いま話題の書籍をご紹介します

いま売れています

在庫切れ続出!『レジデントノート 2021年5月号 〜ルーティンを見直す!病棟指示と頻用薬の使い方

  • 2021/05/25
レジデントノート編集部 K

こんにちは、『レジデントノート 2021年5月号』がおかげさまで大好評です! 一時は書店、Amazonで在庫切れになっておりましたが、順次納品させていただいております。
ぜひ最新号の6月号と合わせてチェックしてみてください。

病棟指示を適切に出すために押さえておくべきこととは?

レジデントノート編集部 K

5月号の編者は、松原知康先生(広島大学 脳神経内科)と、宮崎紀樹先生(医療法人社団晃山会 松江病院)。 レジデントノート2020年10月号「救急でもう騙されない!ミミックとカメレオン」と同じコンビでのご編集です。

5月号のテーマは「病棟指示を適切に出すための基礎知識・考え方を習得する」。

  • 病棟指示の候補となる薬剤や処置の特徴および使い所・使うべきでない状況をまとめるとともに、ドクターコールを受けたときの考え方・動き方を解説しています。
  • いわゆる“正論”だけではない、患者さん・医師・メディカルスタッフの三者とも心地よくすごせる「病棟指示の出し方」が学べる一冊です。
レジデントノート編集部 K

初期研修医の先生も、入院患者さんを受け持つことになったら必ず病棟指示を記載すると伺いました。そんな、すべての医師にとって重要なのに意外と教わらない内容をまとめた特集です。ここで考え方を身につければ、一生役立つこと間違いなしです!

最後に、本書をお読みいただいた先生のコメントや、SNSに投稿されたご感想を一部ご紹介します。

研修医の先生方から意外とよく質問される一般病棟管理は、自分自身が勤務している病院のルーティーン対応となっていることも多かった。

そのため、後輩からの質問にクリアカットに回答できないことも多々あったが、本書のおかげで今後は自信をもって説明することができるようになった。

三谷雄己 先生(県立広島病院救急科)

今すぐWEBで立ち読みできます!

レジデントノート 2021年5月号 〜ルーティンを見直す!病棟指示と頻用薬の使い方

意外と教わらない、一生使える知識の詰め合わせ 松原知康、宮崎紀樹/編 定価:2,200円(本体2,000円+税)

更新一覧

過去記事を全て見る

ひつじ社員

「いま話題の書籍をご紹介します」のコーナーでは、<オンラインの場でも,本との出会いの機会を増やしたい> そんな思いを込めて,羊土社の各担当者が話題の本・売れている本を随時ご紹介します。

最新の情報は、羊土社ホームページのTOPページに掲載します。
次回更新をぜひお楽しみに。


TOP