バイオ研究者がもっと知っておきたい化学2〜化学反応の性質
  • 内容見本0
  • 内容見本1
  • 内容見本2

バイオ研究者がもっと知っておきたい化学2

化学反応の性質

  • 齋藤勝裕/著
  • 2009年12月04日発行
  • B5判
  • 188ページ
  • ISBN 978-4-7581-2007-4
  • 定価:3,500円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

バイオ研究者が知っておきたい化学シリーズのページもご覧下さい!

大好評『バイオ研究者がもっと知っておきたい化学』シリーズ第2弾!バイオ研究で役立つ「化学反応の極意」を基本から体系的に解説.もっと実験の原理がわかるようになる!もっと反応を予測する力がつく!!

目次

序章 バイオ研究と化学反応論

  1. 生命は化学反応
  2. 有機化学反応は置換基に注目
  3. 化学反応が起こればエネルギーは変化する
  4. 化学結合は化学反応の基礎
  5. 反応速度は反応機構の反映

第Ⅰ部 化学反応を構成する基本反応

1章 有機化学反応の基礎 -電子の動きから反応を理解する

  1. 有機化学反応を起こす要素
  2. 電子からみる化合物の結合と構造
  3. 有機化学反応の表現法-反応式と電子の動き
  4. 置換基と結合分極-分子の反応性を決めるもの
  5. 置換基の性質と置換基効果-分子に生じる電子の偏り
  6. 有機化学反応の分類

2章 有機化学反応の種類 -複雑な反応の構成要素

  1. 一分子求核置換反応
  2. 二分子求核置換反応
  3. 一分子脱離反応
  4. 二分子脱離反応
  5. 付加反応の基礎
  6. 付加反応の立体化学 -シス付加とトランス付加
  7. ケト・エノール互変異性
  8. 酸化・還元反応

第Ⅱ部 分子の構造からわかる化学反応

3章 アルコール・エーテル類の反応-溶媒として使用されるほど安定

  1. アルコールの種類-置換基・ヒドロキシル基による分類
  2. アルコールの性質-一般的性質と生体での代謝反応
  3. アルコールの反応
  4. エステル化反応
  5. エーテルの種類と反応-溶媒に適した性質

4章 カルボニル化合物の反応 -反応性の強いC=O基

  1. ケトン・アルデヒドの種類と性質
  2. ケトンとアルデヒドの酸化と還元
  3. ケトンとアルデヒドの求核付加反応
  4. ケトン誘導体の反応
  5. カルボン酸の種類と性質-酸・塩基の定義と酸の性質
  6. カルボン酸の反応

5章 N、S、Pを含む化合物の反応-Cにないユニークな性質

  1. アミンの種類と性質
  2. 塩基の強弱
  3. 塩基の強弱と分子構造
  4. アミンの反応
  5. ニトロ基、ニトリル基の反応
  6. 硫黄を含む化合物の性質と反応
  7. リンを含む化合物

6章 芳香族の反応 -その安定性による特別な反応性

  1. 芳香族の構造-芳香族であるための条件
  2. 芳香族の種類-プリン塩基が芳香族の理由
  3. 芳香族の性質-なぜ安定か
  4. 芳香族の反応-芳香環を壊さないように反応する
  5. 配向性-置換基が付く位置は決まっている
  6. 置換基の反応
  7. 芳香環を壊す反応

7章 金属の反応と触媒作用 -化学反応に欠かせない触媒

  1. 金属の結合と性質
  2. 生体と金属
  3. 金属の反応
  4. 金属の触媒作用
  5. 酵素の触媒作用

第Ⅲ部 化学反応はどうして進むのか

8章 反応速度論 -反応機構を知る手がかり

  1. 反応速度を表わす式-半減期、反応速度式、一次反応、二次反応
  2. 逐次反応-代謝のサイクル反応は反応が連続する逐次反応
  3. 可逆反応
  4. 酵素反応
  5. 自触媒反応

9章 反応とエネルギー -活性化エネルギーが反応の肝心

  1. 反応エネルギー
  2. 活性化エネルギー-反応が進むための障壁
  3. 酵素反応とエネルギー
  4. 溶媒効果-反応性に大きくかかわる溶媒和
  5. アレニウスの式-実験結果から活性化エネルギーを求める
  6. 速度支配と平衡支配

コラム

  1. 反応を進めるために
  2. 置換反応と脱離反応
  3. DNAがもつ、プリン、ピリミジンがヒュッケル則にあてはまるのか
  4. 金属の作るDNAとの架橋構造
  5. キレート効果
  6. ウサギとライオン
書評・感想
  • 苦手意識の強かった"反応有機化学"を楽しく理解できました。背景で起きている"化学反応"を考慮できれば、より深く"生命反応"を理解できるとうれしくなりました(企業研究職)
  • 所属する学部がガチガチの理系ではなく、化学の講義が基礎教養の授業レベルでしか学べなかったため、化学に対して浅学なまま大学院まで来てしまい、なんとかして化学を学びたいと思っていた矢先に刊行され、非常にありがたかったです(大学院生)

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】バイオ研究者がもっと知っておきたい化学2〜化学反応の性質
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +280円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +820円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1050円
第2地帯(ヨーロッパ) +1050円
第3地帯(アフリカ、南米) +1370円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2180円
第2地帯(ヨーロッパ) +2400円
第3地帯(アフリカ、南米) +2740円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758120999
  • 9784758122412
  • 9784758122405
  • 9784758103817
  • 9784758125215
  • 9784758103794
  • 9784758125208
  • 9784758107327
  • 9784758120067
  • 9784758107334
サイドメニュー開く

TOP