救急・ERノート レジデントノート別冊:直伝! 救急手技プラチナ テクニック〜手技はもちろん、合併症や施行後に考えることなど、次の一手まで見据えた王道アプローチを伝授
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2
  • 内容見本3
救急・ERノート レジデントノート別冊

直伝!

救急手技プラチナ テクニック

手技はもちろん、合併症や施行後に考えることなど、次の一手まで見据えた王道アプローチを伝授

  • 太田祥一/編
  • 2013年02月04日発行
  • B5判
  • 301ページ
  • ISBN 978-4-7581-1347-2
  • 定価:4,900円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

ER診療や救急科専門医取得に役立つ手技に加え,整形・外傷治療のエッセンスも解説.さらに,合併症対策や手技施行後の観察点,トレーニング方法など,手技に関わるあらゆる重要な考え方も身につきます!

目次

第1部 ER 診療や救急科専門医取得に役立つエッセンス

第1章 ABCDE アプローチに必須の手技

1 総論:新しい定型化アプローチ手法~病態把握からプレゼンテーション,情報共有まで【織田 順】
  • 初期診療とその後の診療における特徴・目標状態
  • 集中治療症例の特徴と印象
  • 新しい定型化ABCD - INRFT アプローチのススメ
  • One More Experience :プレゼンテーションでの心がけ『[理由・動機] →【 医療行為・介入】 →[ その評価]』の型を意識しよう
2 【A】気道確保は救急の基本,そのすべて【阿南英明】
  • 気管挿管[A.直視下気管挿管 B.気管支鏡ガイド下気管挿管 C.ビデオ喉頭鏡(エアウェイスコープ)による気管挿管]
  • 外科的気道確保[A.輪状甲状靭帯穿刺 B.輪状甲状靭帯切開 C.気管切開]
  • 抜管
  • One More Experience : surgical fire 回避のコツ
  • Pros & Cons :気管切開後の電気メスの使用について/予定抜管患者に対するステロイドの有用性
3 【B】呼吸モニタリングと人工呼吸器管理の基本【鈴木 剛/田勢長一郎】
  • One More Experience :呼吸評価の重要性/NPPV 成功の鍵
4 【C】急いで! 救急室開胸術【奥村恵子/河井健太郎/太田祥一】
  • One More Experience :胸骨横断両側開胸(clamshell thoracotomy)
5 【C】除細動だけではない,マニュアル除細動器の使い方【武田 聡】
  • One More Experience :パッドの有効活用
  • Pros & Cons :心停止である心静止(Asystole)症例に,経皮ペーシングは推奨されない
  • Mini Lecture 1 経静脈ペーシング【山田京志】
6 【C】手軽に役立つ救急超音波~経食道心エコー,FAST を中心に【渡橋和政】
  • One More Experience :エコーによる気胸の診断
7 【C】モニターによる循環管理~カテーテル挿入の手技と評価法【小林道生/小林正和/石橋 悟/久志本成樹】
  • One More Experience :三次元的に血管走行をイメージする/動脈穿刺のコツ
  • Mini Lecture 2 骨髄路【六車 崇】
8 【D】腰椎穿刺と神経・脳波モニター【弦切純也/太田祥一】
  • Mini Lecture 3 シミュレーターでここまでできる【山田京志】

第2章 生命危機回避のための,一歩先行く手技と知識

1 補助循環~導入・維持・離脱に必要な知識と手技【今井 寛】
  • IABP
  • PCPS
2 急性血液浄化法に必要な知識と手技【松田兼一/針井則一/柳沢政彦/後藤順子】
  • One More Experience :血液製剤を用いた回路プライミング,血液製剤調節のコツ「2の法則3 の法則」について
3 穿頭(極小開頭)血腫洗浄術とICP 測定【三宅康史】
  • Pros & Cons :管理目標はICP かCPP か
4 胸腔穿刺,心嚢穿刺【許 勝栄】
  • 胸腔穿刺・胸腔ドレナージ
  • 心嚢穿刺
  • One More Experience :緊張性気胸に対する胸腔穿刺の有効性/大動脈解離や心筋損傷時の心嚢穿刺
5 腹腔穿刺,膀胱内圧モニター【金井尚之】
  • 腹腔穿刺
  • 膀胱内圧モニター
  • One More Experience :腹壁の管理に精通しよう
  • Pros & Cons :診断的腹腔洗浄法(diagnostic peritoneal lavage:DPL)
6 減張切開,筋内圧モニター【池田弘人】
  • One More Experience :減張切開のピットホール
7 膿瘍穿刺ドレナージ,胆嚢・胆道ドレナージ,腎盂穿刺ドレナージ【須山陽介/中塚誠之】
  • 膿瘍穿刺ドレナージ
  • 胆嚢・胆道ドレナージ[A.PTGBD B.PTBD]
  • 腎盂穿刺ドレナージ
  • One More Experience :臓器を経由した穿刺法/液体・空気注入(hydrodissection,pneumodissection)による穿刺経路作成
  • Pros & Cons :左右のアプローチの特徴/1 ステップ法と2 ステップ法の比較
8 チューブ管理,手術後ドレーン管理の基本【鈴木智哉】
  • SBチューブ
  • ST,十二指腸チューブ,イレウスチューブ
  • 手術後ドレーン管理の基本
  • One More Experience :チューブ挿入のタイミング/左右の鼻腔どちらを選択するか?/挿入と固定のコツ
  • Mini Lecture 4 栄養管理~どのように投与してどう管理する?【田中 亮/鶴田良介】
  • Mini Lecture 5 救急医が知っておきたい内診と分娩介助のコツ【寺内文敏】
  • Mini Lecture 6 救急での造影検査【船曵知弘】
  • Mini Lecture 7 菌は嘘つかない!~「名探偵キヨ」のケースファイルから【大楠清文】
  • Mini Lecture 8 救急薬物治療再考①ステロイド~エビデンスをもとに【横田修一/添田 博/太田祥一】
  • Mini Lecture 9 救急薬物治療再考②漢方【中永士師明】

第3章 鏡に強くなる!~介助から実施まで

1 眼底検査「直像鏡の使い方」【西本浩之/本多英喜】
  • One More Experience :検査習得は自転車と同じ!?
2 フレンツェル眼鏡(Frenzel glasses)【本多英喜】
  • One More Experience :致命的なめまいでないと判ればフレンツェル眼鏡検査を行うチャンスである
3 耳鏡,鼻鏡,喉頭内視鏡【清水 顕/鈴木 衞】
  • One More Experience :外耳道異物と鼻出血のピットフォール/喉頭浮腫が高度な場合の気道確保
4 気管支鏡【坂田義詞/古本秀行/池田徳彦】
  • One More Experience :経鼻挿入法
5 上部消化管内視鏡~手技と介助ができる【坂本直人/佐々木仁/渡辺純夫】
6 直腸診と肛門鏡【森 浩介/志賀 隆】
  • One More Experience :知っておきたい異物除去のコツ
  • Mini Lecture 10 ER での医療安全の基本【中江晴彦/平出 敦】
  • Mini Lecture 11 チームSTEPPS®:エビデンスに基づいたチームトレーニング【種田憲一郞】
  • Mini Lecture 12 レセプト再考【鍬方安行】

第2部 ERで必要な整形・外傷治療のエッセンス

第1章 整形外科的手技の苦手を克服~骨折・捻挫に強くなろう!

1 ER での朝まで待てない上手なコンサルテーション【林 励治/川井 真】
  • 「ER 医の」整形外科外傷初期対応
  • 上肢外傷
  • 下肢外傷
  • 体幹外傷
  • 非外傷性整形疾患
2 固定法の種類と特徴~三角巾,包帯,副子【矢内嘉英/加藤 宏】
3 解剖から考える整復固定①脱臼・捻挫・靭帯損傷【香取庸一】
  • 股関節脱臼
  • 膝関節脱臼(膝関節複合靭帯損傷)
  • 足関節靭帯損傷(足関節脱臼)
  • 肩関節脱臼
  • 肘関節脱臼
4 解剖から考える整復固定②骨折,牽引,創外固定【山田賢治/山口芳裕】
  • One More Experience :多発外傷患者における骨折治療/創外固定の長所,短所
5 解剖から理解する関節穿刺と関節内注射【関根康雅/根本 学】
  • One More Experience :股関節穿刺,関節注射

第2章 創傷処置の苦手を克服~どんな傷でもうまく治そう!

1 総論:この傷はどう治す?~テープで止める?縫う?針,糸,縫い方は?【権東容秀】
  • 治療のながれ
  • 洗浄,デブリードマン
  • 縫合の判断
  • 縫合時の注意
  • 縫合の実際
  • 術後処置
  • One More Experience :きれいに縫うためのコツ
2 特殊創への対応~顔面と手指【河内 司/三鍋俊春】
  • 顔面外傷
  • 手指の挫創・切断
  • One More Experience :耳介切断はどれだけ連続性があれば問題ないか/挫滅の強い組織を切除せずに有効に生かす
  • Pros & Cons :救急隊と受け入れ病院
3 感染創への対応~軽症から重症まで【小泉健雄】
  • One More Experience :誠実かつ適切な感染創管理とは…
4 ちょっとしたキズ・けがの対応【鳴海篤志】
  • 擦過創(excoriation)
  • 指尖損傷(finger tip injury)
  • 爪剝離(nail avulsion)
  • 爪床切創・裂創(nailbed injury)
  • 高齢者の剝皮創
  • 指ブロック(digital block)
  • 破傷風予防
  • Mini Lecture 13 救急現場での創傷被覆材のBest Choice と注意点【藤岡正樹】

『第1章 ABCDE アプローチに必須の手技』より抜粋

救急手技プラチナ テクニック 立ち読み1 救急手技プラチナ テクニック 立ち読み2 救急手技プラチナ テクニック 立ち読み3 救急手技プラチナ テクニック 立ち読み4 救急手技プラチナ テクニック 立ち読み5 救急手技プラチナ テクニック 立ち読み6

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】救急・ERノート レジデントノート別冊:直伝! 救急手技プラチナ テクニック〜手技はもちろん、合併症や施行後に考えることなど、次の一手まで見据えた王道アプローチを伝授
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +392円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1170円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1500円
第2地帯(ヨーロッパ) +1500円
第3地帯(アフリカ、南米) +1970円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1820円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2540円
第2地帯(ヨーロッパ) +2800円
第3地帯(アフリカ、南米) +3420円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758116367
  • 9784758116350
  • 9784758116343
  • 9784758118569
  • 9784758118583
  • 9784758118606
  • 9784758116329
  • 9784758113465
  • 9784758105446
  • 9784758117272

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • m2plus eBookStore
  • Knowledge Worker
サイドメニュー開く

TOP