いま話題の書籍をご紹介します

いま売れています

藤田総診の在宅ノウハウを一挙公開! シリーズGノート第2号『在宅医療 藤田総診リアル実践ガイド』

いま一番勢いのある総診プログラム「藤田総診」の在宅ノウハウを一挙公開!

これからの地域医療で真に求められるテーマを、書籍でしっかり&じっくり学べる『シリーズGノート』。 第2号のタイトルは、『在宅医療 藤田総診リアル実践ガイド 〜スタートアップ、業務フロー、連携、教育など、現場のあらゆる悩みを解決する知識とテクニック』です。
*藤田総診=藤田医科大学 総合診療プログラム

担当者のアイコン 編集部H

藤田総診の実践的なノウハウが一冊にまとまりました

担当者のアイコン 編集部M

今日から使える知識とテクニックが満載です

在宅医療を始めたい医師や、もっと在宅医療を深めたいと考えている医師は必読!

「在宅医療は、どのように始めればよいのか?」「毎日のオペレーションはどのように行えばよいか?」など、 在宅医療を行う際に直面する課題を解決するためのノウハウを公開しています。

この本を読んだ読者は、藤田総診の在宅を見学している感覚になれるようなリアルな内容ばかり。下記の目次の通り、スタッフ教育や在宅診療所運営まで満載です。在宅医療に関心があるすべての医師の方におすすめいたします。

目次

  • 第1章 在宅医療を行うにあたって最低限知っておくべき知識・テクニック
  • 第2章 在宅医療を豊かにする知識・テクニック
  • 第3章 とよち在宅の訪問診療業務フロー
  • 第4章 在宅医療における教育
  • 第5章 在宅医療の運営
担当者のアイコン 編集部M

写真・図表もふんだんに掲載した読みやすい構成です。在宅医療の取り組みもわかりやすく言語化して解説していただいています。下記より詳細をぜひチェックしてください!

詳細・立ち読みはこちら

シリーズGノート 在宅医療 藤田総診リアル実践ガイド スタートアップ、業務フロー、連携、教育など、現場のあらゆる悩みを解決する知識とテクニック

シリーズGノート 在宅医療 藤田総診リアル実践ガイド

スタートアップ、業務フロー、連携、教育など、現場のあらゆる悩みを解決する知識とテクニック 小笠原雅彦,溝江 篤,近藤敬太,野口善令,大杉泰弘/編 5,280円(本体4,800円+税)
担当者のアイコン 編集部H

シリーズGノートは、10月(秋)と4月(春)の年2回発行です。
次号もご期待ください

担当者のアイコン 編集部M

ウェブGノート(登録無料)もよろしくお願いします!

Gノート とは

“患者を診る 地域を診る まるごと診る”医師のための実践雑誌として2014年創刊(Gは general practiceから)。「総合診療・地域医療の現場で本当に役立つ情報を、読者目線でわかりやすく!」をモットーに発行しています。 ウェブGノートのページへ

シリーズGノート第1号も好評です

『逃げない内科診療 「専門外なので…」から「全身を診る!」へ』

ひつじ社員 ひつじ社員

「いま話題の書籍をご紹介します」のコーナーでは、<オンラインの場でも、本との出会いの機会を増やしたい>そんな思いを込めて、羊土社の各担当者が話題の本・売れている本を随時ご紹介します。

最新の情報は、羊土社ホームページのTOPページに掲載します。
次回更新をお楽しみに。


TOP