酸性利尿が有効ともいわれているが,ニコチンは代謝が早く(主な代謝産物はコチニン)すみやかに尿中に排泄されるのであえて施行する必要はない.分布容量が大きいので血液浄化法は無効である.

特異的な解毒薬や拮抗薬はないとされていたが,欧米ではmecamylamineというニコチンの拮抗薬が使用されている.ただし,経口製剤であるため,嘔吐している間は投与できない.徐脈などの副交感神経刺激作用には硫酸アトロピンを投与する.

表2■主なタバコの銘柄とニコチン含有量
銘柄ニコチン含有量(mg)喫煙時のニコチン量(mg)パッケージ表示
ピース23.92.3
ハイライト14.61.4
ホープ13.31.1
キャスターマイルド12.90.4
マイルドセブン12.60.8
マイルドセブンライト10.80.7
セブンスター12.41.2
キャビンマイルド11.90.7
キャメル15.40.8
マールボロ12.81
紙巻きタバコ1本には約1.5%(約10~15 mg)のニコチンが含まれる.
成人の中毒量は30~60 mg,小児の中毒量は10~20 mgであり,紙巻きタバコ1本のニコチンは小児の中毒量に相当する.〔文献3および日本たばこ産業ホームページ(http://www.jti.co.jp/)より改変引用〕
表3■タバコ誤食例の治療指針
1.救急診療のポイント
  • 摂取状況(葉か吸い殻か浸出液か)
  • 量(2cm以下か以上か)
  • 時間を確認する
  • 気付いた時点で口腔内のタバコはとりのぞくのが原則である
  • タバコの誤飲でニコチンの中毒症状がでることは稀だが,4時間の経過観察は必要
2.問診
  • 発見場所での摂取状況

    新しいタバコか吸い殻か,乾燥していたか,水やジュースに浸っていたか

  • 発見時の応急処置の有無

    口の中の葉を取り出したか,吐かせたか,吐物中に葉が確認できたか

  • 摂取量の確認
3.診察
  • ニコチン中毒では嘔気,嘔吐,下痢,顔面蒼白,不機嫌などが初診時のポイントで ある
4.初期治療
  • 中毒症状は誤食後30~40分までに発現する.ニコチンが溶出した液体の誤飲では中毒の発現がより早く,かつ,重症となる.直ちに,高次の医療機関に転送する
  • 家族に対しては,口腔内のタバコの除去を指導する.また40 mm以下のサイズのものは,乳幼児の口腔内に入るため,手の届くところ(約1mの高さ以下)には置かないよう指導する
文献5より引用
表2■主なタバコの銘柄とニコチン含有量
銘柄 ニコチン含有量(mg) 喫煙時のニコチン量(mg)パッケージ表示
ピース 23.9 2.3
ハイライト 14.6 1.4
ホープ 13.3 1.1
キャスターマイルド 12.9 0.4
マイルドセブン 12.6 0.8
マイルドセブンライト 10.8 0.7
セブンスター 12.4 1.2
キャビンマイルド 11.9 0.7
キャメル 15.4 0.8
マールボロ 12.8 1
紙巻きタバコ1本には約1.5%(約10~15 mg)のニコチンが含まれる.
成人の中毒量は30~60 mg,小児の中毒量は10~20 mgであり,紙巻きタバコ1本のニコチンは小児の中毒量に相当する.〔文献3および日本たばこ産業ホームページ(http://www.jti.co.jp/)より改変引用〕
表3■タバコ誤食例の治療指針
1.救急診療のポイント
  • 摂取状況(葉か吸い殻か浸出液か)
  • 量(2cm以下か以上か)
  • 時間を確認する
  • 気付いた時点で口腔内のタバコはとりのぞくのが原則である
  • タバコの誤飲でニコチンの中毒症状がでることは稀だが,4時間の経過観察は必要
2.問診
  • 発見場所での摂取状況

    新しいタバコか吸い殻か,乾燥していたか,水やジュースに浸っていたか

  • 発見時の応急処置の有無

    口の中の葉を取り出したか,吐かせたか,吐物中に葉が確認できたか

  • 摂取量の確認
3.診察
  • ニコチン中毒では嘔気,嘔吐,下痢,顔面蒼白,不機嫌などが初診時のポイントで ある
4.初期治療
  • 中毒症状は誤食後30~40分までに発現する.ニコチンが溶出した液体の誤飲では中毒の発現がより早く,かつ,重症となる.直ちに,高次の医療機関に転送する
  • 家族に対しては,口腔内のタバコの除去を指導する.また40 mm以下のサイズのものは,乳幼児の口腔内に入るため,手の届くところ(約1mの高さ以下)には置かないよう指導する
文献5より引用

文献

  1. 「危険がいっぱい!街のジャングルブック」(千代孝夫編),p. 55,メディカ出版,2004
  2. Salomon, M. E.:Nicotine and tobacco preparation. Toxicologic Emergencies.(Goldfrank, L. R. et al.), pp. 1075?1084, McGraw-Hill companies, New York, 2002
  3. 森博美,山崎太:タバコ.「シリーズ急性中毒―中毒物質と臨床例」,日研化学編
  4. 木下博子ほか:タバコ.救急医学,25:144?145,2001
  5. 「小児初期救急診療ガイドブック」(柳澤正義監修),pp. 122?123,2004.
  6. 奥村徹ほか:胃洗浄.救急医学,29:513?516,2005
  7. 財団法人日本中毒情報センター2004年受信報告.中毒研究,18:165?195,2005
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12

TOP

羊土社HP会員限定化のお知らせ

本コンテンツはこれまで一般公開して参りましたが,2013年6月7日より,一部の記事を除き,全文をご覧いただくためには羊土社HP会員登録が必要となりました.何とぞご了承ください.>>>羊土社HP会員とは?

執筆者プロフィール

谷口 淳朗(Junro Taniguchi)
公立松任石川中央病院救急部

おすすめ書籍

  • 類似薬の使い分け
    詳細購入
  • 症状と患者背景にあわせた 頻用薬の使い分け
    詳細購入
  • よく出合う「困った」を解決!薬の疑問Q&A
    詳細購入
  • 日常診療での 薬の選び方・使い方
    詳細購入
  • 治療薬・治療指針ポケットマニュアル2012
    詳細購入

TOP