やさしくわかるECMOの基本〜患者に優しい心臓ECMO、呼吸ECMO、E-CPRの考え方教えます!
書籍を購入する

やさしくわかるECMOの基本

患者に優しい心臓ECMO、呼吸ECMO、E-CPRの考え方教えます!

  • 氏家良人/監,小倉崇以,青景聡之/著
  • 定価 4,200円+税
  • 2018年02月19日発行
  • A5判
  • 200ページ
  • ISBN 978-4-7581-1823-1
  • 販売状況: 注文可能(在庫あり)
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

難しく思われがちなECMO管理を,親しみやすい対話形式で基礎からやさしく解説,「患者に優しい管理」が考え方から身につきます.これからECMOを学びはじめたい医師やメディカルスタッフにおすすめの一冊!

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2内容見本3
PDFダウンロード
目次

監修のことば【氏家良人】

はじめに【小倉崇以】

第1章 ECMOを知ろう

Part1 ECMOのコンセプト~ECMOってどんな治療?

1 ECMOはつまり,生命維持装置
2 ECMOの管理理念
3 呼吸ECMOのコンセプト:肺を休める
4 心臓ECMOのコンセプト:心臓は休ませる
5 合併症の少ない優しいECMOを

Part2 ECMO管理のための基礎知識

1 ECMOシステムの構造
2 ECMOの命=脱血:カニューレは太く!短く!
3 シンプルだから難しいガス交換(水蒸気も計算してね!)
4 回路内圧:引くは100まで,送るは400まで
5 回路モニタリング:過度な圧力をモニターし,有害事象の発生を監視
6 ECMOのキードラッグ=抗凝固薬:ヘパリンでAPTTを40~60秒に!
7 溶血の回避

第2章 ECMOを使おう!

Part3 心臓ECMOで繋ぐ命

1 循環補助にはこう使う!
2 心臓ECMOのココに注目!
3 神は細部に宿る(心臓ECMO編)

Part4 呼吸ECMOで繋ぐ命

1 呼吸補助にはこう使う!
2 呼吸ECMOのココに注意!(ECMO 関連の感染症・敗血症)
3 神は細部に宿る(呼吸ECMO 編)

Part5 E-CPRで繋ぐ命

1 E-CPRではこう使う!~ドクターヘリ症例で学ぼう
2 E-CPRのココに注目!
3 神は細部に宿る(E-CPR編)

第3章 ECMOだからできること

Part6 Awake ECMO

1 覚醒したECMO 患者の管理~心地よさを目指して

Part7 Early Mobilization

1 ECMOの患者さんの日常への復帰を目指して
2 Post Intensive Care Syndrome:PICS
3 Early Mobilization
4 ECMOにおけるEarly Mobilization

column ECMOを通して集中治療のアイデンティティを考える【青景聡之】

さいごに【小倉崇以】

『第1章 ECMOを知ろう 3 呼吸ECMOのコンセプト:肺を休める』より抜粋

やさしくわかるECMOの基本 立ち読み1 やさしくわかるECMOの基本 立ち読み2 やさしくわかるECMOの基本 立ち読み3 やさしくわかるECMOの基本 立ち読み4
書評・感想
  • 今年は2009年以来の大流行で,インフルエンザによる重症肺炎や劇症型心筋炎患者が全国各地で発生しました.当院でもインフルエンザによる劇症型心筋炎,肺炎でVA-ECMOを回した症例を経験しました.医者15年を超えてくると,それなりにECMOの経験もあるし,学会発表したこともあります…ただし,私の場合はここのところ4年間が大学院生活でもあり,ずっと第一線でバリバリというわけでもありません….そのようなときに,もう一度基本的な呼吸生理から学べて実践的なECMO患者の診療で気をつける点がわかるような…できれば救急のレジデントやICUのナースさんにもわかりやすい本が何かないかな…と探しておりました.できれば昨今のECMO回路の進歩にも対応したupdatedな本はないかな…そのようなときに出合ったのがこの本です.

    本書は,会話調になっているので,いわば一問一答形式ですぐに必要な情報にありつけます.しかも…この質問をしているのが研修医や看護師さんの設定ですが,救急医の私も聞きたい内容がちりばめられているところに感動です.著者の小倉先生や青景先生は実際に多くのECMO症例を経験し,かつ数々の疑問を解決してきたからこそ,読者が聞きたい質問とその答えにまでたどり着いているのだと思いました.さらに…きちんと引用文献までつけてくれているので,自分で興味があるところはさらに深めることができます.

    また,読者に情報の羅列による記憶の飽和状態をつくらないように,極力無駄な情報を制限することによって,必要な目標値などが明確に理解できる,かつ頭に入るように工夫されているように思いました.

    私の場合は,1回さーっと読んで,納得して,本棚に置いておいて…またECMO症例で迷ったり,わからなかったときにこの本で確認するといった使い道をしようと考えています.

    ローテーションの研修医の先生の場合は,ICUをローテーションしたときにECMO患者の担当になっても,この本をしっかり読んで,上級医の先生のお話をよく聞いて,しっかりと患者さんに向かっていけば十分だと思いました.救急のレジデントの先生,ICUのナースさん,40歳のおじさん救急医でも誰でもこの本は楽しめて,かつ役に立つ本だと思います.ぜひご一読ください.

    一二三 亨(香川大学医学部附属病院救命救急センター)『レジデントノート2018年6月号』より転載

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758118156
  • 9784758118217
  • 9784758112055
  • 9784758109710
  • 9784758117845

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • VarsityWave eBooks
  • Kinoppy
サイドメニュー開く

TOP