いま話題の書籍をご紹介します

いま売れています

逃げない内科診療 「専門外なので…」から「全身を診る!」へ (『シリーズGノート』第1号)

シリーズGノート 逃げない内科診療「専門外なので…」から「全身を診る!」へ

マルチモビディティ時代に、「専門外なので診られません…」とならないために

これからの地域医療で真に求められるテーマを、書籍でしっかり&じっくり学べる『シリーズGノート』が、2021年10月に誕生しました。第1号のタイトルは、『逃げない内科診療 「専門外なので…」から「全身を診る!」へ』です。

担当者のアイコン 編集部H

書店さんから「よく売れています」との声をいただいています。
Amazonでも「臨床医学一般」1位&総合ランキング3ケタ台を記録しました

担当者のアイコン 編集部M

記念すべき第1号が好評で嬉しいです。
改めて、現場で必要なテーマだったことを実感しています

専門外を診るために知っておきたい実践臨床76講を紹介

マルチモビディティの患者さんがどんどん増えているなか、地域の病院や診療所では先生方が自分の専門外についても診る必要に迫られていると聞きます。また、そもそも目の前の患者さんのマルチモビディティにちゃんと気づけているか?という課題もありそうです。
本書は、そのような現場ニーズにお応えすべく企画されました。具体的には、、、

  • 呼吸器、循環器、消化器…と幅広い領域(内科にとどまりません!)をカバー
  • 76講すべてにコラムを掲載。知って得するトピックや現場のお役立ち情報が満載
担当者のアイコン 編集部M

分厚い本なので、まずはコラムを読んでいくのもオススメです

目次のチェックや、ためし読みはこちら

シリーズGノート 逃げない内科診療「専門外なので…」から「全身を診る!」へ

シリーズGノート 逃げない内科診療 「専門外なので…」から「全身を診る!」へ

赤井靖宏,東 光久,八田 告,鈴木 聡,西山大地,原 将之(やっちゃえ!Genespelist)/編 5,280円(本体4,800円+税)
担当者のアイコン 編集部H

シリーズGノートは、10月(秋)と4月(春)の年2回発行です。
次号もご期待ください

担当者のアイコン 編集部M

ウェブGノート(登録無料)もよろしくお願いします!

SNSでも話題です

Gノート とは

“患者を診る 地域を診る まるごと診る”医師のための実践雑誌として2014年創刊(Gは general practiceから)。「総合診療・地域医療の現場で本当に役立つ情報を、読者目線でわかりやすく!」をモットーに発行しています。 ウェブGノートのページへ

ひつじ社員 ひつじ社員

「いま話題の書籍をご紹介します」のコーナーでは、<オンラインの場でも、本との出会いの機会を増やしたい>そんな思いを込めて、羊土社の各担当者が話題の本・売れている本を随時ご紹介します。

最新の情報は、羊土社ホームページのTOPページに掲載します。
次回更新をお楽しみに。


TOP