救急・ERノート レジデントノート別冊:症候と疾患から迫る! ERの感染症診療〜疑い,探し,組み立てる実践的な思考プロセス
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2
  • 内容見本3
救急・ERノート レジデントノート別冊

症候と疾患から迫る! ERの感染症診療

疑い,探し,組み立てる実践的な思考プロセス

  • 大野博司/編
  • 2012年11月07日発行
  • B5判
  • 364ページ
  • ISBN 978-4-7581-1346-5
  • 定価:5,500円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

感染 or 非感染の見極め,必要な検査,治療開始のタイミングなど,ERでの鑑別・初期対応のポイントを症候・疾患別に解説.原因菌の絞り込みや抗菌薬処方などのコツも満載!的確な診療の組み立て方がわかる!

目次

序章 ER で感染症診療をはじめる前に

1 ER ではどのように発熱患者にアプローチしていくか【近藤 猛】

  • 重症患者を見分ける
  • フォーカスを絞り込む
  • 熱の経過・随伴症状を役立たせる
  • 背景の聴取で方針が変わる

2 ER での感染症診療に役立つ検査と微生物学的検査 生化学,画像検査/培養,迅速キット【見坂恒明】

  • 救急外来での感染症診療
  • 感染症の重症度判断と生化学検査
  • 感染臓器の同定と画像診断
  • 原因微生物の検討:塗抹・培養検査
  • 原因微生物の検討:迅速抗原検査・毒素検査
One More Experience
  • 敗血症性ショックは致死的疾患

第1章 救急での症候からのアプローチ

1 ER での呼吸困難【鶴和幹浩】

  • 鑑別診断
  • 鑑別ポイント
  • 初期対応
  • 専門医へのコンサルテーション
One More Experience
  • 至適なSpO2 はいくらか?

2 ER での咽頭痛【野中優江/吉永孝之】

  • 診断のポイント
  • 診断・治療の組み立て方

3 ER での意識障害【能勢裕久】

  • 意識障害患者の初期対応(基本のキ!! ABC)
  • バイタルサイン
  • 病歴聴取
  • 専門医へのコンサルテーション

4 ER での腹痛 この悩ましき主訴【花木奈央/稲田眞治】

  • 鑑別疾患
  • ここが鑑別ポイント
  • 初期対応
  • 専門医へのコンサルテーション

5 ER での腰背部痛【上田剛士】

  • 鑑別疾患
  • ここが鑑別ポイント
  • 脊椎椎体・椎間板炎の画像評価
  • 腰痛症と感染性心内膜炎

6 ER での「不明熱」【福地貴彦】

  • ER での「不明熱」とは
  • 鑑別疾患
  • 初期対応
  • 専門医へのコンサルテーション
One More Experience
  • 心エコーの重要性
Pros & Cons
  • 不明熱は何科が担当する?

7 ER での耳の痛み【杤谷健太郎】

  • 鑑別診断
  • ここが鑑別ポイント
  • 初期対応
  • 見逃してはいけない疾患
Pros & Cons
  • 急性中耳炎の初期治療で抗菌薬が必要か?

8 ER での赤眼 red eye へのアプローチ【北 和也】

  • 緊急性の判断:敵を知り己を知らば百戦危うからず!
  • 対応の手順:ペンライト試験とフルオレセイン染色で,緑内障発作,角膜障害を除外する!
  • 各論:鑑別診断について
One More Experience
  • 細菌性結膜炎には即キノロン点眼? delaying antibiotic therapy の勧め

9 ER での下痢【忽那賢志】

  • 鑑別疾患
  • ここが鑑別ポイント
  • 初期対応
One More Experience
  • 便グラム染色の意義

10 ER での黄疸【世良俊樹】

  • 鑑別疾患
  • ここが鑑別ポイント
  • 初期対応
  • 専門医へのコンサルテーション
One More Experience
  • 黄疸=消化器と思ったら…

11 ER での関節痛【菊地英豪】

  • 鑑別のポイント
  • 検査のオーダー
  • 専門医へのコンサルテーション
One More Experience
  • 治療に反応しない単関節炎?
Pros & Cons
  • 関節リウマチ患者に痛風は合併しない?

12 ER での発疹【日比野誠恵】

  • 全身性皮疹/ 紅斑
  • 紫斑性疾患
  • 水疱膿疱性疾患
  • 局所性皮疹

13 ER での排尿時痛・会陰部痛【舩越 拓】

  • common な疾患を診断する
  • 致死的疾患(Fournier 壊疽)を知る
Pros & Cons
  • 尿路感染症にはST 合剤が第一選択薬か

第2章 原因疾患へのアプローチ

1 ER でのかぜ症候群【飯田和正】

  • 診断のポイント
  • 考えられる微生物
  • 治 療
  • ER でのコミュニケーションと外来フォロー
One More Experience
  • 最低限必要な病歴と身体所見について
  • かぜ症候群と抗菌薬
  • 咳止めについて

2 ER での細菌性上気道感染症 咽頭炎,鼻副鼻腔炎【弓場達也】

  • 診断のポイント
  • 考えられる微生物
  • 診断・治療の組み立て
One More Experience
  • 診断・治療で覚えておきたいこと
Pros & Cons
  • 急性咽頭炎にペニシリン系を使うべきか否か?

3 ER での市中肺炎【宇留賀公紀/岸 一馬】

  • 市中肺炎の対象は?
  • 病歴聴取・身体所見のポイントは?
  • 行うべき検査は?
  • 重症度・入院の必要性の評価
  • 考えられる微生物
  • 治 療
One More Experience
  • 結核を見逃すな!
  • マクロライド耐性マイコプラズマ
  • 肺炎に対するマクロライドの投与
Pros & Cons
  • 肺炎治療にステロイドは使うか?

4 ER での医療ケア関連肺炎【村田研吾】

  • 診断のポイント
  • 考えられる微生物と治療法
  • 診断・治療の組み立て方

5 ER での中枢神経感染症 髄膜炎,脳炎,脳膿瘍【中山晴雄】

  • 細菌性髄膜炎の症例
  • 髄膜炎治療の要点
  • 脳膿瘍の症例
  • 脳膿瘍治療の要点
One More Experience
  • 髄液検査におけるLDH とCPK
  • 髄膜炎治療に対する腰椎ドレナージ術

6 ER での血流感染症・血管内デバイス感染症 中心静脈ライン,心ペースメーカー【大八木秀和】

  • 血流感染症
  • ペースメーカー感染症(またはCIED 感染症)
One More Experience
  • ポートの見落としに注意

7 ER での感染性心内膜炎【岸野喜一/永井利幸】

  • 診断のポイント
  • 診断・治療の組み立て方
One More Experience
  • 心雑音のはっきりしないIE

8 ER での皮膚軟部組織感染症① 丹毒,蜂窩織炎【佐藤信宏】

  • 診断のポイント
  • 考えられる微生物と治療法
  • 診断・治療の組み立て方
Pros & Cons
  • 蜂窩織炎の患者って全例血液培養はとるべきなの?

9 ER での皮膚軟部組織感染症② 壊死性筋膜炎【滝本浩平】

  • 壊死性筋膜炎の一般的な知識
  • 壊死性筋膜炎の診断
  • 治 療
  • 診断と治療の組み立て

10 ER での尿路感染症 膀胱炎・腎盂腎炎【山中和明】

  • 診断のポイント
  • 考えられる微生物
  • 診断・治療の組み立て方
  • 治 療
One More Experience
  • 見逃してはならない鑑別疾患
  • 繰り返す膀胱炎の予防法について
  • 無症候性細菌尿に騙されてはいけない!
  • 再発を繰り返す,または難治性の膀胱炎の場合,以下のことを想定
  • 3日間の腎盂腎炎治療の後に効果不良の場合,想定すべきこと
Pros & Cons
  • Staphylococcus aureus が尿培養で検出された場合,尿路感染の起因菌か?
  • ESBL 産生大腸菌に対する抗菌薬の選択

11 ER での腹腔内感染症① 虫垂炎,憩室炎【畑 啓昭】

  • 診断のポイント
  • 考えられる微生物と治療法
  • 診断・治療の組み立て方
One More Experience
  • 虫垂炎と食欲
  • 抗菌薬投与後の培養検査

12 ER での腹腔内感染症② 胆管炎,胆嚢炎【川嶋修司】

  • 急性胆管炎
  • 急性胆嚢炎

13 ER での性行為感染症① 尿道炎, 陰部ヘルペス【安東栄一】

  • 急性尿道炎
  • 性器ヘルペス
  • 患者への情報提供

14 ER での性行為感染症② 骨盤内炎症性疾患, 膣炎【吉本 昭】

  • 骨盤内炎症性疾患(PID)
  • 膣炎について
One More Experience
  • PID における抗菌薬の選択について

15 ER での骨感染症 脊椎炎【小熊麻子】

  • 脊椎炎の原因,診断,治療
One More Experience
  • 入院中の対応,安静の重要性!

16 ER での創部感染症 抗菌薬予防投与,破傷風予防【吉田 暁】

  • 創部感染予防の原則
  • 裂創や挫創などの予防的抗菌薬
  • 開放骨折・関節腔に達する外傷
  • 動物咬傷 5破傷風予防
One More Experience
  • ナイロン糸ドレナージ

第3章 Advanced:ER での特殊な患者層の感染症診療

1 免疫不全患者の感染症の考え方【羽山ブライアン/岩田健太郎】

  • まず疑うことから
  • The“ commons” are common
  • 「免疫不全+発熱→感染症」の思いこみは危険
  • 免疫不全は分類が重要

2 HIV/AIDS 患者【内藤俊夫】

  • 感染者の特徴
  • 救急・ER でのHIV/AIDS

3 担癌患者の感染症① 固形腫瘍【櫻井隆之】

  • ER での固形腫瘍の担癌患者
  • 固形腫瘍と感染症
  • 一般の患者層との違い
  • 注意すべき感染症
Pros & Cons
  • 固形腫瘍担癌患者に検査・治療をするべきか?

4 担癌患者の感染症② 血液腫瘍(リンパ腫,多発性骨髄腫)【土橋映仁】

  • リンパ腫
  • 多発性骨髄腫

5 化学療法中の感染症 発熱性好中球減少症【村上 純】

  • 発熱性好中球減少症(FN)の定義・重症度
  • どのような臓器,細菌の感染がみられるか
  • FN 患者の初期評価
  • 高リスク患者のマネジメント
  • 低リスク患者のマネジメント
  • 治療期間―いつまで抗菌薬投与を続けるか

6 透析患者特有の感染症 血液透析・腹膜透析・その他【耒田善彦】

  • バスキュラーアクセス感染症(VA 感染症)
  • CAPD 関連感染症
  • 多発性嚢胞腎患者の嚢胞感染
Pros & Cons
  • 長期留置カテーテルの抗菌薬ロックに関して

7 糖尿病患者の感染症【吉藤 歩/伊藤 裕】

  • 一般患者層との違い
  • 糖尿病患者の感染症の実際

8 ステロイド・免疫抑制薬投与患者の感染症【奥 健志】

  • 一般患者層との違い
  • 注意すべき感染症
  • ワクチン投与に関しての留意点

9 脾臓摘出後の感染症【加藤哲朗】

  • 脾臓の役割と脾臓摘出後の状態
  • 脾臓摘出後感染症の臨床像
  • 脾臓摘出後感染症のマネジメント
One More Experience
  • 脾臓摘出後と液性免疫障害

10 肝硬変患者の感染症【柏木秀行】

  • 肝硬変患者の免疫と感染症
  • 診断と治療
One More Experience
  • 感染症以外の疾患にも注意

11 性的暴行後の感染症【久保健児】

  • 一般患者層との違い
  • 性暴力後のSTI でコモンなものは?
  • STI に対する初期評価として行うべき検査
  • 性暴力後のSTI 予防
  • HIV 曝露後予防の考え方
  • 性暴力後のSTIに関するフォローアップ

12 帰国者の発熱【右近智雄】

  • マラリアの診断
  • 熱帯熱マラリアの診療
  • 熱帯熱マラリア以外のマラリア
  • 帰国者の発熱:病歴のとり方と鑑別診断

第4章 急性期・クリティカルケアでの感染症診療

1 敗血症の補助的治療【貝沼関志】

  • 下部消化管穿孔
  • 薬剤性腸炎,特にNSAIDs 起因性腸炎について
  • ARDS について
  • 肺保護戦略について
  • EGDT でのアルブミン投与
  • カテコラミン投与
  • バソプレシン投与
  • ハンプ®投与と利尿薬投与について
  • ステロイド投与
  • DIC の診断
  • DIC の治療
  • PMX-DHP
  • 敗血症における血液浄化法― CRRT とCHDF
  • γグロブリン投与について
  • 経腸栄養の効果
One More Experience
  • 敗血症性ショックへの初期蘇生

第5章 ER で注意すべき微生物

1 インフルエンザ【加藤英明】

  • 基本情報と歴史的背景
  • 臨床症状と治療
  • 治療のポイント
  • 予 防
One More Experience
  • 治療薬の選び方
Pros & Cons
  • 抗ウイルス薬投与に対する諸外国と日本の違い

2 結 核【松本智成】

  • 診断のポイント
  • 治療のポイント
  • 医療関係者の結核感染予防
One More Experience
  • QFT を発病診断に使う場合の落とし穴:QFT 陰性だからと
  • いって結核は否定できない
  • 入院時スクリーニングの落とし穴
  • BCG は感染予防策ではない
Pros & Cons
  • 結核患者の入院について

3 新興感染症 ウエストナイルウイルス,鳥インフルエンザ,SARS,市中感染型MRSA【三木智子/岡 秀昭】

  • 米国旅行後,発熱と弛緩性麻痺をきたした症例
  • インフルエンザ罹患後,新たに呼吸器症状をきたした症例
One More Experience
  • 鳥インフルエンザとSARS
  • CA-MRSA 感染の高リスクグループ

第6章 ER での抗菌薬

1 一般市中感染症で使われる内服抗菌薬【森 英毅】

  • 感染臓器,患者の状態を検討する
  • 原因微生物を検討する
  • 内服抗菌薬を検討する
  • 患者の心理社会的背景を考慮する
One More Experience
  • 抗菌薬選択で留意すべきこと

2 一般市中感染症で使われる静注抗菌薬【尾田琢也】

  • アンピシリン・スルバクタム
  • セファゾリン
  • セフトリアキソン
  • アジスロマイシン
  • シプロフロキサシン

3 重症感染症・医療ケア関連感染症で使われる静注抗菌薬【根井貴仁/三浦義彦】

  • バンコマイシン
  • アミカシン
  • ピペラシリン・タゾバクタム
  • セフェピム
  • メロペネム
One More Experience
  • アミノグリコシド系抗菌薬の1日1回投与法

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】救急・ERノート レジデントノート別冊:症候と疾患から迫る! ERの感染症診療〜疑い,探し,組み立てる実践的な思考プロセス
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +440円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1380円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1770円
第2地帯(ヨーロッパ) +1770円
第3地帯(アフリカ、南米) +2330円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +2100円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2900円
第2地帯(ヨーロッパ) +3200円
第3地帯(アフリカ、南米) +4100円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758116251
  • 9784758118422
  • 9784758116220
  • 9784758111201
  • 9784758118415
  • 9784758116176
  • 9784758116152
  • 9784758113458
  • 9784758117258
  • 9784758105385

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • M2PLUS eBookStore
  • Knowledge Worker
サイドメニュー開く

TOP