症例検討で身につける

脳卒中の理学療法

エキスパートPTによる20症例の臨床推論と効果的なリハプログラム

  • 玉木 彰/監,諸橋 勇/編
  • 2019年08月01日発行
  • B5判
  • 239ページ
  • ISBN 9784758102421
  • 定価:4,500円+税
  • 発行済
本書を購入ご希望の場合はこちらのページからお手続きください.
PDFダウンロード

代表的な20症例を厳選し,急性期,回復期,生活期に分けて解説.症例報告の形で各期ごとに重要な病態・症状,介入方法や結果がまとめられ,エキスパートPTの理学療法が学べる.臨床力を伸ばす74の能力養成問題付き!

目次

監修の序【玉木 彰】

編集の序【諸橋 勇】

略語一覧

第1章 急性期

1.リスク管理を行いながら廃用症候群を予防し,どう運動を引き出すか?【和泉謙二】

2.安定な座位バランスをどう獲得するのか?【藤野雄次】

3.早期立位をいつからどのように行うことが効果的か?【平塚 勝,補永 薫】

4.歩行のための装具療法の適応は,どう判断され実施されるのか?【神 将文,阿部浩明】

5.Pusher現象を改善させるための留意点と介入方法とは?【阿部浩明】

第2章 回復期

1.ボディイメージをどのように捉え,介入へ活かすか?【小澤佑介】

2.ベッド上で動けない要因を分析し,効率的に動作獲得する介入とは?【髙見彰淑】

3.座位・立位困難な症例を歩かせるために,どう道具を用いるのか?【平野明日香】

4.麻痺側下肢の強い痙縮を軽減し,機能的な運動をどう引き出すか?【森下一幸】

5.座位バランス・立ち上がりの改善のため,体幹機能にどう介入するか?【玉利 誠】

6.麻痺側立脚期の膝過伸展を改善し,下肢へ十分荷重させるには?【関 公輔】

7.麻痺側遊脚期の足クリアランスが不十分な場合に必要な介入とは?【生野公貴】

8.病識に乏しい左半側空間無視症例に有用な介入とは?【万治淳史】

9.姿勢を改善させることは摂食・嚥下障害に有効か?【下杉祐子,佐藤英雄】

10.重度の運動/感覚障害をもつ症例に有効な感覚入力と運動療法とは?【藤原愛作】

11.歩行改善のために,上肢機能にどう介入するか?【楠本泰士】

12.課題指向型トレーニングで,症例の動作戦略を正しく変更するには?【藤田博曉】

第3章 生活期

1.退院後,歩行機能低下が予測される症例に多職種や地域でどう介入するか?【桑山浩明】

2.在宅生活に向けて介護負担軽減を目的に,セルフケアを促す介入とは?【松本昌尚,竹内伸行】

3.活動範囲を広げ地域のなかで生活するために有用な支援とは?【小森昌彦】

索引

サイドメニュー開く

TOP