よろずお助けQ&A:高齢者の薬よろずお助けQ&A100〜高齢者はここが違う!症例に合わせた薬の安全処方−使い分けとさじ加減
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2
  • 内容見本3
よろずお助けQ&A

高齢者の薬よろずお助けQ&A100

高齢者はここが違う!症例に合わせた薬の安全処方−使い分けとさじ加減

  • 桑島 巖/編
  • 2012年06月11日発行
  • A5判
  • 276ページ
  • ISBN 978-4-7581-1724-1
  • 定価:3,800円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

高齢者への処方では,多剤併用,肝・腎機能,基礎疾患,さらに服薬アドヒアランスまで,多様な背景を考慮しなければならず,悩むことが多い!そんな悩みに,高齢者医療に熟練した著者らがお答えします!

目次

第1章 高齢者に多い疾患に対する薬の使い方

1)細菌感染症

Q1 ツ反が陽性,画像もあやしい…結核? 治療すべき?
  • 高齢者結核の予防と治療【小金丸 博】
Q2 「先生カゼひいたみたい.コウセイザイください」出してもいい?
  • 感冒に対する抗菌薬の適応【小金丸 博】
Q3 クラビット® って,いろいろ使えて便利!…え? だめ?
  • ニューキノロン系抗菌薬の適応【小金丸 博】
Q4 誤嚥,誤嚥,また誤嚥.しつこい敵に有効な方法は?
  • 繰り返す誤嚥性肺炎の治療戦略【小金丸 博】
Q5 腎機能低下症例に抗菌薬はどう使う?
  • 腎障害のある高齢者への抗菌薬治療の注意点【小金丸 博】
Q6 MRSA感染症にバンコマイシンを投与したら,全身に紅斑!
  • グリコペプチド系抗菌薬を投与する際の注意点【小金丸 博】
Q7 尿路感染にペントシリン® は使わない方がいいって本当?
  • ピペラシリン( ペントシリン® )の使い方【小金丸 博】
Q8 いつまで治療したらいいの?
  • 抗菌薬の中止・変更のタイミング【小金丸 博】

2)ウイルス感染

Q9 インフルエンザの薬は用法で選ぶ
  • 抗インフルエンザウイルス薬の使い方【稲松孝思】
Q10 高齢者の帯状疱疹はどう治療する?
  • 高齢者帯状疱疹治療の注意点【種井良二】

3)下痢

Q11 下痢の原因は? 治療は?
  • 感染性下痢への対応【稲松孝思】
Q12 抗菌薬で感染症治療中に下痢発症!
  • クロストリジウム・デフィシール感染の診断と治療【稲松孝思】

4)骨粗鬆症

Q13 椎体骨折が疑われる激しい腰痛! 痛みを抑えるにはどうする?
  • 椎体骨折の診断と薬物療法【細井孝之】
Q14 骨折予防の薬物療法を始める基準は?
  • 骨粗鬆症の薬物療法の開始基準【細井孝之】
Q15 ビスホスホネート製剤の副作用に注意
  • ビスホスホネート製剤の使い方【細井孝之】
Q16 骨粗鬆症治療薬の併用は効果ある?
  • 骨粗鬆症治療薬の併用【細井孝之】

5)認知症

Q17 抗認知症薬の使い分けはどうすれば?
  • 抗認知症薬4 種の特徴【古田 光】
Q18 もの忘れの訴えがあれば抗認知症薬を処方してもいいの?
  • 抗認知症薬の投与開始時期【古田 光】
Q19 抗認知症薬の副作用にどう対処する?
  • 抗認知症薬の副作用【古田 光】

6)COPD と気管支喘息

Q20 気管支喘息にはステロイド? β2刺激薬? それとも配合剤?
  • 高齢者気管支喘息の長期管理薬物療法【望月英明】
Q21 喘息の薬物治療では低カリウム血症に注意!
  • 高齢者喘息の治療薬による副作用【望月英明】
Q22 COPDの増悪で,呼吸困難が急激に悪化!
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の増悪【望月英明】
Q23 COPDの増悪を予防する方法は?
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)増悪の予防【望月英明】
Q24 COPDの薬物治療でなかなか治療効果が出ない
  • 高齢者COPD の薬物治療についての注意事項【望月英明】

7)不整脈

Q25 抗不整脈薬投与後に,新たな致死的不整脈出現
  • 高齢者不整脈治療の注意点【小松 隆】
Q26 抗不整脈薬投与したが,治療効果がなかなかでない!
  • 自律神経の関連性からみた薬剤選択法【小松 隆】

8)血栓症

Q27 新規経口抗凝固薬ってどんなの?
  • 心房細動の脳卒中予防【後藤信哉】
Q28 ダビガトランの前に腎機能,それでも難しい…
  • 高齢者へのダビガトラン(プラザキサ® )【後藤信哉】
Q29 脳梗塞予防もアスピリンでいいの?
  • 高齢者の脳梗塞再発予防における抗血小板薬の選択【後藤信哉】
Q30 複数の血管床に病変! 抗血小板薬を追加したいが…
  • 閉塞性動脈硬化症に対する抗血小板薬併用【後藤信哉】
Q31 肺血栓塞栓症予防に抗Xa薬投与したら出血!
  • 高齢者の肺血栓塞栓予防【後藤信哉】
Q32 手術なので抗血栓薬を中止していい?
  • 高齢者における抗血栓薬の中止【後藤信哉】

9)心不全,ショック

Q33 心不全にhANP投与したらCr急上昇!
  • 高齢者におけるhANP の適応と使い方【原田和昌】
Q34 ドブタミン増量で逆に血圧低下!
  • 心原性ショック時のドパミンとドブタミンの使い分け【原田和昌】
Q35 抗アルドステロン薬で血清カリウム値上昇!
  • 高齢者における抗アルドステロン薬の適応と使い方【原田和昌】
Q36 高齢者にβ遮断薬を20 mg処方したら著しい徐脈に!
  • 高齢者におけるβ遮断薬の適応と使い方【原田和昌】

10)虚血性心疾患

Q37 冠動脈インターベンション後に予防で硝酸薬使える?
  • 冠動脈インターベンション後冠動脈拡張薬の使用基準【藤本 肇】
Q38 ステント留置後に抗血小板薬はいつまで続ける?
  • 薬剤溶出性ステント留置後の抗血小板薬【藤本 肇】

11)甲状腺機能低下症

Q39 甲状腺機能低下症にチラーヂン®Sは何錠から?
  • 高齢者の甲状腺機能低下症へのホルモン補充【森 聖二郎】

12)めまい,立ちくらみ

Q40 急性期のめまいにメイロン®
  • 高齢者の急性期めまいに対する診療【木村百合香】
Q41 めまい,立ちくらみと失神- まず薬をチェック!
  • 薬剤によるめまい【桑島 巖】

第2章 生活習慣病に対する薬の使い方

1)高血圧

Q42 非常に高い血圧にアダラート® 投与したら,胸痛と冷や汗!
  • 高齢者への降圧治療のピットフォール【桑島 巖】
Q43 降圧不十分な高齢者に追加薬はACE阻害薬 or ARB?
  • 心筋梗塞後の降圧薬の選択【桑島 巖】
Q44 後期高齢者でも薬で降圧した方がいいの?
  • 後期高齢者に対する降圧薬の注意点【桑島 巖】
Q45 糖尿病で高血圧! どう降圧する?
  • 糖尿病を合併した高血圧症例の降圧【桑島 巖】
Q46 最近注目のナトリックス®,その注意点とは?
  • 降圧利尿薬の注意点【桑島 巖】

2)糖尿病

Q47 血糖コントロールにどの薬を最初に使うべき?
  • DPP-4 阻害薬とその他経口血糖降下薬の使い方【荒木 厚】
Q48 大量のSU薬使用は重症低血糖を起こす!
  • 高齢者の低血糖予防【荒木 厚】
Q49 糖尿病の治療中に物忘れが出てきたら?
  • 糖尿病と認知症【荒木 厚】
Q50 肥満型,やせ型で使う薬は違う?
  • 体型と経口血糖降下薬の使い方【荒木 厚】
Q51 ピオグリタゾンを使うベネフィットとリスクとは?
  • ピオグリタゾン(アクトス® )の使い方【荒木 厚】
Q52 高齢者でもビグアナイド薬は使える?
  • ビグアナイド薬の使い方【荒木 厚】
Q53 Ccr40以下となったらどの薬を使えばいい?
  • 腎機能障害を合併した糖尿病患者の経口薬の使い方【荒木 厚】
Q54 低血糖はどのように対処したらいい?
  • 軽症低血糖の対処法【荒木 厚】
Q55 低血糖による意識障害の対処法は?
  • 重症低血糖の治療【荒木 厚】
Q56 インスリンの安全な使い方を教えてください
  • 高齢者のインスリン療法【荒木 厚】

3)脂質異常症

Q57 フィブラート系薬剤使用中にCPKが上昇! 中止すべき?
  • フィブラート系薬剤と横紋筋融解症との関係【森 聖二郎】
Q58 LDL-コレステロールもトリグリセリドも高い! まずはスタチン?
  • スタチン薬とフィブラート系薬剤の併用【森 聖二郎】
Q59 高齢者や女性でも高LDL-コレステロール血症を治療すべき?
  • 高LDL- コレステロール血症のエビデンス【森 聖二郎】
Q60 LDL-コレステロールはどこまで下げるべき?
  • 高齢者でもthe lower, the better か【森 聖二郎】

第3章 知っておきたい重症疾患の治療法

Q61 脳梗塞は発症後3時間以内なら間に合う!
  • 高齢者(脳梗塞)における血栓溶解療法の注意点【小宮 正】
Q62 高齢者では,術後の輸液はどう考えればよいですか?
  • 術後輸液療法の基本と注意点【金澤伸郎】
Q63 敗血症からのDIC! 抗凝固薬はどれを使う?
  • 高齢者DIC 症例の治療方法【宮腰重三郎】
Q64 高齢者CMLへの分子標的薬の使い方や副作用は?
  • 高齢者CML の分子標的治療【宮腰重三郎】
Q65 リンパ腫の治療はどうするのがいいの?
  • 高齢者悪性リンパ腫の治療【宮腰重三郎】
Q66 腎性貧血かもと思ったら
  • 高齢者の腎性貧血について【秋元寛正】
Q67 高齢者関節リウマチで脱水傾向は要注意!
  • 高齢者関節リウマチに対する免疫抑制薬使用の注意点【杉原毅彦】
Q68 生物学的製剤投与中のCRPは当てになる?
  • 生物学的製剤投与中の高齢者関節リウマチの注意点【杉原毅彦】

第4章 高齢者で頻用される薬の使い方

1)睡眠薬

Q69 ベンザリン® で朝ふらつき転倒!
  • 高齢者への睡眠薬処方の原則【小山恵子】
Q70 増量,併用.それでも途中で目が覚めてしまう
  • 睡眠薬併用の際の指針【小山恵子】

2)抗不安薬,抗うつ薬

Q71 転倒骨折は抗不安薬のせい?
  • 高齢者への抗不安薬・抗うつ薬の処方【岡村 毅/粟田主一】

3)解熱鎮痛薬

Q72 関節痛で救急外来! NSAIDs処方し帰宅はOK ?
  • 高齢者に対する非ステロイド性抗炎症薬の選択【杉原毅彦】
Q73 腰痛を直して! でも狭心症の既往が…
  • NSAIDs の心血管イベントのリスク【杉原毅彦】
Q74 PL 顆粒とピリナジン® 処方したら吐き気,浮腫が出現
  • アセトアミノフェンの過量投与【杉原毅彦】

4)消化性潰瘍治療薬

Q75 胃潰瘍が見つかった! さて,選択薬は?
  • 高齢者の胃潰瘍,逆流性食道炎治療薬選択【千葉俊美】
Q76 NSAIDsで心窩部痛に貧血!
  • 高齢者のNSAIDs 潰瘍に対する予防薬【千葉俊美】
Q77 H2RAか? PPIか?
  • 安全なヒスタミンH2 受容体拮抗薬とプロトンポンプ阻害薬の使い分け【千葉俊美】

5)便秘治療薬

Q78 刺激性下剤で腹痛,排便困難,便失禁!
  • 高齢者に対する下剤使用の原則【味村俊樹】
Q79 下痢と便秘を行ったり来たり…
  • 下痢と便秘を繰り返す高齢者への対処法【味村俊樹】

6)頻尿,尿閉,尿失禁

Q80 抗コリン薬の投与で,尿失禁が悪化!
  • 抗コリン薬使用の注意点【岡村菊夫】
Q81 ハルナール®Dは効かなかったのに,フリバス® が効くことがある
  • 前立腺肥大症治療薬の選択と使用法【岡村菊夫】
Q82 抗コリン薬の効果がいまひとつ…
  • 腹圧性尿失禁の治療【岡村菊夫】

第5章 高齢者診療で重要な薬の使い方

1)抗けいれん薬

Q83 脳梗塞後の痙攣が止まらない!
  • 脳梗塞後の痙攣発作に対する対処法【金丸和富】

2)パーキンソン病治療薬

Q84 パーキンソン病の薬で幻視が悪化!
  • 高齢者における抗パーキンソン病薬の使い方【金丸和富】

3)せん妄

Q85 夜中に突然落ち着かなくなった!
  • 高齢者の夜間せん妄への対処【小宮 正】

4)経口ステロイド

Q86 関節痛にとりあえずプレドニン®
  • ステロイドのリスク:感染症以外【杉原毅彦】
Q87 高用量のステロイド療法開始1カ月後に肺炎合併
  • ステロイドのリスク:感染症【杉原毅彦】

5)電解質異常

Q88 ARB投与で血清カリウムが上昇! 投与中止すべき?
  • 腎機能低下に合併した高カリウム血症の補正法【内田俊也】
Q89 降圧利尿薬を投与したら血清カリウムが下がりすぎた!
  • 高齢者における低カリウム血症の原因と補正法【内田俊也】
Q90 低ナトリウム血症による意識障害で救急外来!
  • 高齢者における低ナトリウム血症の原因と治療法【内田俊也】
Q91 脱水症状に対し輸液したら,心不全!
  • 高齢者の脱水に対する輸液療法【内田俊也】

第6章 禁忌あるいは用量調整が必要な薬

Q92 腎障害のある高齢者で気を付ける薬を教えて!
  • 腎機能に応じて用量調整を要する薬剤【桑島 巖】
Q93 肝障害例で気を付ける薬を教えて!
  • 肝炎,肝硬変などへの禁忌薬【桑島 巖】
Q94 緑内障で気を付けるべき薬を教えて!
  • 緑内障例への禁忌薬【桑島 巖】
Q95 前立腺肥大症で気を付ける薬を教えて!
  • 前立腺肥大症例への禁忌薬【桑島 巖】
Q96 COPD,気管支喘息で気を付ける薬を教えて!
  • COPD,気管支喘息への禁忌薬【桑島 巖】
Q97 間質性肺障害の副作用が心配です
  • 薬剤性肺疾患を起こす可能性のある薬剤【桑島 巖】
Q98 服薬時間をずらして処方しなければならない薬剤について教えて!
  • 同時服用で吸収阻害の起こる薬剤【桑島 巖】
Q99 名前の似た薬の処方ミスに注意!
  • 類似名称薬【桑島 巖】
Q100 高齢者に不適切な薬剤とは?
  • 高齢者への処方のポイント【桑島 巖】

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】よろずお助けQ&A:高齢者の薬よろずお助けQ&A100〜高齢者はここが違う!症例に合わせた薬の安全処方−使い分けとさじ加減
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +304円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +750円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +960円
第2地帯(ヨーロッパ) +960円
第3地帯(アフリカ、南米) +1250円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758116299
  • 9784758123389
  • 9784758116275
  • 9784758116268
  • 9784758123372
  • 9784758116244
  • 9784758118439
  • 9784897066950
  • 9784758117180
  • 9784758117159

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker
  • m2plus eBookStore
  • メディカルオンライン・イーブックス
サイドメニュー開く

TOP