ENU(N-aethyl N-nitrosourea)

アルキル化剤の一種で,高効率に塩基置換を誘発し,遺伝子の点突然変異を引き起こす強力な化学変異原である.分解過程に生じるエチルカチオンがDNAグアニン6位の酸素をエチル化し,これがG:C塩基対のミスマッチ修復を引き起こし,遺伝子内の点突然変異を引き起こすと考えられている.特定座位法を用いた変異率は,自然突然変異率より100〜1,000倍高い.

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオキーワード集:索引


A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        
数字 その他