100倍楽しくなる麻酔科研修30日ドリル
書籍を購入する

100倍楽しくなる麻酔科研修30日ドリル

  • 青山和義,讃岐美智義/著
  • 定価 2,900円+税
  • 2015年10月15日発行
  • B5変型判
  • 219ページ
  • ISBN 978-4-7581-1112-6
  • 販売状況: 注文可能
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

研修の重要ポイントがスッキリ整理できる30日完成の書き込み式ワークブック.1日少しの時間で,薬剤の計算,手技の手順,解剖など,現場ですぐに対応が必要になる必須事項がチェックできる.指導用にも最適!

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2内容見本3内容見本4内容見本5
PDFダウンロード
目次

表 麻酔で使用する薬剤の主な特徴【青山和義】

超重要薬剤

1日目 全身麻酔で使用する薬剤【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 静脈麻酔薬
  • 基礎 ワーク② 吸入麻酔薬
  • 基礎 ワーク③ オピオイド(麻薬性鎮痛薬)
  • 基礎 ワーク④ 筋弛緩薬・回復(拮抗)薬

全身麻酔/超重要薬剤

2日目 全身麻酔の3要素・4条件と麻酔薬,局所麻酔薬と循環作動薬【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 全身麻酔の3要素と麻酔薬
  • 基礎 ワーク② 局所麻酔薬
  • 基礎 ワーク③ 循環作動薬

薬剤総論

3日目 注射薬の基本【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 麻酔関連薬の使用
  • 基礎 ワーク② 薬液の希釈や濃度

4日目 薬剤の投与方法,μg/kg/分の計算【青山和義】

  • 基礎 ワーク① μg/kg/分への計算
  • 基礎 ワーク② μg/kg/分への希釈

全身麻酔

5日目 麻酔計画(1)全身麻酔導入【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 麻酔導入計画①:一般的使用量
  • 基礎 ワーク② 麻酔導入計画②:投与量を減量
  • Let's work ! 麻酔計画

6日目 麻酔計画(2)全身麻酔維持【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 麻酔維持計画①:一般的使用量
  • 基礎 ワーク② 麻酔維持計画②:投与量を減量
  • Let's work ! 麻酔計画

7日目 麻酔器の構造とモニターの始業点検【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 麻酔器を構成する構造物の名称と役割
  • 基礎 ワーク② 麻酔器と人工呼吸器の構造の違い
  • 応用 ワーク③ 麻酔回路の構造と名称
  • 基礎 ワーク④ 低流量麻酔
  • 基礎 ワーク⑤ 麻酔器の始業点検
  • 基礎 ワーク⑥ 麻酔導入前のモニターのチェック

8日目 全身麻酔と鎮静【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 全身麻酔と鎮静の連続性
  • 基礎 ワーク② 鎮静レベルと生体反応
  • 基礎 ワーク③ MAC(monitored anesthesia care)監視下鎮静管理
  • 基礎 ワーク④ 鎮静薬の一般的な副作用
  • 基礎 ワーク⑤ RASSスケールによる鎮静評価
  • 基礎 ワーク⑥ PRIS(propofol infusion syndrome)

術前管理

9日目 術前診察とリスク評価【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 手術の延期を考慮すべき条件
  • 基礎 ワーク② ASAクラス分類
  • 基礎 ワーク③ METs
  • 基礎 ワーク④ AMPLEヒストリーと問診
  • 基礎 ワーク⑤ 気管挿管困難の予測因子
  • 基礎 ワーク⑥ マスク換気困難の予測因子
  • 基礎 ワーク⑦ 麻酔計画を立てるうえでの診察ポイント(気道以外)

10日目 術前内服薬,絶飲食【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 休止薬(抗血小板薬,抗凝固薬)
  • 基礎 ワーク② 休止薬(抗血小板薬,抗凝固薬以外)
  • 応用 ワーク③ ARB,ACE阻害薬
  • 基礎 ワーク④ 継続薬と注意点
  • 基礎 ワーク⑤ 絶飲食時間
  • 基礎 ワーク⑥ フルストマック症例

術中管理

11日目 気道管理・気管挿管【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 気道の解剖
  • 基礎 ワーク② 気管挿管に使用する器具
  • 基礎 ワーク③ 気管挿管の手順
  • 基礎 ワーク④ 気管挿管の正しい位置
  • 基礎 ワーク⑤ 気管チューブの位置異常
  • 応用 ワーク⑥ 気管挿管の確認:位置異常の鑑別
  • 基礎 ワーク⑦ 声門上器具
  • 応用 ワーク⑧ さまざまな気道確保法

12日目 術中輸液の目的・種類・投与量【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 術中輸液の目的と分布
  • 基礎 ワーク② 輸液の種類と名称
  • 基礎 ワーク③ 輸液剤の種類と名称
  • 基礎 ワーク④ 術中輸液量の計算と評価
  • 基礎 ワーク⑤ 維持輸液量の計算

13日目 輸血【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 輸血投与量と予測値
  • 基礎 ワーク② 輸血速度

14日目 体温管理,シバリング,悪性高熱症【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 術中の体温管理
  • 基礎 ワーク② 温風式加温装置の注意点
  • 基礎 ワーク③ シバリングの原因と対策
  • 基礎 ワーク④ 悪性高熱症
  • 基礎 ワーク⑤ 術中高体温の原因

15日目 麻酔覚醒,抜管,手術室退室【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 麻酔覚醒時,抜管時の評価
  • 基礎 ワーク② 抜管後のチェックポイント
  • 基礎 ワーク③ 手術室退室基準
  • 基礎 ワーク④ Modified Aldreteスコア

16日目 中心静脈カテーテル(CVC)留置【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 穿刺部位の特徴
  • 基礎 ワーク② 穿刺部位の解剖:ランドマーク
  • 基礎 ワーク③ 穿刺部位の解剖:超音波画像
  • 基礎 ワーク④ 穿刺キット内容
  • 基礎 ワーク⑤ 穿刺手順

モニタリング

17日目 3種の神器,モニタリングの基本【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① モニターの3種の神器と五感を用いた観察
  • 基礎 ワーク② 脈拍と血圧の関係
  • 基礎 ワーク③ 血圧計のマンシェット
  • 基礎 ワーク④ 生命の安全を判断するモニターと麻酔効果を判断するモニター
  • 基礎 ワーク⑤ 脈拍のモニター

18日目 血中濃度と効果部位濃度【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 血中濃度と効果部位濃度
  • 基礎 ワーク② TCIの原理とTCIポンプ
  • 基礎 ワーク③ TCIポンプのパネル①
  • 基礎 ワーク④ TCIポンプのパネル②

19日目 筋弛緩薬と筋弛緩モニター【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 骨格筋の解剖
  • 基礎 ワーク② 神経筋接合部
  • 応用 ワーク③ 筋弛緩モニター:TOF比
  • 応用 ワーク④ 筋弛緩モニター:PTC(ポストテタニックカウント)
  • 応用 ワーク⑤ 筋弛緩作用からの回復:スガマデクス(ブリディオン®)

20日目 脳波モニター【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 処理脳波モニターの原理とパラメータの意味
  • 基礎 ワーク② BISモニター
  • 基礎 ワーク③ エントロピーモニター
  • 基礎 ワーク④ SedLine®
  • 基礎 ワーク⑤ 術中覚醒
  • 応用 ワーク⑥ 術中覚醒のハイリスク因子

21日目 内呼吸と外呼吸,CO2モニター,スパイロメトリー【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 内呼吸と外呼吸,CO2モニター
  • 基礎 ワーク② CO2モニターの異常波形
  • 基礎 ワーク③ CO2モニターの正常波形
  • 基礎 ワーク④ スパイロモニターの波形

局所麻酔

22日目 局所麻酔薬,局所麻酔薬中毒【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 局所麻酔薬の種類と効果
  • 基礎 ワーク② 局所麻酔薬の作用時間,極量と適応
  • 基礎 ワーク③ 局所麻酔薬へのアドレナリン添加
  • 基礎 ワーク④ 局所麻酔薬へのアドレナリン添加やアドレナリン製剤の希釈
  • 基礎 ワーク⑤ 局所麻酔薬中毒と治療
  • 基礎 ワーク⑥ 局所麻酔薬中毒の治療

23日目 区域麻酔【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔の違い
  • 基礎 ワーク② 硬膜外麻酔,脊髄くも膜下麻酔の穿刺部の目標
  • 基礎 ワーク③ 硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔の適応
  • 応用 ワーク④ 硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔の合併症
  • 基礎 ワーク⑤ 硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔で行う手術と穿刺部位と麻酔レベル
  • 基礎 ワーク⑥ Bromageスケール
  • 応用 ワーク⑦ 手術部位と末梢神経ブロック

呼吸生理と呼吸管理

24日目 動脈血液ガス:酸素化の評価【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 吸入酸素濃度
  • 基礎 ワーク② 酸素化の評価
  • 応用 ワーク③ 肺胞気式
  • Let's work ! 動脈血液ガス分析結果

25日目 換気【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 分時換気量,有効肺胞換気量,肺胞換気式
  • 応用 ワーク② 肺胞換気式,人工呼吸
  • Let's work ! 肺胞換気式,人工呼吸

26日目 酸素運搬【青山和義】

  • 基礎 ワーク① 酸素解離曲線
  • 応用 ワーク② 動脈血酸素含量
  • 応用 ワーク③ 酸素運搬量
  • 応用 ワーク④ 酸素運搬

循環管理

27日目 循環管理・心血管作動薬【青山和義】

  • 応用 ワーク① 心血管作動薬の作用
  • 応用 ワーク② 循環を構成する要素への影響

術後管理

28日目 術後疼痛管理【青山和義】

  • 基礎 ワーク① PCA注入ポンプ
  • 応用 基礎ワーク② IV-PCA計画
  • 応用 基礎ワーク③ PCEA計画
  • Let's work ! さまざまなPCEA使用量

29日目 術後回診【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 術後指示
  • 基礎 ワーク② 酸素投与の指示
  • 基礎 ワーク③ 術後合併症の原因と対応
  • 基礎 ワーク④ 術後疼痛管理に使用する薬物
  • 基礎 ワーク⑤ 術後疼痛の評価

まとめ

30日目 トラブルシューティング【讃岐美智義】

  • 基礎 ワーク① 呼吸のトラブルシューティング(術中)
  • 基礎 ワーク② 循環のトラブルシューティング(術中)
  • 基礎 ワーク③ 意識のトラブルシューティング(術中)
  • 基礎 ワーク④ 区域麻酔中のトラブルシューティング
  • 基礎 ワーク⑤ 手術直後のトラブルシューティング

『薬剤総論 3日目 注射薬の基本』より抜粋

100倍楽しくなる麻酔科研修30日ドリル 立ち読み1 100倍楽しくなる麻酔科研修30日ドリル 立ち読み2 100倍楽しくなる麻酔科研修30日ドリル 立ち読み3

−後略−

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758111119
  • 9784758105743
  • 9784897063478
  • 9784758117753
  • 9784758111096

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • M2PLUS eBookStore
  • Knowledge Worker
  • 医書.jp
サイドメニュー開く

TOP