ウイルス感染症の検査・診断スタンダード
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2

ウイルス感染症の検査・診断スタンダード

  • 田代眞人,牛島廣治/編
  • 2011年06月30日発行
  • B5変型判
  • 447ページ
  • ISBN 978-4-7581-2022-7
  • 定価:19,000円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

主要ウイルスの特徴・疫学・臨床症状などの必須情報から,ウイルス分離,各種血清学的診断法などの検査手技まで,必要な知識と技術を網羅.臨床検査技師,感染症医,ウイルス研究者必携の書!

目次

第Ⅰ部 臨床編

第1章 臨床編概論

1 臨床ウイルス感染症学概論【田代眞人/木村博一】
  • ウイルスの分類および構造
  • 感染・増殖機構
  • 宿主(生体)防御機構
  • 感染経路
  • 主要症候および診断
  • 予防と治療法

第2章 呼吸器症候群

1 インフルエンザウイルス【小渕正次/水田克巳/田代眞人】
  • インフルエンザウイルスの概要
  • インフルエンザウイルス感染症の臨床症状
  • インフルエンザウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
2 ヒトパラインフルエンザウイルス【水田克巳/木村博一/吉住正和/田代眞人】
  • ヒトパラインフルエンザウイルス(HPIV)の概要
  • HPIV感染症の臨床症状
  • HPIVの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
3 Respiratory Syncytial (RS)ウイルス【木村博一/菅井和子/田代眞人】
  • Respiratory Syncytial (RS)ウイルスの概要
  • RSウイルス感染症の臨床症状
  • RSウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
4 ライノウイルス【岡山吉道/木村博一/羅 智靖】
  • ライノウイルス(HRV)の概要
  • HRV感染症の臨床症状
  • HRVの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
5 コロナウイルス【水谷哲也/田代眞人】
  • コロナウイルスの概要
  • コロナウイルス感染症の臨床症状
  • コロナウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
6 ヒトアデノウイルス【水田克巳/調 恒明/木村博一/田代眞人】
  • ヒトアデノウイルス(HAdV)の概要
  • HAdV感染症の臨床症状
  • HAdVの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
7 ヒトメタニューモウイルス【木村博一/水田克巳/調 恒明/田代眞人】
  • ヒトメタニューモウイルス(HMPV)の概要
  • HMPV感染症の臨床症状
  • HMPVの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
8 ボカウイルス【水谷哲也/木村博一/田代眞人】
  • ボカウイルスの概要
  • ボカウイルス感染症の臨床症状
  • ボカウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防

第3章 中枢神経症候群

1 エンテロウイルス【清水博之】
  • エンテロウイルスの概要
  • エンテロウイルス感染症の臨床症状
  • エンテロウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
2 ポリオウイルス【清水博之】
  • ポリオウイルスの概要
  • ポリオウイルス感染症の臨床症状
  • ポリオウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
3 ムンプスウイルス【加藤 篤】
  • ムンプスウイルスの概要
  • 流行性耳下腺炎の臨床症状
  • 流行性耳下腺炎の疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
4 ウエストナイル熱,日本脳炎【大松 勉/高崎智彦】
  • ウエストナイルウイルス,日本脳炎ウイルスの概要
  • 臨床症状
  • ウエストナイル熱,日本脳炎の疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
5 狂犬病【井上 智/二宮 清】
  • 狂犬病の概要
  • 狂犬病の臨床症状
  • 狂犬病の疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防

第4章 皮膚発疹症候群

1 麻疹【岡部信彦】
  • 麻疹ウイルスの概要
  • 麻疹の臨床症状
  • 麻疹の疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
2 風疹【岡部信彦】
  • 風疹ウイルスの概要
  • 風疹の臨床症状
  • 風疹の疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
3 水痘・帯状疱疹【岡部信彦】
  • 水痘・帯状疱疹ウイルスの概要
  • 水痘・帯状疱疹の臨床症状
  • 水痘・帯状疱疹の疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
4 単純ヘルペス【岡部信彦】
  • 単純ヘルペスウイルスの概要
  • 単純ヘルペスの臨床症状
  • 単純ヘルペスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
5 突発性発疹(ヒトヘルペスウイルス6,7)【岡部信彦】
  • ウイルスの概要
  • 突発性発疹の臨床症状
  • 突発性発疹の疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
6 伝染性紅斑(ヒトパルボウイルスB 19)【岡部信彦】
  • ヒトパルボウイルスB 19の概要
  • 伝染性紅斑の臨床症状
  • 伝染性紅斑の疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
7 エンテロウイルス感染症(発疹性疾患)【岡部信彦】
  • エンテロウイルスの概要
  • エンテロウイルス感染症の臨床症状
  • エンテロウイルス感染症の疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
8 ウイルス性出血熱【岡部信彦】
  • ウイルス性出血熱の概要
  • エボラ出血熱(Ebola haemorrhagic fever)
  • クリミア・コンゴ出血熱(Crimean-Cong haemorrhagic fever:CCHF)
  • マールブルグ病(Marburug disease)
  • ラッサ熱(Lassa fever)
  • 南米出血熱(South American hemorrhagic fevers)
9 天然痘(痘瘡)【岡部信彦】
  • 天然痘ウイルスの概要
  • 天然痘の臨床症状
  • 天然痘の疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防

第5章 消化器症候群

1 ロタウイルス【中込 治/中込とよ子】
  • ロタウイルスの概要
  • ロタウイルス感染症の臨床症状
  • ロタウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
2 ノロウイルス【田中智之】
  • ノロウイルスの概要
  • ノロウイルス感染症の臨床症状
  • ノロウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
3 サポウイルス【辰巳正純/堤 裕幸】
  • サポウイルスの概要
  • サポウイルス感染症の臨床症状
  • サポウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
4 アストロウイルス【沖津祥子/牛島廣治】
  • アストロウイルスの概要
  • アストロウイルス感染症の臨床症状
  • アストロウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防
5 アイチウイルス【山下照夫】
  • アイチウイルスの概要
  • アイチウイルス感染症の臨床症状
  • アイチウイルスの疫学
  • 臨床・実験室診断
  • 治療・予防

第6章 その他の症候群

1 ウイルス性肝炎【脇田隆字】
  • ウイルス性肝炎の概要
  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • D型肝炎
  • E型肝炎
  • おわりに
2 ウイルス性眼疾患【梁 明秀】
  • ウイルス性眼疾患の概要
  • アデノウイルス結膜炎
  • エンテロウイルス結膜炎
  • 角膜ヘルペス
  • 眼部帯状疱疹
  • HTLV-1関連ぶどう膜炎
  • サイトメガロウイルス網膜炎
  • 急性網膜壊死
3 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)【梁 明秀】
  • HIVの概要
  • HIV感染症の臨床症状
  • HIVの疫学
  • HIV抗体検査とウインドウ期
  • 治療
4 性感染症【赤石理奈/山田崇弘/水上尚典】
  • 性感染症(STD)の概念とその変化
  • 単純ヘルペスウイルス
  • ヒトパピローマウイルス
5 周産期感染症【山田崇弘/水上尚典】
  • はじめに
  • サイトメガロウイルス
  • 風疹ウイルス
  • ヒトパルボウイルスB19
  • 単純ヘルペスウイルス
  • B型肝炎ウイルス
  • C型肝炎ウイルス
  • HIV
6 国際(輸入)感染症【谷口清州】
  • 国際(輸入)感染症の意義
  • 診断への糸口
  • 国際的な取り扱い
  • 国内における対応
7 人獣共通感染症【明石博臣】
  • 人獣共通感染症の概要
  • 動物のポックスウイルス感染症
  • 馬脳炎
  • ヘニパウイルス感染症
  • 動物由来出血熱

第7章 予防接種概論

1 予防接種概論【多屋馨子/岡部信彦】
  • はじめに
  • 予防接種に関連する法令
  • 日本で接種可能な予防接種の種類
  • 日本の予防接種スケジュール
  • 予防接種で予防可能な疾患の国内サーベイランス
  • 予防接種後副反応サーベイランス
  • 予防接種後健康被害救済制度
  • おわりに

第Ⅱ部 検査診断編

1 実験室内検査診断の概要と実際【野田雅博/水田克巳/木村博一/田代眞人】

1 ウイルス感染症の実験室診断の概要
2 病原体特定のための実験室診断の概要
3 検査材料の採取,輸送,取扱,保存・管理および結果報告

2 ウイルス分離培養

1 細胞培養法【水田克巳/野田雅博】
  • ウイルス分離培養の歴史と原理
  • 本法の特性
  • 主な培養細胞と分離ウイルス
  • 試料の調製
  • 試薬/抗原の調製
  • ウイルス分離
  • 分離株の同定
  • 全体的な注意やトラブルシューティング
  • 分離ウイルスと疾病診断
  • 特殊な測定手技
[検査・診断手技]
  • 株化細胞の継代培養法
  • 細胞の凍結保存法
  • 細胞の再起培養
  • プレート法によるウイルス分離
  • チューブ法によるウイルス分離
  • シェルバイアル法の実際
2 孵化鶏卵培養法【小渕正次】
  • 孵化鶏卵培養法
  • 手技上の特性
  • 適用されるウイルス
  • 試料の調製
  • 試薬の調製
  • 孵化鶏卵培養法の手技実際
  • 実施上の注意
  • 変法:羊膜腔内接種
  • 判定方法
[検査・診断手技]
  • 羊膜腔内接種
  • 尿膜腔内接種
3 実験動物,等【永田典代/長谷川秀樹】
  • 実験動物を用いた感染実験の原理・目的
  • 動物実験の特性
  • 診断によく使われる疾患
  • 実験に用いる動物
  • 動物の入手と準備
  • 手技実際
  • 全体的な注意点
  • 判定基準

3 遺伝子増幅/解析

1 ウイルス遺伝子の増幅および解析【塚越博之/調 恒明/木村博一】
  • 遺伝子増幅法(PCR)の原理
  • PCR反応緩衝液
  • 遺伝子増幅法によるウイルス検査診断の特性
  • 診断によく使われる疾患
  • 全体的な注意
  • PCR法における一般的なトラブルシューティング
  • PCR法の応用
  • 遺伝子増幅解析法によるウイルス遺伝子解析の実際
  • リアルタイムPCR法の実際例
[検査・診断手技]
  • ウイルスRNA抽出実際例
  • リアルタイムPCR検査の流れとポイント
2 ウイルス遺伝子の網羅的解析法【水谷哲也】
  • ウイルス遺伝子の網羅的解析とは
  • ウイルスゲノムの特徴
  • ウイルスを網羅的に検出するためのポイント
  • 未知のウイルスを同定する方法
  • RDV法の手技実際
  • RDV法実施上の注意点
  • RDV法を応用可能な手技
[検査・診断手技]
  • RDV法(バージョン3.1)

4 中和試験【野田雅博/水田克巳/小澤邦壽】

  • 測定原理
  • 中和試験の特性
  • 検査診断に応用される疾患
  • 試料の調製
  • 試薬・抗原の調製
  • 中和試験による中和抗体価測定の実際
  • 全体的な注意やトラブルシューティング
  • 特殊な測定手技
  • 判定基準
[検査・診断手技]
  • ウイルス液調製
  • CPEを指標としたウイルス感染価測定(通常法)
  • CPEを指標としたウイルス感染価測定(簡便法:細胞─ウイルス同時接種法)
  • プラーク法による感染価測定
  • 血清希釈法
  • NT用ウイルス量の二次検定実際
  • ウイルス希釈法
  • プラーク減少法によるNT抗体測定
  • 抗血清の力価測定とウイルス株の血清学的同定

5 赤血球凝集・凝集抑制試験(赤血球吸着・赤血球吸着阻止試験)【水田克巳/野田雅博】

  • 原理
  • 試験の特性
  • 診断に多用される疾患
  • 試料の調製
  • HAおよびHI試験
  • HAd試験
  • HAおよびHI試験における全体的な注意やトラブルシューティング
  • その他の測定手技
[検査・診断手技]
  • RDE処理(インフルエンザウイルス,パライフルエンザウイルスなど)
  • カオリン処理(風疹ウイルスなど)
  • アセトン処理(日本脳炎ウイルスなど)
  • 赤血球浮遊液の調製
  • HA試験術式(インフルエンザウイルス)
  • HI試験術式(インフルエンザウイルス)
  • 使用HA抗原量のバックタイトレーション(インフルエンザウイルス)
  • HA試験術式(風疹ウイルス)
  • HI試験術式(風疹ウイルス)
  • 使用HA抗原量のバックタイトレーション(風疹ウイルス)
  • HA試験術式(日本脳炎ウイルス)
  • HI試験術式(日本脳炎ウイルス)
  • 使用HA抗原液のバックタイトレーション(日本脳炎ウイルス)
  • HAd試験術式
  • HAdI試験によるPIV(浮遊HMV-Ⅱ細胞)の型別
  • 2-メルカプトエタノール(2-ME)あるいはジチオスレイトール処理
  • 2-ME・ヨードアセトアミド処理

6 酵素免疫測定法・免疫クロマト法【水田克巳/木村博一/調 恒明】

  • 測定原理
  • EIAあるいはICR法により検査診断が可能なウイルス感染症
  • 試料の採取・調製・保存
  • 全体的な注意やトラブルシューティング

7 蛍光抗体法【塚越博之/小澤邦壽/木村博一】

  • 原理
  • 蛍光抗体法に使用する機器・試薬について
  • ウイルス感染症における本法の特性
  • 診断によく使われる疾患
  • 蛍光抗体法の手技の実際
  • 全体的な注意
[検査・診断手技]
  • 直接蛍光抗体法による単純ヘルペスウイルスの同定
  • 間接蛍光抗体法によるインフルエンザウイルス検査の実際
  • 蛍光抗体法による血清ウイルス抗体検査法(IgG)
  • 蛍光抗体法による血清ウイルス抗体検査法(IgM)

8 粒子凝集法【野田雅博/水田克巳】

  • 測定法の原理
  • 粒子凝集法の特性
  • 診断に多用される疾患
  • 手技の実際
  • 実施上の注意点
[検査・診断手技]
  • 麻疹ウイルスPA法による抗体測定
  • ヒト免疫不全ウイルスPA法による抗体測定(定性および定量)

9 ウエスタンブロット法【近藤麻美/梁 明秀】

  • ウエスタンブロット法の原理
  • ウエスタンブロットの特性
  • 診断に多用される疾患
  • 試料の調製
  • 試薬・抗原の調製
  • ウエスタンブロットの手技
  • 実施上の注意
  • キットを用いたウエスタンブロット検査
  • 特殊な手技(変法)
  • 判定基準
[検査・診断手技]
  • 抗原の調製
  • ゲルの作製
  • 電気泳動(SDS-PAGE)
  • サブマリン方式によるブロッティング
  • セミドライ方式によるブロッティング
  • CBB染色によるタンパク質の検出
  • 血清処理
  • DAB法による検出
  • HRP反応の化学発光法による検出
  • アルカリホスファターゼ反応の発色基質による検出

10 フローサイトメトリー【吉田篤司/梁 明秀】

  • フローサイトメトリー(FCM)の原理
  • FCMが診断に利用される疾患
  • 今後ウイルス感染関連検査に応用可能と思われるFCMを利用した方法
  • FCM手技の実際
  • おわりに
[検査・診断手技]
  • 試料の調製(ヒト血液からのリンパ球の分離)
  • マルチカラー解析
  • テトラマーアッセイ
  • 細胞内サイトカイン染色

11 電子顕微鏡/病理組織学的検査

1 ウイルスの電子顕微鏡学的検査【永田典代/長谷川秀樹/佐多徹太郎】
  • 電子顕微鏡の原理
  • 電子顕微鏡学的検査の特性
  • 試薬等の調整
  • 電子顕微鏡学的検査の手技実際
  • 実施上の注意
  • 特殊な手技(免疫電顕)
  • 判定基準
[検査・診断手技]
  • ネガティブ染色法による電子顕微鏡学的検査
  • 感染細胞を用いた電子顕微鏡学的検査
  • 免疫電顕
2 ウイルスの病理組織学的検査【永田典代/長谷川秀樹/佐多徹太郎】
  • ウイルス病理組織学的検査の原理
  • 病理組織学的検査の特性
  • 診断によく使われる疾患
  • 試料の調製
  • 病理組織学的検査の手技実際と実施上の注意
  • 特殊な手技─in situ ハイブリダイゼーション─
  • 判定基準
[検査・診断手技]
  • オルセイン染色
  • ビクトリア青染色
  • 酵素抗体法の基本的な染色方法

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】ウイルス感染症の検査・診断スタンダード
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +1520円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1625円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2085円
第2地帯(ヨーロッパ) +2085円
第3地帯(アフリカ、南米) +2750円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +2400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +3300円
第2地帯(ヨーロッパ) +3650円
第3地帯(アフリカ、南米) +4900円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758122429
  • 9784758122412
  • 9784758103817
  • 9784758125239
  • 9784758125222
  • 9784758103794
  • 9784758122054
  • 9784758117050
  • 9784758122009
  • 9784758100656
サイドメニュー開く

TOP