0円

はじめてのオンサイト学会、さあどうしよう?学会参加はチャンスの宝庫あつおさんがみなさんの不安と疑問に答えます

佐々木敦朗 × 稲葉理美,杉浦 圭,谷村玲央菜,濵﨑祐斗,山根慶大

10.18958/7175-00002-0000318-00

新型コロナウイルスの影響で2020年3月以降,多くの学会はオンラインでの開催となりました.そのようななかで,現在の修士・博士課程の学生は現地(オンサイト)で開催される学会への参加経験に乏しい状況にあると伺いました.そこで今回,「学会」を研究の発表や知識・情報の交換の場としてだけでなく,人間的な成長な場であるとお考えの佐々木敦朗先生に,学生・若手研究者5名のもつオンサイト学会参加に関する質問や不安に答えていただくかたちで,学会参加を最大限有意義に過ごすためのポイントをお話しいただきました.これから初めてオンサイト学会に参加する方はもちろん,何度も学会に参加している方も,今一度「学会」で大切なことを振り返るきっかけとしてお読みいただけますと幸いです.(編集部)

この記事は有料記事です

(残り約13,700文字)

  • 【スマホで読める実験医学】[特別座談会]はじめてのオンサイト学会、さあどうしよう? 学会参加はチャンスの宝庫
    0円

スマホで読める実験医学

関連書籍

実験医学2022年12月号 Vol.40 No.19

個体生存に不可欠な 本能行動のサイエンス

飲水、摂食、睡眠、体温調節─中枢と末梢のクロストーク解明に向けて

  • 岡 勇輝/企画
  • 定価:2,200円(本体2,000円+税)