Smart Lab Life

〜あなたの研究生活をちょっとハッピーに〜


どのような研究課題が採択されているのかを知ることは,その分野の採択傾向を探るとともに,ライバルの動向を探るのに必要だ.応募しようとする分野では,誰のどんな研究課題が採択されているのか,他の研究者の課題名を調べることは非常に勉強になる.また知り合いが採択されていれば,頼んで採択課題の申請書を見せてもらうこともできる.

Image
図1 「科学研究費助成事業データベース」の検索画面
国立情報学研究所が提供している「科学研究費助成事業データベース」が科研費の採択課題を調べるのに最適だ.

採択課題の調査で,最も便利なのが国立情報学研究所の科学研究費助成事業データベースだ(図1).研究分野や採択年によって,簡単に採択課題を調べることができる.

このデータベースはなかなか面白く,あの研究者の採択の状況はどうか,課題名は何か,どのくらい科研費をもらっているのかなど,簡単に検索できる.また自分自身の採択された科研費データベースとしても使うことができる.

試しに,研究者情報の「姓名」に自分の名前を打ち込んで「研究代表者」にチェックを入れて「検索」をクリックすると,採択された科研費の一覧表が出る(図2).さらに,「採択課題名」をクリックすると,その詳細が記録されている(図3).

また,審査区分(応募分野)ごとの応募件数と採択件数のデータは第2回 審査区分(応募分野)の選び方で述べたように日本学術振興会の科学研究費助成事業のページにある「③細目別応募・採択件数」に細かく分野別に応募件数と採択件数が書いてある.

Image
図2 採択課題を検索したときの一覧表の例
Image
図3「科学研究費助成事業データベース」で検索した採択課題の例
検索した採択課題をクリックすると,研究期間や配分額まで記録されている.

採択課題の調査のポイント

  • 科学研究費助成事業データベースを使って,どのような研究課題が採択されているのか調べておこう.

※本コーナーは『科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版』(2017年8月発行)から抜粋したものです.記載内容は発行時点における最新の情報に基づき,正確を期するよう,最善の努力を払っております.しかし,本記事をご覧になる時点において記載内容が予告なく変更されている場合もございますのでご了承ください.