バイオ研究者がもっと知っておきたい化学1〜化学結合でみえてくる分子の性質
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2

バイオ研究者がもっと知っておきたい化学1

化学結合でみえてくる分子の性質

  • 齋藤勝裕/著
  • 2009年10月16日発行
  • B5判
  • 182ページ
  • ISBN 978-4-7581-2006-7
  • 定価:3,200円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

バイオ研究者が知っておきたい化学シリーズのページもご覧下さい!

大好評『バイオ研究者が知っておきたい化学の必須知識』の続刊が登場!化学の最も基礎となる「化学結合」を知れば分子の物性,反応性,構造がもっとわかる!バイオ研究に活きる化学的視点がしっかり身につく一冊.

目次

第Ⅰ部 化学結合の鍵は原子にある

1章 原子のなりたち—化学を理解する突破口を開く

  • 原子を構成するもの
  • 電子のエネルギー—原子の化学的性質を決めるもの
  • 電子殻と軌道—電子の居場所でエネルギーが決まる
  • 電子配置のルール
  • 電子配置と周期表
  • イオン化—電子の移動がエネルギーの放出や吸収を引き起こす
  • 電気陰性度—分子の極性を決める指標

2章 放射線と同位体—その実体と生体への影響

  • 同位体(アイソトープ)とは
  • 原子はどう生まれたのか—核融合と核分裂
  • 放射能の実体
  • 放射線の危険性—量と時間と種類が問題
  • 原子核反応と半減期
  • バイオで使う同位体

第Ⅱ部 化学結合でみえてくる分子の性質

3章 共有結合—生体分子を支える大黒柱

  • 分子の種類
  • 結合の種類
  • 共有結合の本質—水素分子はなぜ結合するのか
  • σ結合とπ結合—有機化合物を作る基本結合
  • 共有結合もイオン性をもつ

4章 分子の形—反応性を左右する電子状態

  • 同じ原子同士の結合
  • 軌道は混成する
  • sp3混成軌道とメタン
  • エタンの構造
  • sp2混成軌道とエチレン
  • sp混成軌道とアセチレン
  • アンモニアと水の共通点
  • 三員環の構造—三角形でいられる理由

5章 不飽和結合—共役系が司る分子の性

  • 共役二重結合のからくり
  • 芳香族になる条件
  • C=X結合の構造—意外と複雑な二酸化炭素の結合
  • ヘテロ芳香族化合物—DNAの塩基を作るもの
  • 置換基からみた分子の性質—OH基が酸になるとき
  • 置換基効果—電子の動きが生まれるしくみ

6章 分子軌道法—化学結合を定量化する

  • 軌道は関数で表される
  • 反結合性軌道とは—分子軌道法のカナメ
  • 結合エネルギーは定量化できる
  • エチレンでみる分子軌道の基本
  • 共役化合物の分子軌道
  • 分子軌道法で物性、反応性もわかる
  • 芳香族の分子軌道—ベンゼンはなぜ安定なのか
  • HOMOとLUMO—分子の反応性を知るための指標

第Ⅲ部 分子間力を化学的に捉えてみよう

7章 配位結合—錯体から学ぶその特性

  • 配位結合とは—共有結合と似て非なる結合
  • 錯体は配位結合を作る
  • ヘムとクロロフィルの構造
  • 結晶場理論からみた錯体—d軌道は分裂する
  • 錯体の電子状態—磁性や色彩を決めるしくみ

8章 分子間力—高次の分子を作る立役者

  • 水素結合—水分子はなぜ会合するのか?
  • ファンデルワールス力—いつでも何処でも起こりうる引力
  • ππスタッキング—芳香環も互いに引き合う
  • 電荷移動相互作用—分子間のイオン結合
  • 疎水性相互作用—分子膜、細胞膜を構成する引力

9章 超分子—DNA、タンパク質を化学する

  • 分子膜のしくみ—細胞膜はなぜ流動的なのか
  • タンパク質の立体構造
  • DNAの構造—AとT、CとGが組み合わさる理由
  • 超分子構造を変化させるもの—pH、温度、濃度
  • 超分子の医療への応用
書評・感想
  • 久しぶりに基礎科学を勉強出来て、楽しかったです。内容もわかりやすかったと思います(勤務医)

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】バイオ研究者がもっと知っておきたい化学1〜化学結合でみえてくる分子の性質
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +256円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +750円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +960円
第2地帯(ヨーロッパ) +960円
第3地帯(アフリカ、南米) +1250円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125253
  • 9784758120999
  • 9784758122412
  • 9784758125215
  • 9784758113571
  • 9784758125208
  • 9784758125192
  • 9784758107327
  • 9784758108034
  • 9784758107334
サイドメニュー開く

TOP