重要ワードでわかる 分子生物学超図解ノート
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2

重要ワードでわかる

分子生物学超図解ノート

  • 田村隆明/著
  • 2006年03月13日発行
  • B5変型判
  • 237ページ
  • ISBN 978-4-89706-497-0
  • 定価:3,800円+税
  • 注文不可
    在庫:なし
PDFダウンロード

幅広い領域が驚くほど効率よく理解できる,初学者必携ノート!分子生物学の骨格がつかめる重要語句を精選,語句のつながりは章ごとの概論でカンタン整理.知識の補充,見直しにも役立ちます!

目次

第1章 細胞を構成する要素

概 論

重要ワード

  • 生物とウイルス
  • 細胞の構造と機能
  • 細菌の細胞と増殖
  • 糖と脂質
  • 酵素と代謝
  • アミノ酸とタンパク質
  • 核酸
  • DNAのトポロジー
  • RNAの機能

第2章 遺伝子の複製と保持

概 論

重要ワード

  • DNAの複製
  • DNA合成酵素
  • 複製における末端問題
  • 突然変異とその影響
  • 変異の修復
  • 紫外線によるチミン二量体の形成
  • 組換え機構

第3章 遺伝情報の発現

概 論

重要ワード

  • 遺伝子発現と転写
  • 転写後修飾
  • RNAのつなぎかえ「スプライシング」
  • 遺伝コードとアミノアシルtRNA
  • 翻訳機構
  • 翻訳後修飾とタンパク質の制御
  • RNA干渉(RNAi)

第4章 転写制御

概 論

重要ワード

  • 大腸菌の転写とオペロン
  • 転写機構
  • エンハンサーと転写制御因子
  • 転写制御機構
  • 刺激応答と転写制御
  • NF-κB
  • クロマチンの構造変化
  • 転写と他の核内機能とのかかわり

第5章 大腸菌の分子遺伝学

概 論

重要ワード

  • 大腸菌
  • バクテリオファージ
  • λファージ
  • プラスミド
  • R因子とF因子
  • 移動性DNA:トランスポゾン

第6章 遺伝子工学

概 論

重要ワード

  • 制限酵素
  • 組換えDNAとベクター
  • 組換えDNA操作
  • 遺伝子クローニング
  • 遺伝子導入(トランスジェニック)個体
  • 遺伝子ターゲティング

第7章 分子生物学的技術

概 論

重要ワード

  • DNAの抽出,分離,検出
  • ハイブリダイゼーション
  • 塩基配列解析
  • PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)
  • ブロッティング技術
  • タンパク質相互作用の検出
  • 網羅的遺伝子発現解析
  • プロテオーム解析
  • バイオインフォマティクス
  • 細胞工学,発生工学,再生工学

第8章 真核生物のゲノム

概 論

重要ワード

  • ゲノム構成要素
  • 真核生物の転移性DNA
  • クロマチン構造の階層性
  • 染色体
  • ゲノム構造解析
  • ゲノム機能解析

第9章 細胞の機能維持と情報伝達

概 論

重要ワード

  • 細胞骨格系と細胞間相互作用
  • 細胞間シグナル伝達
  • 細胞内シグナル伝達
  • Gタンパク質
  • MAPKカスケード
  • イノシトールリン脂質
  • 受容体近傍にある転写因子の活性化
  • 核内受容体
  • ストレス応答
  • 核膜輸送
  • タンパク質のユビキチン化

第10章 細胞の増殖

概 論

重要ワード

  • 細胞分裂の周期性
  • 細胞周期制御
  • 細胞増殖抑制因子:p53とRB
  • 減数分裂
  • アポトーシス
  • 正常細胞から癌細胞への変化
  • ウイルスによる発癌
  • 発癌と癌抑制にかかわる遺伝子

第11章 発生と分化

概 論

重要ワード

  • 初期発生の過程
  • 体制の決定と分化の制御
  • ホメオボックス遺伝子
  • 再生と幹細胞
  • 再生医療
  • 血球細胞の分化
  • 神経系の形成
  • 骨および筋肉の形成

第12章 生体制御システムとその破綻

概 論

重要ワード

  • 生体防御と免疫
  • 免疫における多様性の獲得と細胞応答
  • エイズ
  • 神経機能
  • 記憶・学習とシナプス可塑性
  • 神経変性疾患とプリオン病
  • 老化と寿命
  • 生活習慣病
  • 疾患としての癌
  • 遺伝子治療
教科書採用者の声
  • 重要な語句を2ページで簡潔にまとめて説明してあるので概略を短時間で把握するのに非常に有用である。わかりやすいイラストつきであるのもありがたい。(私大医療系)
  • 最近は高校で生物を学んで来ないで生命系の学部に進学する学生が増えています.私は学部1年から大学院まで幅広い学生の講義を担当していますが,本書はデータを理解する実験手法が図解されており,1~2年生の副読本として特にすぐれていると思います.(北海道大学教授 鈴木利治)
書評・感想
  • ヒトゲノム,遺伝子工学,クローニングetc. etc. 昨今の話題にはこれらの言葉が頻発する.このように,文系,理系を問わず「分子生物学」の考え方は現在の知識人には必須のものとなりつつある.この流れは,ハーバード,MIT,スタンフォードなど,米国の一流校で博士(Ph.D)と名の付く資格の取得にはすべてBiologyコースを必修としたことによく表れている.

    一方,分子生物学は年とともにその広がりも深さも増し,20年前のように一冊の教科書から,そのすべてを知ることは困難となってきた.教科書自体も年々厚くなる傾向にある.それは,必然的にこの分野を理解しようとする人々を減らしてしまう.

    これに果敢に挑戦したのが本書である.

    一般人が分子生物学の言葉を聞いたとき,それが何を意味するかを理解することが第一歩であろう.そのような信念にたって,分子生物学に必要な主要な語句(すなわち,概念)約100個を選び,それらを互いの関連性において有機的に解説し,分子生物学の全貌を概観できるように工夫された最初の試みといえよう.わかりやすい図にも助けられて,これは見事に成功している.読者は興味のある一項目を読み,さらに関連のある他の項目へと進んで概念を補完,成熟させることができる.高校で生物を修めた人ならば,容易に入っていくことができよう.副読本としてもよい「まとめ」となる.

    一方,医・理・農・薬系で生物学を一応修めた人でも専門外の諸事項・技術といった類を見直し,明確化したいときにも重要な参考書として働くだろう.筆者は,現役バリバリであり「ウイルスは厳密には生物とはいえない」など随所にしっかりした哲学を示している.

    上記,多くの人々の座右に奨めたい一冊である.(埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 所長 村松正實)

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】重要ワードでわかる 分子生物学超図解ノート
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +304円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1030円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1320円
第2地帯(ヨーロッパ) +1320円
第3地帯(アフリカ、南米) +1730円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2360円
第2地帯(ヨーロッパ) +2600円
第3地帯(アフリカ、南米) +3080円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758120272
  • 9784758103794
  • 9784758103770
  • 9784758103756
  • 9784758103732
  • 9784758103688
  • 9784758103671
  • 9784758122368
  • 9784897064963
  • 9784758120029
  • 9784897062808
サイドメニュー開く

TOP