実験医学 2019年10月号 Vol.37 No.16

AIとがん研究 その妥当性、有効性

ゲノム・エピゲノムから細胞・医用画像まで

  • 浜本隆二/企画
  • 2019年09月20日発行
  • B5判
  • 145ページ
  • ISBN 978-4-7581-2524-6
  • 定価:2,000円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内
企画者のことば

ディープラーニング(深層学習)技術の登場,GPU(graphics processing unit)を中核とした計算機環境の向上,およびデータベースの拡充によるビッグデータ利活用の簡便化などの要因により,現在,人工知能(artificial intelligence:AI)技術に大きな期待が寄せられている.2018年1月,Google社のCEOであるSundar Pichai氏は,米国の番組に出演し,“現在,人類が取り組んでいるAIの開発は人類史上で最も重要な任務の一つ.火や電気よりも重要になるかもしれない”とAIの重要性を語った.実際Donald Trump米大統領は2019年2月に,大統領令として“American AI Initiative”を発し,米国がAI開発において世界を牽引するという強い意志を示した.また中国政府は2017年7月,AI技術とその応用に関して3段階の政策を発表し,AIイノベーションで世界のリーダーをめざすことを世界に示した.このように,列強がしのぎを削ってAI開発に取り組んでいるなか,わが国においても,2016年に内閣府が策定した第5期科学技術基本計画のなかで“Society 5.0”として,未来社会のコンセプトが明文化され,その実現においてAI技術が重要な基盤技術として位置づけられている.現在,AIはさまざまな分野に応用されているが,ライフサイエンス分野も重要な領域の一つと考えられ,メディカルAI研究が世界レベルで推進されている.本特集においては,メディカルAI研究のなかでも,がんに関連した話題に焦点をあて,学術的側面から見た最先端の知見を,国内第一線の先生方からご紹介いただく.

浜本隆二(国立がん研究センター研究所がん分子修飾制御学分野)

特集の概論を読む
PDFダウンロード

AIによるビッグデータ解析でがんの本質を見抜く!ゲノム・細胞画像・医用画像・文献情報などの解析にAI技術を用いた最新の実例をご紹介.研究に,診断に,AIを取り入れようか迷っている方必見です.

目次

特集

AIとがん研究 その妥当性、有効性〜ゲノム・エピゲノムから細胞・医用画像まで
企画/浜本隆二
概論―がん研究におけるAI活用の重要性【浜本隆二】
機械学習を用いたゲノム・エピゲノム研究【瀬々 潤】
人工知能を用いた臨床ゲノム解析【井元清哉】
深層学習を用いた内視鏡画像解析と社会実装へむけた取り組み【山田真善,山田滋美,近藤裕子,浜本隆二】
病理学と人工知能―信頼されるAI技術へ【山本陽一朗】
計算機的な放射線医学と深層学習【小林和馬】
分子レベルにおけるAIの創薬応用【田中良尚,小島諒介,玉田嘉紀,鎌田真由美,奥野恭史】
【フォーラム】がん以外の領域にみる医学研究×AIの可能性
出生前診断における人工知能技術の活用【小松正明】
機械学習を用いた精神疾患の診断支援の試み【岸本泰士郎】
網膜剥離および緑内障のスクリーニングシステム【升本浩紀】
バイオバンク・ゲノムコホートの人工知能解析【田宮 元】

いま知りたい!!

研究につまずいたとき,力をもらえる本〜書評コーナー
ネアンデルタール人は私たちと交配した【評者:田中啓二】
7つの習慣【評者:吉本桃子】
紙の動物園【評者:藤井宣晴】
若き科学者への手紙【評者:安田 圭】
劒岳<点の記>【評者:髙橋智聡】
小さな小さなクローディン発見物語【評者:宮園浩平】
道は開ける【評者:仲野 徹】
時間・愛・記憶の遺伝子を求めて【評者:嘉糠洋陸】

連載

News & Hot Paper Digest
睡眠学習は実現可能か?【本城咲季子】
ノックインを行う新奇CRISPR!?【菅野茂夫】
PARP阻害剤の新たな機序を発見―治療対象人口が大幅増の可能性【MSA Partners】
日本発の国際研究助成プログラムHFSPの30周年を世界が祝福【実験医学 編集部】
カレントトピックス
天然変性タンパク質「TEX264」が小胞体をオートファジーに導く【千野 遥,水島 昇】
GTP代謝リプログラミングによる核小体活性化とがん化メカニズム―がん100年の謎:核小体異形成とGTP代謝のクロスロード【小藤智史,佐々木敦朗】
運動をする「時間」は,運動による骨格筋代謝機能への影響を決定する要因である【佐藤章悟,Paolo Sassone–Corsi】
ヒト多能性幹細胞の樹立・維持をつかさどるファウンダー細胞の発見【中西未央】
神経細胞のゲノム高次構造再構築が学習と記憶を可能にする【山田朋子】
クローズアップ実験法
ChIP-Atlas:既報のChIP-seqデータをフル活用するためのウェブサービス【沖 真弥,大田達郎】
イメージングデータ解析よろず相談所
顕微観察画像の定量的情報解析とその落とし穴【小山宏史,加藤 輝】
私のメンター
Gideon Dreyfuss―飽くなき好奇心を持つ RNA 業界の大家【甲斐田大輔】
ラボレポート―留学編―
深海を照らすふわふわを求めて―Monterey Bay Aquarium Research Institute【別所-上原 学】
Opinion-研究の現場から
アカデミア研究者に「向いている」のってどんな人?【西村亮祐,寺田拓実】
バイオでパズる!
L字マイクロピペット【山田力志】

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:AIとがん研究 その妥当性、有効性〜ゲノム・エピゲノムから細胞・医用画像まで
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +160円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +690円
第2地帯(ヨーロッパ) +690円
第3地帯(アフリカ、南米) +890円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758103664
  • 9784758120968
  • 9784758120548
  • 9784758103732
  • 9784758122368
  • 9784758103633
  • 9784758101271
サイドメニュー開く

TOP